少しずつ女がこちらを向いているのです。 反対側を向いて横たわっていたのがゆ~っくりと だんだんだんだんこちらを向いて

このエントリーをはてなブックマークに追加
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1268056627/

死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?238

601: 本当にあった怖い名無し 2010/03/19(金) 10:54:13 ID:0P44Z+Qo0

旅行行った時の話

私は海外とか綺麗なリゾートホテルはあまり好きじゃなくて、趣のある落ち着いた温泉宿が好きなんだ。
だから嫁と旅行行くときは毎回私が無理を言って温泉宿をとってもらっている。
その日もなかなかの旅館で私は満足していました。
晩御飯も食べて温泉にも入って、一杯飲んだところでお互い眠くなってきたので寝ることにしました。
一応旅館なので蒲団は二枚敷いてありましたが私と嫁は同じ布団でねました。

しばらくしてふと目が覚めて・・・
私はたいてい寝るときは腕枕をしてあげていて、夜中に目が覚めると腕が痺れていることがよくあります。
その日も腕が痺れていたのでそっと腕を嫁さんから抜きました。
その時・・・・・
私たちが使っていない布団に髪の長い女が横たわっていました。
あまりの出来事に私は金縛りにあったかのように動けず
何度か嫁さんを起こそうと試みましたがやはり体は動かず声も出ないので無理でした。


口は…見えなかった 口のあたり、インクをこぼしたような感じで真っ黒くなってた… 鉤爪は腸のようなものを掴んでおり、滴ってた液体も前より多く描かれてた

このエントリーをはてなブックマークに追加
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1268056627/

死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?238

525: 本当にあった怖い名無し 2010/03/18(木) 06:11:36 ID:mera6Lf90

その日、彼女といつものようにデニーズで晩飯食いながらおしゃべりをしてたんだ。
付き合い自体は一月にも満たなかったんだが、友人として数年ほどの付き合いがあった
いつもなら、くだらないバカ話なんかをして、お互いの近況を話したり、
その後にお泊り~なんてパターンなんだけど、その日の話は違ってた。

「ちょっと相談があるんだけどいいかな?」
たいしたアドバイスは出来ないぞと思ったが、聞いてみた。同僚の浮気話とのこと。
彼女の仕事場の同僚A(既婚女)が浮気をしている、と。
少々複雑なのが、その旦那(B)のほうも浮気をしてるようなのね。
で、Bの浮気の相手ってのが、Aの親友で同僚の女C
Aの浮気相手がCの旦那のD
つまり、お互いの夫婦がクロスするように浮気しちゃってるんだと。



お巡りさんは手をぽんっと叩くと、 ちょうど良かった!と頷いた。 どうやら、気味悪い男が、腕時計の持ち主らしい。

このエントリーをはてなブックマークに追加
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1268056627/

死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?238

479: 本当にあった怖い名無し 2010/03/17(水) 17:25:23 ID:WDeJeN9E0

流れを読まずに投入
僕が小学校高学年のころの話。

僕と友達のKは、
よく下校途中にある空地で遊んでいた。
その日も、Kと一緒に空き地に行ったんだ。

ドラえもんに出てくる空き地みたいで、
奥には土管が2本ほど置いてある。
いつものように、土管の中で拾ってきたエロ本でも見ようと
入っていくと、何かが落ちているのに気がついた。

腕時計だった。
子供用で、まだまだ新しく、
その頃やってた「ナイトライダー」の腕時計みたいだった。

僕は一目で欲しくなってしまったが、
失くした子も困っているだろうから交番に届けようと言った。

しかし、Kは「第一発見者のものだ」と言い張って、
早速腕にはめて、届ける気は無さそうだった。
僕もまあ、そんなに正義感が強いわけでもないので、
その腕時計のことは忘れて、
その日は日暮れまでKと遊んで、家に帰ったんだ。




その上には、人と同じくらいの大きさの中身が入った真っ黒いビニール袋。

このエントリーをはてなブックマークに追加
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1268056627/

