今その手で人を刺し殺したにも関わらず凶器をハイターに浸けとけと冷静に指示できる人 とかが、こんなに身近にいることを実感した。

このエントリーをはてなブックマークに追加
24: 17 2011/06/13(月) 23:19:00.56 ID:oT4cCN6v0

パチ屋で知り合った女の子と結構仲良くなって、その子が知り合った当時付き合ってた彼氏と、とある理由でわかれてさ、
その後新しい彼氏が出来た後、飲み屋を始めたわけよ。
所謂、ラウンジって奴。
その新しい彼氏ってのは、まあ本職のお偉いさんだったわけ。
俺個人はその子と普通に仲良かっただけだから、連れとかとちょくちょくそのラウンジに顔出して、従業員の他の女の子とかも、それなりに仲良くなった。
ボトルも数本入れてるから、あまり金使わなくて良いんだよね。


絶対にお供え物をしてはいけない首のない3体のお地蔵様。

このエントリーをはてなブックマークに追加
984: 本当にあった怖い名無し 2011/06/13(月) 12:47:46.40 ID:DTKcuH0/0

小学生の頃、両親が離婚し俺は母親に引き取られ母の実家へ引っ越す
ことになった。母の実家は東北地方のある町でかなり寂れている。
家もまばらで町にお店は小さいスーパーが一軒、コンビニもどきが一
軒あるだけ。その町の小学校へ通うことになったが全学年で20人弱
同級生は自分を含めて4人しかいなかった。

越してきて1年半ほど経ったある日、一学年上の子にいじめられるよ
うになった。原因はなんだったか思い出せない。まぁたいしたことじ
ゃないと思う。とにかくその子のことが大嫌いでいなくなって欲しか
った。その時、首刈り地蔵のことを思い出した。

首刈り地蔵のことは越してきたときにじいちゃんに教えてもらった。
小さな公園の奥の林の中にある首のない3体のお地蔵様。
絶対にお供え物をしてはいけないと言われた。
理由は教えてくれなかったが、越してきてしばらくして同級生に教え
てもらった。このお地蔵さまにお供え物をして「○○を殺してくださ
い」とお願いすると、その相手を殺すことができる。


【言葉の力】暴力、恐喝ありとあらゆるイジメを受けた。Bは人間の一番醜い部分を見た。

このエントリーをはてなブックマークに追加
910: 本当にあった怖い名無し 2011/06/12(日) 22:45:36.56 ID:M7t/4hXxO

流れを読まずに携帯からカキコ

俺がまだ消防の頃、4家族(20人程)で河原へキャンプをしにいった
真夏とは言え河原遊びしてれば涼しくなり、バーベキューやら何やらして楽しく過ごしすっかり暗くなった。
夏の夜と言えば恒例の怪談が始まり、大人も子供も混じって笑ったり怖がったり、消防の俺は肝冷やしまくりながら話を聞いていた

夜もふけて来た頃、今までニコニコしながら聞いていたUさんがぽつりと話始めた

Uさん「怖いけど考えさせられる話、タイトルはそうだね~[言葉の力]ってところかなぁ」
ある中学にクラスのリーダー格の苛めっ子Aと目立たない苛められっ子Bってのが居た
オタク気持ち悪いと言うだけでAの標的になったB。最初はAと仲の良い数人での小学生並のイタズラ
消しゴムちぎって投げたり上履き隠したりする程度だった
ある日、A達の苛めにキレたBがAを殴った
しかしこれがマズかった。よろけたAが女子にぶつかり転けた。
Aと女子の二人共手の骨を骨折
この件からBは完全に孤立。イジメはヒートアップしていく
地獄の日々が始まった。


母と叔母の脇を…左から右に明らかに人の形をした白い影が駆け抜けていった。

このエントリーをはてなブックマークに追加
888: 暖簾越し 2011/06/12(日) 20:08:13.47 ID:bg+r/Ube0

あまり怖くない話かもしれないけど、自分の中では怖かった体験。
ありきたりだが、お盆3日間の出来事だった。

大学に入学、1人暮らし、初めての帰省がそのお盆3日を挟んで5日間だった。
帰省日当日まで、バイトをみっちりいれ、帰りのバスで爆睡。
実家にたどり着いた夜も疲れが抜けきらなく、やはり馬鹿みたいに寝まくった。

そして、お盆初日を迎えた…朝9時頃に起きた。寝起きでぼーっとしながら、階段を下りていると、母と叔母の声が聞こえた。
階段を下りると真正面に台所へのドア、右手に玄関、左手にはトイレ・洗面所・脱衣所・風呂へと続く廊下がある。
母と叔母がドアの前で立ち話をしていた。洗面所に向かおうと思っていたので、その立ち位置は通行妨害。
そんなとこで立ち話してないで、中に入ってすればいいのにと二人をぼーっと見ていると…

母と叔母の脇を…左から右に何か白い影が駆け抜けていった。

明らかに人の形をした白い影だった。
しかも、背丈が母の腰ほどもない………

素ならぎょっとするが、その時は自分は完全に寝起きで頭が回ってなく、考えるのも面倒で……さっさと忘れた。


今朝、外の空気を入れようと窓を開けたら、ベランダに黒ずんだ大きめの爪が散乱してた。。。

このエントリーをはてなブックマークに追加
839: 本当にあった怖い名無し 2011/06/12(日) 14:29:26.03 ID:os+1XDi10

今朝の話。
昨晩は中華+ビール3杯で、21時にはコテンと寝てしまった。その深い眠りから、ふと目が覚めた。
「パチン、パチン」という異音に起こされたみたいだった。

寝ぼけながら、「あー、嫁が爪切ってるんだな」と思いつつ、再び寝直そうと毛布をかぶったものの、いつまで経っても、「パチン、パチン」という音が止まない。


ギャラリー
  • 【ほんのり】廊下を四歩、五歩ぐらい歩いたとき、階段を上って教室に入った黒い靄のような何かを見ました
  • 【オカルト談義】コックリさんみたいなやつっていろいろあったよな。えんじぇる様とか、鉛筆でやるやつとか。
  • 【オカルト】近づいてみるとペットボトルがある。口の部分まで液体が入って、中には細長い紙のようなものと、黒く渦巻いた何かの塊が入ってる
  • 【オカルト】オカルトを盲目的に全肯定する人と全否定する人ばっかで、それでいて権威があるものは否定されにくい今の状況が気持ち悪い
  • 【事件】乗っ取りの肝は、家庭内での人間関係の崩壊を引き起こすこと……一家乗っ取り系は本当に怖い、誰も信じられなくなる
  • 【怖い話】変質者の行為がシュールすぎて不気味なことあるよね。変態は最終的にターゲットの性別を問わなくなるらしい。
最新記事
最新コメント
オススメ記事(外部サイト)
お問い合わせ
オカルト速報へのお問い合わせはこちらのフォームからお願い致します。
スポンサードリンク
記事検索
RSS & ソーシャルリンク

オカルト速報RSS オカルト速報Twitter

スポンサードリンク