「閉じ込められているのは二名ですね?」「え!?」足下を見たら小学生ぐらいの男の子が中からドアを叩いていた……。

このエントリーをはてなブックマークに追加
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?219

http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1248761856/

167: 1/3 2009/07/29(水) 20:03:08 ID:lajgiNMFO

こないだ久しぶりに怖い思いさせられて腹立ったからここに投下する。

スロット仲間のツレMの地元でイベントがあるってんで出張って打ちに行った。
メンバー4人で朝から並んで、座って10分でペカったんだけどその後浮き沈みが激しく、結局閉店まで粘って一万も勝てなかった。
他のメンバーもそんな感じで、反省会兼ねて居酒屋で呑んでたんだけどそこも追い出されて、呑み足りなかったんでMの家で呑み直すことにした。
途中のコンビニで酒とか仕入れて、そいつのマンションに到着。
「あ、ごめん。エレベーター故障してるんだった。」
「マジで?何階?」
「9階w」
ブツブツ文句垂れながらそいつの部屋に転がり込んで二次会を始めた。

朝から打ちっぱなしだったのと、階段昇らされた疲れからか始めて結構早めにみんな潰れ出して、部屋主のMとツレの一人は早々に寝ちまった。
俺はタバコを切らしたんで、ゲームやってるもう一人のツレにコンビニ行って来ると伝えて部屋を出た。

酔っぱらってたからか、俺は無意識にエレベーターで下まで降りようとボタンを押して待っていた。
途中で故障してた事に気付いたんだけど、動いてるし、まっいいかぐらいの気持ちでそのまま乗り込んだ。
降りてる途中誰もいなかったけどつい習慣で「3・2・1」って数えてしたら、ガタンとエレベーターが止まっちまった。
最悪~とか思いながら携帯でツレに連絡しようと思ったら部屋に忘れて来たらしい。
仕方がないから備え付けのインターホンで閉じ込められたことを伝えようとしたけど応答がない。
故障してるから機能してないのか、と諦め、何とか自力で脱出しようとドアをこじ開けようと試みた。

隙間に指をねじ込んでギッギギッギやってたら、少し開いた間の上の方から明かりが漏れてて途中階で止まっている事が分かった。
反動で直ぐ閉じたけど、明かりの幅から人ひとりが潜り込めそうだったんで更にギッギやってたら、ガタンと半分ぐらいドアが開いた。

上を見上げると、真っ青な顔をしたオッサンが、這いつくばって隙間からこっちに片腕を伸ばしてる姿が目に飛び込んで来た。



赤ちゃんが生後十ヶ月で初めて歯が生えると とおば=卒塔婆を連想させるから縁起が悪いって近くの「辻」に捨て子する。

このエントリーをはてなブックマークに追加
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?219

http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1248761856/

154: sage 2009/07/29(水) 17:07:18 ID:nLU9CoPs0

二年ぐらい前にばあちゃんの弟が癌で亡くなった。
明るくて酒好きなおもしろいおじさんだったから、
亡くなったときはすごく悲しかった。
床屋やってて小さい時はよく髪切ってもらったし。

みんなそのおじさんのことを「ひでおじさん」って
呼んでて、ばーちゃんも他の親戚も「ひでお」って
呼んでたから、普通にひでおって名前って思ってた。

そしたら葬式で全然違う名前の看板出てんのw
「憲行」みたいな、漢字で漢字二文字読み四文字の名前。
何で?と思ってばーちゃんに聞いたら「ひでおは本当は
憲行(仮)っていう名前なんだよ」「丑年の次男だから」って。

全然意味が分かんなくて後でかーちゃんに聞いたら、
うちの田舎では丑年生まれの次男は家を潰すから、
一回近くの川の橋の下に捨てて、拾った人に名前を
付け直してもらうんだって。
ひでおじさんのひでおは拾った人の付けた名前なんだってさ。

ちなみにひでおじさんを拾った人はリアル捨て子だと思って、
ひいじいちゃんとひいばあちゃんが「丑年の次男なんで返して
ください」って取りに行ったら「うちは子供が欲しかったから
返したくない。男の子が駄目なら女の子をくれ」って言われて、
ばーちゃんの妹が養子に行ったw

つーか丑年の次男が家を潰すってなに?
誰か知ってる人いる?