死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?238

478: 本当にあった怖い名無し 2010/03/17(水) 16:08:10 ID:M7lMVR1Z0

 小学生の時か中学生の時かの話。

 うちのトーチャンが最初に心筋梗塞で倒れたときに入院していた近所の大きな病院に見舞いに行ったときのこと。
 うちのトーチャンが入院していたのは一番上の階で、重篤患者が入るところだったらしい。
 ほんで、見舞いに何回か通っていたんだけれど、一度、休日か土曜日か、覚えていないけれど病院にひとけのない時に行ったことがある。
 トーチャンにジュース貰って、一時間ばかり話して帰った。
 病室は5階で、古びたエレベータに乗る。
 重苦しい音がして、3階で停まった。自分は3階のボタンを押していなかったので、誰か乗るのかな?と思っていたら扉が開いた。
 そのフロアは真っ暗で、非常誘導灯の緑色の灯りがぼんやりと灯っているのが強烈に印象に残っている。
 それよりもなによりも、エレベータを待っていたのは人間じゃなくて金属製のキャスター付きのベッド?担架?だった。救急で入った人を運ぶアレだ。
 その上には、人と同じくらいの大きさの中身が入った真っ黒いビニール袋。昔のごみ袋みたいなね。
 何が起きたのかよく分からないまま、「あれ?だれもいらっしゃいませんか?」とあたりを見渡しても誰もいない。返事もない。
 そのベッドというか担架をもういちどチラっと観たら、ふと急に恐ろしくなって「閉」ボタンを乱打して扉を閉め、家へ帰った。

 なんてことがあった。

その姿は土の中から出てきたみたいに土砂まみれになっており 長いボサボサの髪と血走った目をしている

このエントリーをはてなブックマークに追加
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1268056627/

死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?238

471: 本当にあった怖い名無し 2010/03/17(水) 12:33:56 ID:XjRv3CUh0

私の地元の都市伝説です。
上京して地元を離れたら知ってる人がいなかったのでちょっと書いてみます。

近所に地元の人でも滅多に近づかない曰くつきの場所があります。
「石山トンネル」というトンネルなのですが昔から変な噂が後を絶たないのです。
その中の一つに「ぽろりほろりころり」というものがあります…。
心霊持ちらしい学校の先輩などはこの名を聞くのも嫌みたいなんです。

もともとこの噂がでたのはだいぶ昔のことです。
このトンネル付近ではピアノコンクールの帰りに土砂崩れに巻き込まれた亡くなった家族がいたらしいのです。
この事故は噂が出始めた時期とも符号しており、以後トンネル内を車で通過しようとすると後ろから、ポロン…ポロン…とピアノの音と3人分の足音が響いてくるそうです。
「この音を聞いた!」という人は実は私の身近にも結構存在します。

ギャラリー
  • 【ほんのり】部屋にいると大きな蛇がでて「この部屋は私の部屋だから出て行け」と言う。よく見るとその蛇は真っ赤なオカッパ頭のお婆さんだった
  • 【オカルト】近くの友達の家に遊びに行ったら変な絵やマークがびっしりの部屋がちらりと見えた。
  • 【オカルト】ちびでぶちゃん降臨。何年か前に家に幽霊が出ると書いたんだけど、ちょっと話が変わったんで書いていいかな?
  • 【画像あり】鳥居をくぐる時に頭頂部のあたりから「ありがとう」と笑み混じりの女性っぽい綺麗な声が案外はっきり聞こえました。
  • 【オカルト】昨日、私が日頃から身に付けている水晶のブレスレットが弾け飛びました。 ブレスレットが私も守ってくれていたのかも
  • 【陰謀論】面白い陰謀論教えてや 『ゾルタクスゼイアン』Siriにゾルタクスゼイアンとつぶやくとその端末が……
最新記事
最新コメント
オススメ記事(外部サイト)
お問い合わせ
オカルト速報へのお問い合わせはこちらのフォームからお願い致します。
スポンサードリンク
記事検索
RSS & ソーシャルリンク

オカルト速報RSS オカルト速報Twitter

スポンサードリンク