慌ててそちらを見ようとした瞬間、エンジンがストール。ヘッドライトが正面の白い何かを捉えたまま急速に消えていく。

このエントリーをはてなブックマークに追加
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?214

http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1243961610/

626: 深夜のツーリング(1/5) 2009/06/09(火) 12:24:11 ID:8/xgvKzj0

今から10年以上前に、先輩から半年間預かっていたバイクで、
夜のドライブへ出かけたときの恐怖体験を書かせて頂こうと思う。
少し長文になってしまったので何度かに分けて投稿します。

千葉市から出発して勝浦市へ着いたのは、深夜2時を少し回った頃だった。
行きは車通りの多い幹線道路を使って行ったので、
同じ方面へ行く車や、対向車とも頻繁にすれ違っていたのだが、
帰りは敢えて車通りの少ない山道を選んで帰ることにした。

勝浦から鴨川方面へ抜ける国道をのんびり走り、
天津小湊の辺りから県道81号線へ入る。

この道はすべてが舗装されているのだが、
ちょっとした山道や林道のような細い道を抜けていくので、
バイクで走るのはとても楽しいのだ。
それまで昼間の明るい時間帯には何度も利用していたお気に入りのコースだった。

今では幅の広い立派なトンネルが出来たらしいのだが、
俺が利用していた当時は文字通り手堀り風の狭いトンネルしかなく、
深夜にそこを通るのはもの凄く恐ろしかった。

ちょっと大きな車なら天井や側面をこすってしまいそうなイメージの
非常に狭いそのトンネルは照明も十分ではなく、
例え事故を起こしても翌朝まで誰も気が付いてはくれないような場所にあるのだ。

それまで俺は幽霊のようなものを一度も見たことがなかったし、
また成人するまでに見たことがなければ、
その後見ることもないと言うような話も聞いていたので、
心霊的な意味での夜道の恐怖というものを微塵も感じてはいなかったのだが、
あそこのトンネルなら出てもおかしくはないかもしれないと考えていた。
だから、その場所を平然と抜けられるかどうかだけを気にかけていたと思う。



窓の方に目をやると真っ黒な人が窓を叩いている。手とかは見えない。黒い何かが窓を叩いてる。囲まれてる。

このエントリーをはてなブックマークに追加
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?214

http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1243961610/

550: 本当にあった怖い名無し 2009/06/08(月) 22:15:33 ID:hFOQ5ims0

幾つか不思議な体験をしたことがあるけど、
一つ。

俺ドライブが好きで、昼は混んでるのが嫌だから夜よく走るのね。
5年前くらい前の連休に名古屋の友達と遊んだ後、一人でドライブに出かけた。

三重の実家へ帰るつもりで、滋賀方面へ山を越えて遠回りしようと思って車を走らせた。
深夜2時頃、地元の人なら良く知ってるかもしれないけど、
北勢地域の大きな神社がある町あたりで眠くなったので、静かに寝れそうな場所を探してた。

神社を越えて暫らく走ると、田んぼ道に出て河原らしいところに出たんで、
そこで寝ることにした。

車のライトを消すと真っ暗で月明かりも無い。
目を閉じると微かに河の流れる音と蛙の鳴き声が聞こえる。
俺はそのままウトウトしだした。

どれくらいか経って、地に靴が刷れる音が複数聞こえてきた。
「地元の人が夜回りでもしてんのか...」最初はそう思ってウトウトしたままだったんだけど、

どう考えてもこの時間に田んぼばっかの河原に来るのはおかしい。
懐中電灯の灯りも見えない。どう考えても何か嫌な感じがしてきた。



「おい写真が何か変なんだよ」 A先輩と私はその写真を見ました。そこに写っていたのは、、、

このエントリーをはてなブックマークに追加
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?214

http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1243961610/

521: 本当にあった怖い名無し 2009/06/08(月) 15:16:11 ID:sSmXEQxp0

これは私ではなく昔していたバイト先(夜勤)の先輩たちの体験談なのですが、

仕事も終わりみんなで飲んで帰るかという話をしている最中、
A先輩は「折角夏だし肝試しでも行かね?」と言いました。
どうやら廃墟の病院を見つけたとかで、
オカルト好きのA先輩は一度行ってみたいと思っていたそうです。
みんな「面白そうじゃん。」ということで行くことに決まったようですが、
そのうちのB先輩はあまり行く気が無かったらしいです。
B先輩は霊感というものがあるらしく、
そのような場所に行くのは賛成ではなかったみたいです。
しかしみんな行く気満々なのに反対するのもあれなので
仕方なく付いていくことにしたそうです。

