倉の中にあったパズルのような物を友達と一緒にやっていたら友達が事故にあった。後にパズルの類いではなく土着の宗教の儀式用品であることがわかった。

このエントリーをはてなブックマークに追加
406: キューブ 2011/03/31(木) 11:36:47.58 ID:O4+CWZlyO

かなり昔のことなのですが・・・
私は関西の田舎町に住んでいて、その時は高校生でした。
何にもない普通の田舎町でしたが、町の中央には川が流れていて
その隔たりで出来た両地区の温度差というか不自然さを少し感じたときがありました。
私の家はたいそう古く倉があり、家を改築するときにその倉を壊すことがきまり中のものを確認しました。
いろいろと古めかしいものがありましたが何故か紫の巾着袋に目がいきました。
横で作業している両親を尻目にヒッソリと持ち出したのです。


407: キューブ2 2011/03/31(木) 11:39:54.97 ID:O4+CWZlyO

すぐには開けずに、友達内でのいいネタになるかなと後日友達を呼んで開封しました。彼らをA B Cとします。
彼らとは小学生からの繋がりでとても中がよかったのです。
袋の中からはゲームのテトリスのブロックと言えば分かりやすいでしょうか?
それを実体化した板状のざまざまの形のものが出てきました。コの字だったり、一の字だったり。
また薄茶色であり、各面には唐草模様が浮き彫りしていて肌触りもよかったのです。
私たちのテンションが上がり、何のために作られたのか?どう使うのか?材質は何なのか?ということが私たちの脳内を駆け巡りました。
小一時間、それらを弄くってるとAはもしかしたらパズルなのでは?と言いました。
なるほど、パーツには凹凸みたいな固定できる部分があり立体パズルなのかなと感じました。
代わる代わる繋げていくと三面に囲まれた角が出来、直感的に立方体が完成形だと確信しました。
しかし、そこからが難しくて進みません。他のみんなはあきてしまい時間も時間なので帰路につきました。


「死ぬ間際の老人の腕を物凄く長くして、長い尻尾を生やして、白目を全部黒目にした感じ」 …こんな生き物が突っ立って居た。

このエントリーをはてなブックマークに追加
392: 本当にあった怖い名無し 2011/03/31(木) 02:56:35.10 ID:LY7LqDKR0

地震の話もちょっと絡むし、長いし読みづらいしで申し訳ないんだけど……。
夜中だし、さっきの事だしでちょい投下。


私は昨日、放射能がヤバいってんで、愛犬連れて福島から祖母の家に疎開して来たんだよ。
飛行機乗り継いで到着した頃にはもう夕方だったし、昨晩から寝てないしで、ひとまず寝るかー…って事になってね。
布団が無かったんで、犬は足元に毛布を重ねて、
私はソファーの上でバスタオルと毛布を被って寝たのね。

そうしたら、不思議な夢を見た。
私は殆ど夢を見ないし、見ても色なし音なしが殆どなんだけど、
今回の夢は無闇に色付きで、音もハッキリ聞こえていて、感触があった。


私は小さい頃、祖母の家に預けられててね。
周囲の風景はその頃の物で、私は庭で自転車に乗ってたのね。
天気は良いし、気温も暖かめだったんだけど、空は白く濁っていて、
心なしか周囲も彩度が低くて、まるで昔の写真のようだった。
と、気づくと家の中から愛犬の鳴き声がするのね。

いつものワンワンじゃなくて、「ギュウ…ギャインッ!グウウ…!」みたいな凄い唸り声。
普段は大人しい子なのにこりゃ尋常じゃ無い!と思って、慌てて玄関に駆け寄ってガラッと引き戸を開けたのね。
そこで私は思わず呻いて、ドアに手を掛けたまま、固まっちゃった。(続くよ)


