波も全くない凪の海。俺たちは恐らくその時点で絶命しているであろうその年配の男性を浜まで引いて戻りました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

引用元: ・死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?284

74: 本当にあった怖い名無し 2011/11/18 00:32:16 ID:Mg97QWWv0

10年近く前の悪ノリが今年ある意味再発して怖かったので投下してもいいでしょうか。

だいたい10年くらい前に大学のサークルの夏合宿で千葉の内房のあるビーチに行きました。
登場田舎から出てきた俺は土地勘もそれ程なく、外房が波があって内房は穏やかだとか、そう言った知識はありませんでした。

そんな内房の海にサークルできて、海にい行っても波もなく、地引網とかが行われている横でチャプチャプしていました。

そんな折、地引網漁船の漁師が
「おい!溺れてるぞ!!」と叫びました。
それは俺達のいるすぐ横、波も全くない凪の海。俺たちは恐らくその時点で絶命しているであろうその年配の男性を浜まで引いて戻りました。



その紺色のにごりは水中でどんどん人の形のようになっていく。20秒くらいで高さ1・5mくらいの直立した人の形になってオレは女だと思った。

このエントリーをはてなブックマークに追加

引用元: ・死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?284

44: 本当にあった怖い名無し 2011/11/16 22:58:32 ID:M8Y02lYQ0

沖縄の本島に1週間ほどダチと二人で遊びに行ったときの話。
その日は北のほうでボートを借りて釣りをしてたんだが、午前中一杯でそれに飽きて
道具も持ってきてたんでダイビングをしようってことになった。
それで浜から300mほど沖の40畳くらいの小島というか小岩のところでボートをとめて潜った。
珊瑚より海藻の多い場所で魚は少なかった。
島のまわりを巡るのはあっという間だったが、
沖に面した島の根っこの水深4mくらいのところが大きく内側にえぐれているのを見つけた。
洞窟とは違っていつでも出てこれるような場所だったんでダチといっしょに入ってみたが、
中は意外に広かった。幅の広い階段状の岩が四段ほどあって明らかに人工物だった。
奥行き3mくらいのそのくぼみの中も魚は少なくて、中がなんとか見えるくらいの明るさだった。
そして最奥が垂直の壁になっていて、その前に高さ1mくらいの石製のかめが4つあった。
俺は遺跡だと思ってダチに合図して近寄ってみると、
かめは4つとも同じような作りでどれも40cm四方くらいの石製の四角いフタがのせてある。



間違って人の家入っちゃったと思った。 だけど表札確認したんだが、そこは603号室、自分の部屋の番号で間違いなかったんだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

引用元: ・死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?284

37: 本当にあった怖い名無し 2011/11/16 22:14:53 ID:ATf31TjM0

一週間前に起きた話なんだが、誰も信じてくれないし信じるわけないよなあと自分でも思う
けど、とりあえず書きます。マジで自分に起きたことです。

夜21時くらいに仕事から自宅マンションに帰ってた。
自分の部屋は十階建てマンションの六階で、いつもエレベーターでいく。
この日、エレベーターに乗るときに妙な音がしたのは覚えてる。
何かひゅんひゅんしたような?何か飛んでるような音。
で、普通にエレベーターに乗って、六階に着いた。

家には両親がいたからそのまま扉を開いた。その瞬間に唖然とした。
自分の家じゃなかった。そりゃあもう焦った。間違って人の家入っちゃったと思った。
家の玄関先とは全く違って、あわあわして扉を閉めて、表札確認したんだが、
そこは603号室、自分の部屋の番号で間違いなかったんだ。

え?え?と思って何回確認してもやっぱり603号室だし、六階で間違いなかった。
そこでやっと気づいたんだが、六階からの景色がいつも見てた景色と全く違った。
何が違うっていうと具体的には、家の周りは駅前で別にそこまで栄えてるほうではないんだが、
何か高いビルがいくつかあって、都会っぽくなっていた。
もう本当にわけがわからなくてすごく怖くなった。
とにかくひたすら不安で怖くなって、とりあえず両親に電話しようと思った。



数分後、今度は幼い子供の泣き声、続いて若い男・・・と一定間隔を置いて一人づつ絶叫と号泣を繰り返す。

このエントリーをはてなブックマークに追加

引用元: ・死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?284

33: 本当にあった怖い名無し 2011/11/16 21:06:12 ID:ItPKxK+R0

今は仕事で中国に住んでいるものです。

前スレでテレビの八本指の手形の話を書きましたが、思い出したことがありました。

テレビの手形をふき取ってから数日後の深夜、俺は部屋の明かりを消してベッドで横になっていた。
と、突然隣のアパート(俺のアパートから数メートルの距離)から中年女の絶叫・号泣が聞こえた。

小中学生の頃から、誰もいない家の中で 人の歩くような音とかピシパシいう音とかしてた。

このエントリーをはてなブックマークに追加

引用元: ・死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?284

15: 1/2 2011/11/16 15:09:50 ID:PZc8KAXz0

文章まとめるの下手で長文な上にあんまり怖くないかも。
スレ違いとかだったらすまん。


小中学生の頃から、誰もいない家の中で
人の歩くような音とかピシパシいう音とかしてた。
俺が20歳前くらいの頃にそういう音がひどくなったことがあった。
歩く音、ピシパシ音に加えてドアを開け閉めする音とかもあった。
何となく友達にそういう話をしたら、そのうちの一人が
父親が霊視みたいなのできるから聞いてみるって言ってくれた。

一週間後位にその友達から電話がかかってきた。
家の近くに墓とか竹藪とか川とかない?って言うんだよ。
全部ある。というか二階の一室から全部まとめて見える。
距離にして500メートルくらいのところ。
さすがに少しぞっとした。

友達の父親が言うには、家の四隅に塩と酒を置いて様子を見てみろと。
隣に住む祖母に話したら、ばあちゃんがやっとくって言ってくれた。
しばらくしたら家鳴りと思っていた色々は無くなった。



ギャラリー
  • 【オカルト】実家の離れに蔵がある。元々物をしまっておく蔵じゃなくて、 昔の村の病人を隔離するとこだったらしい
  • 【ほんのり】私は死んだら地獄行きなのかもしれない。善行も始めたけど多分間に合わないだろうな
  • 【オカルト】「で、飛び起きたらその女が目の前に立ってたんだよ~!」すると友達は全く怖がる素振りを見せず……
  • 【オカルト】その信号は、歩行者がボタンを押さない限り自動的に切り替わるはずがないのです。   深夜のそんな時間に、歩行者がいるはずもありません。
  • 【オカルト】車で心霊スポット巡りをした帰り、丁度良い店が見付からないのでカラオケボックスで食事を取ることにした
  • 【オカルト】知らない番号から電話が来て、おばさんの声で『鈴木さん?』って聞かれた。でも自分は田中。
最新記事
最新コメント
オススメ記事(外部サイト)
お問い合わせ
オカルト速報へのお問い合わせはこちらのフォームからお願い致します。
スポンサードリンク
記事検索
RSS & ソーシャルリンク

オカルト速報RSS オカルト速報Twitter

スポンサードリンク