そう思って、少し冷静になった時です。 ドンドン!ドンドン! そんな効果音でも聞こえそうなくらい、力強くお腹が叩かれ始めました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1277902734/

死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?244

381: 本当にあった怖い名無し 2010/07/07 20:29:57 ID:KafhssaJ0

ふと思い出した話があるのでカキコします。
長文&駄文の上に誤字脱字あったらすみません。


何年前だったかは今はもう覚えていません。
でも当時はすごく暑くて、扇風機つけっぱなしで寝ていたので夏であることは確かだったと思います。
熱帯夜ってやつですね、暑いと本当眠れなくて…。窓も開けっ放しで、ただ布団に寝転がって目を瞑っていました。
ふと、その日見たホラー番組の映像が頭に流れてきて、「あぁ、何思い出してんだろ自分」なんて思ってました。
夏の夜って異様な雰囲気があるじゃないですか。だからかな、いつもより余計怖くなっちゃって。
とにかく目を瞑って寝ることに集中したんです。
まぁ、当然意識して寝ようとすれば眠れませんよね。
それでも何も考えないようにして、ただ扇風機の音に耳を傾けていました。
そしたら突然、窓の外から赤ちゃんの泣き声が聞こえてきたんです。

(夜泣きかな?)

なんて思いつつ、窓の外に目を向けました。だけど窓から見える家はどこも電気はついていない。

(おかしいな)

なんて思えば、気づいてしまったんです。赤ちゃんの声は、窓の外から聞こえているのではないことに。
なんて言えばいいのでしょうか。
耳元というより、脳内に響く感じって言えばいいのかな。
とにかく、窓の外ではなく、中なんですね。もっと言ってしまえば、私にだけ聞こえている。みたいな。

心霊現象ってのにあったことのない私でしたが、これは危険だとすぐに分かりました。
だって、赤ちゃんの泣き声が窓の外からではないことに気づいてから、私の足元に重みがあったんですから。
丁度、赤ちゃんくらいの重みでした。



ぐしょぐしょに泣きながら校舎を見ると、俺の覗いた教室から先生とあきちんが 顔を出していた。

このエントリーをはてなブックマークに追加
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1277902734/

死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?244

372: 本当にあった怖い名無し 2010/07/07 14:01:00 ID:DhTpzPx+0

スレチだったらsry
ただかなり印象的だったのでここへpick うp

俺の小学校には、授業の3時間目ぐらいに、校門に現れる通称「あきちん」という
黒い帽子にジャージを来た謎のおっさんがいて、ソイツは必ずその時間になると、
校門で踊っているんだ。しかも毎回同じ踊りで、毎回同じ場所。
手を上下に振りながら首をめちゃくちゃ振ってる。先生達も知っていたが最初小学校に入ったときは
皆で楽しんで見ていたんだが、そのうち慣れて、皆も気にしなくなってきた頃。
俺は皆となわとびで遊んでいた。当時はリズムなわとびと言って、ラジオで
なわとびを飛んでさらに上級を目指すというのが流行っていたんだ。
そんで肝心のなわとびを学校に忘れた。土日だったので、先生は一人しかおらず、
先生と教室に入って、なわとびを取る際、外をみたら、何故か校庭にあきちんがいた。
いつもの校門では無く。
そしたら、あきちんと目があってしまった。初めて顔を見た瞬間身震いした。
何故なら、顔が真横になっているからである。
その瞬間あきちんが思いっきり走って俺達がいる校舎に向かって来た
が、考えると、先生が俺を校舎に入れたとき、校舎の玄関の鍵
は空けた状態だった。
小学生だった為、腰を抜かした俺は先生にすがりついた。
先生もびっくりしたらしく、すぐさま近くにあったデカイ先生用の1M定規を持って
廊下を出て、階段を下りた。すると、バタバタと階段を上ってくる足音が聞こえた。
「隠れていろ・・・」と言われたので、壁際に急いで隠れた。



そんな感じでビビりまくる俺らに、しかし母が続けて飄々と一言。 「だってニョロニョロだったもん」

このエントリーをはてなブックマークに追加
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1277902734/