その後C先輩の車で山道を進んで廃墟病院に向かいました。
あたりは電気一つ無く真っ暗で(午前3時位らしいです)
林の中にポツンとその病院があったそうです。
門には大きな鎖が何十にも掛かっていたそうです。
でも塀が崩れかけている部分があり、
そこから中に進入することが出来たそうです。
B先輩は寒気がするというので車に残ることに。
その他の先輩たちは廃墟に侵入、中を探索しました。

しかしこれといった収穫も無く、
つまらなくなってきたので帰ることに。
最後に病院に残ってた手術道具と一緒に写真を数枚取って
廃墟をあとにしたそうです。



俺はミヤウチ様に謝ろうといつものように襖を開けた。すると、開けた先に何故か、、、

このエントリーをはてなブックマークに追加
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?214

http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1243961610/

488: 本当にあった怖い名無し 2009/06/08(月) 05:23:34 ID:d0Md1CfE0

別に怖くもないんだが不思議だった話。
うちの家では神様を祭ってあるんだが(別に神社とかではない)
そこはちょっとした神棚じゃなくて、8畳の部屋をでかでかと占領する祭壇?なんだ。
小振りな米俵を積んだり、縄張ったり、酒瓶が並んでいたり、
なぜかビールとかスナック菓子とか塩が袋ごと置いてあったりする。
なんでもどこかの神社から分けてもらった(神様分けてもらうってどーよ)格の高い神様らしく、
うちでは「ミヤウチ様」って呼んでる。
で、むかし小さかった頃、そのミヤウチ様に供えているお菓子を俺は食べちまったんだ。
子供のすることなんで、隠ぺい工作とか高度なことはできず、
お菓子の袋をテレビの後ろに隠していたらそっこーでばれた。
当然オヤジがブチ切れて、かなり長時間こっぴどく怒られた。
それで最後にミヤウチ様に謝ってこいということになり、俺は泣きながら離れに向かった。
ミヤウチ様が祭ってあるのは昔の母屋で、現在住んでいる住居と渡り廊下で繋がっている。
旧母屋は16畳の和室で、襖で8畳ずつに区切られるような作りになっている。
ミヤウチ様の祭壇があるのは、入って襖に仕切られた奥の8畳だ。

Aさんは震え上がった。じゃあ…鍵穴から覗いたときに見た赤い色は…!?

このエントリーをはてなブックマークに追加
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?214

http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1243961610/

386: 本当にあった怖い名無し 2009/06/07(日) 18:57:59 ID:dbX1bwrFO

帰省するため車で山道を走っていたAさん。
もう日も沈み、周りは真っ暗だった。
夜の山道ってのは気味が悪いな…と思いつつ走っていると、林と道路の境に女がしゃがんでいる。

こんな時間になぜ…と不思議に思いつつ、車を停め
「どうしました?」
と声をかけた。しかし女は無反応。

気を悪くしたAさんは、もうシカトして行こうと思ったが
さすがに夜の山道に置いていくわけにもいかず
後部座席の扉を開け乗るように促した所、女は黙って乗り込んできた。

車を走らせ、山道を進む。間を持たせるため当たり障りのない会話をするが、女は無反応。
さすがに頭にきたAさんは車を停め、
「ねぇ君、どこまで行くつもりなの!?」
と少々苛立ちながら聞いた。



ギャラリー
  • 【ほんのり】昼間にみんなが飛び降りて遊んでいた岩、俺は根性なしで飛べなかった。高さは2mほどだったろうか。
  • 【オカルト】落ち込んでる時、タルパも「つらいよな…でも俺もお前なんだから無理なものは同じなんだよ…ごめんな…ごめんな…」と涙声になって、二人で泣いてしまった
  • 【オカルト】勝手に動く電化製品、IoT。なんなのコイツら…
  • 【オカルト】その日は風が強かったので風のせいだなと思いつつも空気を読んで怖がり、部屋の外へ逃げることにしました
  • 【オカルト談義】望んでない死を迎えたら霊になるの? 大部分の死は望んでのものじゃないだろ
  • 【ほんのり】上体を起こしたら奴がいた。老婆が床の上からこちらを凝視していた。そして意外な展開に……
最新記事
最新コメント
オススメ記事(外部サイト)
お問い合わせ
オカルト速報へのお問い合わせはこちらのフォームからお願い致します。
スポンサードリンク
記事検索
RSS & ソーシャルリンク

オカルト速報RSS オカルト速報Twitter

スポンサードリンク