俺は視線を感じる先―押入れを見た 数センチ開いた先から何かがこちらを見ている。

このエントリーをはてなブックマークに追加
死ぬほど洒落にならない怖い話を集めてみない?194

http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1213975126/


934: 本当にあった怖い名無し 2008/07/19(土) 17:35:13 ID:saYch0LX0

私的に洒落にならない話を投下

大阪の心霊スポット(よく雑誌に取り上げられている河内長野の某トンネル)
に3日前一人で行ってきた
名前は出していないが恐らく大多数の人が気づいているハズ
そのトンネルの中で
・中央で車を止め、エンジンをストップ
・クラクションを3回鳴らす
という手順をふむと何かが起こると言われている
実際に行ってみたら、とてつもなく怖かった
言葉で表現できない寒気。トンネルが魔物の口のようだった
その現実と隔離されたような世界に俺は車を走らせた
中は暗くて、少し明かりが灯っていたが、心ともなかったのでライトをつけて走った
こういうところでラジオやCDなどをつけるとたいてい声が流れたりするので、車内は無音
入る前は歌っていたのだが、入ってみるとそんな余裕など微塵も無くなった
中央付近に到着し、念のため車を降りて周囲を徘徊
ポチャン、ポチャンという水のしたたり落ちる音がトンネル内を支配していた
ポチャンポチャンザッザポチャンザッザポチャンポチャン・・・
という風に俺の足音と水音がトンネルに響き渡る
不意に背中の中に冷たい感触。驚いて後ろを振り返る。誰もいない
シャツの中の感触からして、振ってくる水が背中の中に入ってきたみたいだった
とりあえず車の中に戻って深呼吸。心を落ち着けて、クラクションを・・・鳴らした
プーップーップーッ
トンネル内をクラクションの音がこだまする
ジトーっとした車内、俺の脂汗と冷や汗はとどまることを知らなかった

何分しただろうか、俺は車の中で寝ていたらしい
あわててエンジンをつけて時計を確認すると、午前1時
トンネルに入ってからもうすでに2時間経過していた
即座に自分の家に車を引き返した。別に何もなかった

この話には続きがある



「しかし、この動画すごいな。何人いるか数えられないぞ。しかも皆 まともな死に方してない。憑かれたヤツも近いうち死ぬんじゃねぇ?」

このエントリーをはてなブックマークに追加
死ぬほど洒落にならない怖い話を集めてみない?194

http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1213975126/


915: 本当にあった怖い名無し 2008/07/19(土) 02:12:39 ID:kMyP6QaY0

他のスレにも書き込んだんだが流れも読まず投下してみる。ちなみに実話。

先月の中旬あたりだったかな。よく覚えとらんorz
某動画サイトにて『心霊スポットに行ってみる』的な動画を
見ていたときのこと。
詳しくは省略するけど、九州にある有名な心霊スポットに行く
という内容で、所々に幽霊的なモノが映ってた。
しばらくは普通に見ていたんだけど、ふと、家のブレーカー
が落ちた。俺の部屋ではブレーカー落ちるのは珍しくないから
いつも通り携帯片手にあげにいったんだけど。

ブレーカー、落ちてなかったんだ。
軽くパニクりながらブレーカー をガチャガチャいじってると、
電気復活。安心して部屋に戻って 改めて全身に鳥肌が立った。
俺のパソコン、ノートだからブレーカー 落ちてもパソコンの電
源まで落ちるなんてことはないんだよ (デスク持ったことない
からワカランが)。 もうその日は怖くてテレビやら電気やら全てつ
けて寝たけど、パソコ ンだけはつけられなかった。俺にはマジ
洒落にならんかったよ。
ここまでは他スレに書き込んだんだが、ここからは後日談。




5~10分くらい走った辺りでしょうか キャァァァァァァアアァ って1番後に座ってた女の子が叫んだんです

このエントリーをはてなブックマークに追加
死ぬほど洒落にならない怖い話を集めてみない?194

http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1213975126/


848: 1/3 2008/07/18(金) 13:15:34 ID:KnS7iOxG0

実話、というかちょっと前に体験してしまった話なので
怖いかどうかは、、、一応投下させてください、ちと長いかもです

仕事が終わった後、友人に誘われてファミレスで雑談をしてた時の事です
俺を含めて男4人、女2人の6人で集まってました
その時の雑談の流れで皆で心霊スポット行こうって話になったんです
良くある話なんですが、今までそういう所に行っても実害がないので
いい暇つぶしみたいです(個人的には怖いの苦手なので俺だけはいつも渋るんですが

今回も案の定俺の意見はスルーで突撃する事になったんです
俺のアルファードなら6人乗れるからって事で俺が車も出す事になりました
ただ、本気でやばいところはマジで止めてくれって俺が泣きついたので
いわれはあるけど実は作り話でしたってオチのある場所に行く事に、

刑場跡とか言われてる公園らしいんですが、元々雰囲気のある場所なので
何も無いと分かっていてもかなり怖かったです
で、そこに石段みたいのがぽつんとあるんです
それが作り話の元になった物体らしいんですが
友人は俺がビビりまくってるのみて面白がって写メ撮ったんです
しかも4連写で。その時は本気で殴ろうかと思いました