死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?244

319: 本当にあった怖い名無し 2010/07/06 23:37:16 ID:hmi75m/Q0

んじゃ、あまり怖くはないかも知れんが俺も一つ。

今から十数年前、俺がまだ消防だったころの話だが、ある朝起きてみんなで飯食ってると、
父ちゃんと母ちゃんが「おったな」「おったねえ」みたいなことを話してる。
何かと思って尋ねてみると、両親がこんなことを話してくれた。
当時俺らはボロっちい借家住まいで、八畳ほどの部屋が寝室だった。
布団を敷いて親子五人雑魚寝していたのだが、夜中に両親はふと目を覚まし、
父「おるな」母「おるね」


そんで机から顔をあげて、ついでに隣のやつがどんなやつか見てやろうと思ったの。見なきゃよかった。

このエントリーをはてなブックマークに追加
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1277902734/

死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?244

168: 本当にあった怖い名無し 2010/07/04 13:57:50 ID:WyJEsaHuO

初めてて書き込みます。
読みにくかったらすいません。

ついこの前の話

私は大学生なんだけど、その日は普通に講義を受けてた。その講義は友達もいなくて、まんなかの席を陣取るのもなんとなく気が引けたから、後ろの方の席に座って、講義を聞いていた。

その前日、飲み会で徹夜していたからだろう、私はいつの間にか気持ちよく眠ってしまってた。
それでしばらく、そのまま寝てたんだけど、何だか隣の席から変な音がする。

コツッ・・・コツッて何かが軽くぶつかるみたいな音。
せっかく気持ちよく寝てるのにうざいなー、って思いながらもその時はそのまま机に突っ伏せて寝てた。

でも、ずーっと続くんだよね。その音。
コツッ・・・コツッ・・・って一定のリズムで。

隣のやつがシャーペンで机でも叩いてるのかな?と思った。たまにいるよね、そういう癖がある人。

ずっとその音聞いてたら、何だか目も冴えてきちゃって、あーもう起きようって気になった。
そんで机から顔をあげて、ついでに隣のやつがどんなやつか見てやろうと思ったの。


見なきゃよかった。



Aはその間ずっと祠を触っていた。 俺的には怖いのは祠じゃなくてAだった。

このエントリーをはてなブックマークに追加
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1277902734/

死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?244

37: 本当にあった怖い名無し 2010/07/01 14:12:37 ID:vGoUTmEV0

小学三年の頃体験した話。
俺が通っていた小学校には裏山というものがあるんだが
人が入れないようにフェンスが張ってあった。
ある時俺の友達のAが探検ごっこかなんかの遊びで
フェンスに家から持ってきたペンチで穴をあけて山の中に入った。
俺も面白半分で中に入った。
入ってみると中は竹が凄く生えていて昼間なのに凄く薄暗かった。
奥に行って見ると広い場所に出た。
その真ん中に小さな祠(この辺りはあまりおぼえていない)みたいな物があった。

ギャラリー
  • 【未解決・オカルト事件】2ショットダイヤルで何かに取り憑かれたようにしゃべり続けて……事件を知ってすぐに、殺されたのはこの人だなと思った。
  • 【ほんのり】昼間にみんなが飛び降りて遊んでいた岩、俺は根性なしで飛べなかった。高さは2mほどだったろうか。
  • 【オカルト】落ち込んでる時、タルパも「つらいよな…でも俺もお前なんだから無理なものは同じなんだよ…ごめんな…ごめんな…」と涙声になって、二人で泣いてしまった
  • 【オカルト】勝手に動く電化製品、IoT。なんなのコイツら…
  • 【オカルト】その日は風が強かったので風のせいだなと思いつつも空気を読んで怖がり、部屋の外へ逃げることにしました
  • 【オカルト談義】望んでない死を迎えたら霊になるの? 大部分の死は望んでのものじゃないだろ
最新記事
最新コメント
オススメ記事(外部サイト)
お問い合わせ
オカルト速報へのお問い合わせはこちらのフォームからお願い致します。
スポンサードリンク
記事検索
RSS & ソーシャルリンク

オカルト速報RSS オカルト速報Twitter

スポンサードリンク