タバコを吸う為にベランダに行こうとしたら窓に無数の手の形?みたいなのがあった。

このエントリーをはてなブックマークに追加
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?219

http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1248761856/

61: 本当にあった怖い名無し 2009/07/28(火) 21:53:01 ID:Et2386ds0

これは2年前俺が体験したマジ話。

ホテルで眠ろうと思って目を瞑っていたら、一瞬光のような赤い物体がみえた。
彼女が、「今光ったよね?」と聞いてきたので「うん」って答えた。
正直ガクブルだったが、照明だろうと無理矢理思い込ませて眠った。
真っ暗にしてあるので照明であるはずないんだけど・・・。

朝になって早々と車に乗ってホテルを立ち去った。
昨日の光の事なんか忘れようとしたら、また赤い光が見えた。
0.5秒位だったが光に目を奪われていたんで慌ててブレーキ。
彼女も見えたらしく、かなり怖がっていた。

その後家に帰るまでは一度も光を見なかった。
「変な1日だったね。」と言う彼女に、
「照明や信号の光だよ」ってな具合にに誤魔化した。
自分の部屋に戻って、彼女に電話をした後すぐに布団に入った。
時間は深夜1時位だったが一向に眠くならなかった。
眠くならないというより寝苦しい感じだった。
あまりに寝付けないので、電気をつけてパソコンをいじってた。
そして時間は3時過ぎ。明日もあるので、さすがにヤバイと思って布団に入った。



その人が言うには、最初俺たちのクルマが廃車に見えたそうだ。錆びだらけでリアがぼこぼこになってたように見えたらしい。

このエントリーをはてなブックマークに追加
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?221

http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1249333602/

932: 本当にあった怖い名無し 2009/08/11(火) 02:02:26 ID:BULkBpJUi

今は卒業してサラリーマンなんですが、
大学時代は気のあった友達や、
社会人の人と心霊スポットにいったり、心霊術で遊んでいました。

夏の日、社会人二人とその女友達とで廃山(の町)に出かけた。
出発は昼前だった。
レンタカー三時間かけて、ようやく廃山の跡地に到着。
クルマを影になっている所におくと、
警備員を恐れながらも、保育園や、会社の寮、民家、スーパー?跡などを和やかに見物した。
すると急に雨が振り出してきた。
辺りが一気に暗くなり、一通り探索が終わってたんで、帰る事にした。



ブワッと鳥肌が立って初めて「怖さ」を感じた。受話器を叩きつけて電話を切り、部屋を見渡した。窓に誰かが覗いてる人影はない。

このエントリーをはてなブックマークに追加
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?221

http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1249333602/

850: 本当にあった怖い名無し 2009/08/10(月) 12:10:14 ID:48UbWi6i0

(1/3)
今から20年ほど前。俺が小6の頃だったか。
父親が海上保安庁に勤めてて、舞鶴に単身赴任してる間は島根県に住んでいた。
(現在は両親も俺もそこに住んでいない)
そんな事情だったから、家には俺と母、そして妹だけで住んでいた。

学校が平日の午後から休校になったため(理由は忘れた)、俺は家でゴロゴロしていた。
同じ学校に通っていた妹は、友達の家に遊びに行っていない。
母は晩飯の買い物に行って留守。つまり家には俺1人という状況だった。
最初の内は「俺の天下!」とばかりに菓子とかジュースを飲み食いしたり
普段は見れない時間帯のテレビを見たりして満喫していたが、次第に飽きてきた。
(ワイドショーや時代劇の再放送ばかりで面白くなかったからだ)
で、寝そべりながら漫画(当時の週刊少年漫画に連載されてた、少しエッチな
ファンタジー漫画)を読んで母が帰ってくるのを待つ事にしたんだ。

その時、電話がかかってきた。



ギャラリー
  • 【都市伝説】猿の芋洗い伝搬に関する「百匹目の猿」現象を最初に主張した人は、でまかせで言い出した都市伝説に自分自身がなってしまったのだった
  • 【ほんのり】子供の頃って悪い事した時にその行為のプロセスは記憶から消せるような気がする。
  • 【怖い話】ありがとうおじさんは「ありがとー、あっお礼言っちっゃた。僕のまーけーー」  と言うと同時に鼻血を大量に吹き出してニコニコ笑っていた
  • 【オカルト】気が付いたら朝で、キッチンを見ると、水場に持ってあった盛り塩が弾け飛んでました。 このままだと本気でヤバい……
  • 【妖怪】なぜか顔を向こうに向けたまま、  「この赤ん坊、泣いて泣いてしょうがないから食っていいか」と言った
  • 【不思議な体験】白くて長細くて、ふよふよした布のような物体が空を泳いでいた。
最新記事
最新コメント
オススメ記事(外部サイト)
お問い合わせ
オカルト速報へのお問い合わせはこちらのフォームからお願い致します。
スポンサードリンク
記事検索
RSS & ソーシャルリンク

オカルト速報RSS オカルト速報Twitter

スポンサードリンク