その後、他の奴らがここのは作り話だから大丈夫だって、と
慰めてくれて、みんなで撮った写メなんとなく確認しようとしたんです



「見てごらんきれいだよ」で、外を見ると人魂が家を取り囲むようにふわり、ふわりと・・・・

このエントリーをはてなブックマークに追加
死ぬほど洒落にならない怖い話を集めてみない?194

http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1213975126/


816: お客さん降りてください 2008/07/17(木) 02:37:24 ID:VM0oZYiQ0

会社の同僚とオカルト話をしていたら、一人が、自分の嫁さんが幽霊と間違われたとか話し出した。
新婚当時、鎌倉に住んでいたが、奥さんが大船から一人でタクシーに乗って自宅に帰ろうとしたら、自宅近くで運ちゃんが急に怯えだして「お、お客さん降りてください。お代はいりませんから」と言い出した。
彼の家は高台でその坂の下だったので、夜遅いし危ないからと言っても、嫌がって無理やり降ろされてしまったという。白い服を着ていたからかなとか笑いながら話す同僚。
こっちも冗談半分に「長い髪だったんじゃない?」「雨の日でぐっしょり濡れてたとか」と言ったが、よく晴れていたとのこと。
へえ~、なんて気の抜けた話をして、話題を変えようとしたら、その同僚が「そういえば、家にタクシー呼んでも断られた。というか、自宅に帰る時2回に1回は乗車拒否された」と言い出し場の雰囲気が一変した。
鎌倉と言えばヤバイ場所が多発するところ。タクシーが行きたがらないと言えば地元の有名スポットの可能性も大。
新婚当時始めて借りた場所はモノレールのS駅から10分ほどの大きな公園の隣。この公園が昼なお鬱蒼と茂る山林で道に迷う人も続出する場所。そこの高台に借りていたと言う。

「へえ~、見晴らしいいの?」「5階からだと遠くまで見えるよ」「ああ、マンション?でも鎌倉で珍しくね」
「いや戸建の5階建てというか洋館?」「はあ、下宿?何それ」「いやただの貸家」
「って、5階建て全部ってありえないっしょ、二人で住むんでしょ」「安くてお値打ちだったから」
貸家は結構するし、まして5階建て。しかもフィンランド式のサウナと屋上まであるとのこと。
シェアでもしなくちゃありえん。「いったい賃料いくらよ」「13万円」絶句する一同。
いや、それ、普通借りないよ。値段ありえないから。もうそれだけでヤバスギ。



「…どうした?」「あの女の人、もうあそこにはいないんだ…今ね………後部座席に座ってる……」

このエントリーをはてなブックマークに追加
死ぬほど洒落にならない怖い話を集めてみない?194

http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1213975126/


747: 本当にあった怖い名無し 2008/07/15(火) 14:16:11 ID:DGZm1tXhO

もしかして微怖かもしれんけど、俺の元カノの話を。

三年前に付き合っていた俺の元カノは霊感体質で、日頃から常に見えてるような人だった。
彼女の部屋にいても「上の階のおじーちゃんがベランダから見てるわ~。」とか(その人は一年前に孤独死してる)、レストランで「前の席のおっさん、見える?」とかいきなり聞いてきたりで、
俺は全く見えないから「いないいないw」「ビビらそーとしても無駄やでwww」とかなんとか言ってはぐらかしていた。

けど、その日ばかりは俺も信じざるをえなかった。

ある日、彼女の車で大阪市内に遊びに行ったんだ。

天王寺まで行って、今日は何食べようとか他愛ない会話をしている時、ふと彼女が車を止めた。

場所はT動物園の裏手。
特に何の店もない暗い路地裏。…思えば何であんな所に車を進めていたんだろう、彼女は。

「ん?何、どうしたの。」俺が聞いても彼女は何も答えない。じっと窓の外を凝視している。

すると、ふと、「あそこ」と言って、ある一点を指差した。

暗闇の中に浮かび上がる門、その横をけばけばしい色の旗が沢山揺れている。俗に言う大衆劇の芝居小屋のようだ。

「あそこ、女の人が立ってるの。解る?」門の右端を指しながら彼女は言った。
「なんも…見えへんよ。気のせいちゃう?」
嘘だ。俺には姿形こそ見えなかったが、その辺りだけ何かうすぼんやり明るい事は確かに分かった。



ギャラリー
  • 【ほんのり】前屈みでボールを拾ったとき、誰かに首根っこを押さえつけられて前に倒れそうになった
  • 【オカルト談義】特定の話に異様に感覚が強くなることありませんか? たまに身体の芯から恐怖が来る時があるんです。
  • 【オカルト】雛人形としては任務完了ってとこで、全員でガッツポーズしてると思う
  • 【オカルト】嫁と歩いてるときに観光バスが前を通った。人は乗っていなかったのに、嫁は「変なところに女の子立ってたねw」
  • 【不思議な話】宇宙人か、宇宙人とのハイブリッドか、霊能者か……売上を上げるのでなんでも好き勝手にやっていい社員がいた。その人がくれた一筆箋には
  • 【ほんのり】今日は休日出勤やった。さっき帰ろうと思ってエレベーター乗ったら掃除のオバチャンが乗ってた。その人は……
最新記事
最新コメント
オススメ記事(外部サイト)
お問い合わせ
オカルト速報へのお問い合わせはこちらのフォームからお願い致します。
スポンサードリンク
記事検索
RSS & ソーシャルリンク

オカルト速報RSS オカルト速報Twitter

スポンサードリンク