下の階の住人が連絡が取れなくなり親が不動産屋に連絡を入れたところ、心配になり部屋に入ってみると亡くなってたそうだ

このエントリーをはてなブックマークに追加
30: 本当にあった怖い名無し 2011/07/03(日) 18:54:52.58 ID:Uh0STj+L0

あいぽんだから書くの遅いと思う

二年くらい前の事だと思う
当時、三年くらい同棲していた彼女がいたんだが
そいつと新しくマンションを借りて引っ越したんだ
俺は霊感とか無いし、霊や宇宙人すら信じてなかった
ある日、寝室のベットで寝ていると誰かが布団の中に入ってきた
あぁ彼女が来たんだなぁぐらいでしか思わなかった
ちなみに当時俺は水商売を経営していて帰りが朝が当たり前
彼女は昼間仕事をしていた
それで違和感を感じた
俺が寝てる時間は彼女は仕事に行っているはずだと
そして目を開けると、ベットには誰も居なかった
もちろん彼女は仕事に行っていた
夢でも見たのかと思い気にはしていなかった
またある日、寝ていると今度は犬がベットに入ってくる感じがした
犬は飼っているので、あぁ飼い犬が入って来たなと思っていた
また違和感を感じた


意識が戻っていくうちに口の中にも髪の毛が入っていることに気付きパニックになりながらも洗面台へと向かった。

このエントリーをはてなブックマークに追加
20: 本当にあった怖い名無し 2011/07/03(日) 13:32:43.60 ID:mOplvD/U0

最近抜け毛がひどく、病院に行くか真剣に悩んでいた。

気になりだしたのはほんの数カ月前、当初は朝起きると布団に2,30本くらいの髪の毛が確認できる程度だったのだが、
この一カ月、酷い時には一束の髪の毛を握った状態で目を覚ます事があった。

仕事のストレスか全身がけだるく、抜け毛も酷いということで、週末になったら病院に行こう、と思い立ち、
知りあいに紹介してもらった医者に診てもらった。

結果は異常なし。毛髪も平均的な状態で、医者からは逆に髪の強さとツヤを褒められてしまった。


震える手で携帯を開きメールの受信画面を見て驚愕しました。メールがないんです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
894: 本当にあった怖い名無し 2011/06/27(月) 12:23:24.24 ID:d1K0so8x0

あんまり怖くないかも知れないけど、当時ホントに寝れずに朝になったくらい怖かった実体験です。

スマホで改行がよくわからないので読み辛かったらごめんなさい。

10年くらい前の話。当時僕は高校生で、地元の女の子に惚れてました。

ひょんな事から二人で夜話す事になり、その子の家は中学校の近くだったので話す場所は自然と中学校になったんです。


895: 本当にあった怖い名無し 2011/06/27(月) 12:26:02.97 ID:d1K0so8x0

まぁその中学校、もともと墓地を移動か潰したかして建てられたらしく、在学中には特に変な話はなかったのに高校生になってからいくつか「??」な事があったんです。学校に行く途中の坂で全身真っ赤に光った女の人がスゥッと後ろに下がって消えたり、
23時頃友達と暇潰しに行ったら、来たときには真っ暗だったのに帰りに見ると音楽室の電気がついてて、中に人のシルエットだけ見えたり…。(当時は宿直なんてなかった。)でも実害がある訳じゃないのでさほど怖いと思わず、あ~やっぱりいるってのは本当なんだ程度でした。

その女の子とは中学校で話すのは2回目でした。時間は20時、テンションが高い僕は30分くらい前に到着しました。


隣の部屋が物凄い勢いで電気が点いたり消えたりしている。

このエントリーをはてなブックマークに追加
868: 本当にあった怖い名無し 2011/06/27(月) 03:30:19.55 ID:k0Ej8Pe10

今気付いたんだ事なんだけどね

うちの家には勝手口があって、ドアは擦りガラスで出来てるんだ
んで、玄関を回らないと其処にはたどり着けないようになってる
そこのドアの上には、非常灯っていうか、ライトが設置されてて
時々接触悪いのか、パ、パて高速で点滅してたりするから
気になってたんだけど、まあいいかってほっといたんだわ


外に出ると祖父は 「何かあたたかい不思議なのが、俺たちのほかに二人くらい来ていたな。」 と言った。

このエントリーをはてなブックマークに追加
780: 本当にあった怖い名無し 2011/06/26(日) 20:01:41.28 ID:TXVIrBId0

読みにくいところも多いと思いますが、
孤独だった俺の話を暇つぶしに聞いてください。

小学校5年生の時、交通事故で両親を亡くして祖父に引き取られた。
その時から俺の時間は止まってしまったようになって何も考えられなかった。
事故の前のことは何も思い出せなくなり、何もかも楽しくなくなった。

転校した先の小学校でも、何もしゃべれず、全く友達もできなかったし、
友達を作りたいとも思わなかった。
ただ、朝になったら学校に行き、自分の席に座って授業にのみ集中し、
学校が終わればすぐに家に帰った。
先生は気を使っていたようだが、みんな気味悪がっていたと思う。

いつもステテコと腹巻姿の祖父は優しく、
慣れない手つきで家事をしつつ、俺の好物の鳥の唐揚げを良く作ってくれた。
今でも感謝しているがその頃は会話もほとんどなく、
自分の部屋でゲームを延々としていた。


ギャラリー
  • 【オカルト】見ていると不安になる不気味な画像集めてみた ※画像あり
  • 【オカルト】見ていると不安になる不気味な画像集めてみた ※画像あり
  • 【オカルト】見ていると不安になる不気味な画像集めてみた ※画像あり
  • 【オカルト】見ていると不安になる不気味な画像集めてみた ※画像あり
  • 【オカルト】見ていると不安になる不気味な画像集めてみた ※画像あり
  • 【オカルト】見ていると不安になる不気味な画像集めてみた ※画像あり
最新記事
最新コメント
お問い合わせ
オカルト速報へのお問い合わせはこちらのフォームからお願い致します。
スポンサードリンク
記事検索
RSS & ソーシャルリンク

オカルト速報RSS オカルト速報Twitter

オススメ記事(外部サイト)
スポンサードリンク