心霊スポットとして有名な、長い間人が帰ってきていない家に探検に行ったら浴槽に閉じ込められた。助けだされた時、ふくらはぎにとても小さな歯形があった。

このエントリーをはてなブックマークに追加
331: 本当にあった怖い名無し 2011/03/30(水) 19:33:20.49 ID:AVPujXb6O

小さな頃の話で、今じゃ確認のしようのない話ですが、自分にとって洒落にならない怖い話だったので書きます。

これは私が小学校2年生くらいの記憶なのですが、当時私の親は共働きで、学校内にある託児所的なところに預けられていました。
私たちはその託児所を「学童」とよんでいいました。
普段は、しばらく学童でおやつを食べたり、宿題をやったり遊んだりして、5時になると友達と一緒にそれぞれ家に帰ります。
しかしその日は、普段の遊びにも飽き、たまたま友達の少ない日だったので、友達のAとBと私の3人で学校を抜け出そうという話になりました。
抜け出して向かう先は、「キューピーハウス」と私たちの間で呼ばれている心霊スポットのようなところです。
そこは、いつも石屋の隣にある人が長い間帰ってきていない家でした。
その家にはガレージのようなところがあり、そのシャッターの部分には、恐らく新聞や手紙などを入れるであろうポストがありました。
私やみんなはそこから中をのぞいていたりしていたのですが、中は壊れた椅子や人形などが散乱していてとても怖い雰囲気が漂うところでした。

時間は3時半。私たちは、隣の石屋のおじいさんに見つからぬよう、こっそり家の敷地に入り込み、花壇や塀をよじ登り、ベランダから二階にあがりました。
普通なら、窓の鍵は締めてあるはずです。
ですが窓の鍵は開いており、すんなり中へ入ることができました。


我が家にあった1枚の古い白黒写真。 その真ん中の曽祖母の首から上がボヤけていて無い。

このエントリーをはてなブックマークに追加
97: 本当にあった怖い名無し 2011/03/28(月) 07:02:21.23 ID:ciNmjltr0

我が家にあった1枚の古い白黒写真。
昔の我が家の庭を背景に3人の人物が映っている写真で、
当時九十路をむかえた私の曽祖母が真ん中に、その両脇に私の祖母、祖父が立っている。
その真ん中の曽祖母の首から上がボヤけていて無い。
両脇の祖父、祖母はちゃんと首から上があってニッコリしてる。
…という不気味な写真。

幽霊にさえ「無理。耐えられない。」と言われた姉の友人の趣味の話。

このエントリーをはてなブックマークに追加
919: 本当にあった怖い名無し 2011/03/27(日) 11:45:24.55 ID:uAIrnDXt0

姉がインテルのCMの娘並みに自由な人なんです。
当然不思議な友人も多いので、心霊体験とかあるって聞いてみたことがあります。

姉の友人の一人にこれまた自由な人♂がいて
(自由な姉から見ても自由な人らしいです)
あるときふと思い立って引越ししたらしいです。

当然安いトコ優先って感じで部屋を選んでしまったので、陰気な感じの部屋を紹介されたのですが
まあいっか~って感じで引越ししたらしいです。

姉も引越しを手伝ったので、最初に何もない部屋にいったら
「絶 対 いわくつき。」ってくらい重苦しい空気だったらしいです。
引越しが終わって1週間位して、またその部屋に姉は友達たちと行ったそうですが
部屋の空気がぜんぜん違っているらしいです。
もう普通の部屋の空気、自分の家と同じだよ。と感じたそうです。

部屋主の友人に「なんか空気変わったね。どうしたの?」と聞いたら。
ちょっと変なことがあったよ~と



ギャラリー
  • 【不思議な体験】浅草寺にて、小さいおじいちゃんに突然手の甲を指さされて予知?透視?をされたらしい。似たような体験をした人いる?
  • 【ほんのり】振り返るとじいさんがいない。横の布団には  全身タイツみたいな黒い影があって……
  • 【怖い話】その時はそんなことあるんだ!怖い!って思ったけど  後日それがけっこう有名な怖い話だったと知った
  • 【オカルト】後日ネットで自分が住んでる土地の歴史についてしらべてみた。 いろんな事が一致して、鳥肌が立った。
  • 【オカルト】車を運転してると、いきなり悲鳴を上げて急ブレーキを踏む 「子供を轢いてしまった」と。そんな彼の悲惨な末路。
  • 【都市伝説】猿の芋洗い伝搬に関する「百匹目の猿」現象を最初に主張した人は、でまかせで言い出した都市伝説に自分自身がなってしまったのだった
最新記事
最新コメント
オススメ記事(外部サイト)
お問い合わせ
オカルト速報へのお問い合わせはこちらのフォームからお願い致します。
スポンサードリンク
記事検索
RSS & ソーシャルリンク

オカルト速報RSS オカルト速報Twitter

スポンサードリンク