よく厄介事に巻き込まれる気質で、自分で招きこんでいる事もあるけど、謂れのない事象に巻き込まれる事も多い。

このエントリーをはてなブックマークに追加

引用元: ・死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?284

11: 本当にあった怖い名無し 2011/11/16 13:00:28 ID:S6VgNdMR0

よく厄介事に巻き込まれる気質で、
自分で招きこんでいる事もあるけど、謂れのない事象に巻き込まれる事も多い。
そのせいか心配した友人からよく厄除けのお守りを貰う。
でも、そのお守りというのが必ず潰れてしまったり、
壊れてしまったり、なくしてしまったりと一年間手元にある事自体が少ない。
はじめは、貰い物なのに申し訳ないなと思っていたんだけど、
それが何年も、何十回と続くと奇妙で、もしもお守りを持ってない状態だと何が起こるのだろうと思い始めてきた。
最近、貰った厄除けのお守りが残り一つという事もあり、自分でお守りを購入した。
京都の六波羅のもので、シャンシャンと耳触りのいい鈴でたいそう気に入った。

「姉ちゃん、帰ったの?」 と言うと、その人はこっちを向いて、近付いて来て頭を撫でてくれた。

このエントリーをはてなブックマークに追加

引用元: ・死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?284

4: 本当にあった怖い名無し 2011/11/16 03:37:57 ID:XLNEQyB50

小4の夏休みの話
おれには3つ上の姉がいて、当時中1だった姉は朝から演劇部の練習に行っていた。
おれはと言えば何も予定がなくただダラダラと過ごしてた。
両親は共働きで、母が作ってくれた簡単な昼食をテレビを見ながら食べて、それも片付けずリビングのソファで昼寝をはじめた。
いくらか時間が経ち、人の気配で目を覚ましたおれ。目を開けるとテーブルを挟んだところに女の人が立ってるのが見えた。ゲームのやり過ぎで近眼(寝てたから眼鏡は外してた)+眠気眼でハッキリとは見えなかったが、確かに女の人だった。

「姉ちゃん、帰ったの?」

と言うと、その人はこっちを向いて、近付いて来て頭を撫でてくれた。お姉ちゃん子だったおれは安心してまた眠りについた。

結局ちゃんと起きたのは3時過ぎで、かなり本気で寝ていたおれ。使った食器を片付けようとしたらお茶碗を残し全部流しのところに置かれていた。姉ちゃんが片付けたのかなと思い家の中を探すがいない。



加工室の中で笑い声が突然響いた。加工室で一人きりのはずなのにと肝をつぶすT。

このエントリーをはてなブックマークに追加

引用元: ・死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?283

950: 本当にあった怖い名無し 2011/11/14 19:59:59 ID:Wa3zv4p/0

今は仕事で中国にすんでいるものです。

・中国に出向する間際の話。
夜8時ころだったと思う。
残業中事務所に加工係の主任が蒼ざめて駆け込んできた。以下Tとする。
T「出ました!もうあそこ(加工室)にいられません」
俺「何?何があったか落ち着いて説明してよ」

Tの話を総合するとこうだ。
その夜、Tは一人きりで加工室の放電加工機を操作していた。
そのとき、加工室の中で笑い声が突然響いた。加工室で一人きりのはずなのにと肝をつぶすT。
と、Tの目の前の窓のブラインドが見えない指で撫でられたようにシャーと動いた。
ますますビビるT。その後加工室は獣の臭いが充満したという。


友人曰く、その「白っぽい女っぽい何か」を見たとき、ヤバイ感じはしなかったけど、強烈な違和感を感じたそうな。

このエントリーをはてなブックマークに追加

引用元: ・死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?283

942: 本当にあった怖い名無し 2011/11/14 18:58:50 ID:BBO3BEru0

流れぶった切って、友人が学生時代に体験した不思議な出来事を少し。

まず彼について少し紹介しておくと、
霊感がちょっぴり、本当にちょっぴり。
ちょっぴり過ぎて幽霊は見えない。
なんとなーく、いるなーってのを感じる程度。

ただ極端に悪意がありそうなのは、
見えないけど「やばい」って強く感じれるそうな。
なもんで心霊スポットとかで良い探知機代わりにされてたみたい。

大学3年の頃、最後のまともに取れる夏休みってことで
友人の友人の集まりでキャンプ場跡のスポットに行ったそうな。

基本ヘタレ集団で、最初に昼間に行ったらしい。
特に怪しい所もなく、炊事場の釜戸とトタン屋根だけが
元キャンプ場だったのを匂わす程度。
あとは背丈近くまで伸びた草が生い茂っていたのが印象的だったそうな。

それでも夜に来ればそれなりの雰囲気がありそうだし、
何より怪しい雰囲気がないと言うことで、そこでキャンプする事に。



次の日学校行って聞いたらとんでもない答えが帰って来た。「首のないバケモンがいた」

このエントリーをはてなブックマークに追加

引用元: ・死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?283

880: C4爆弾 ◆c4.FLxMRNtU. 2011/11/13 18:24:29 ID:7VXnCsbOI

この前友人2人とサイクリング行った時の話
俺の住んでるのは神奈川なんだけどかなり田舎な訳ね
だから周囲になんも無い(あるのはコンビニと川)だから良くサイクリングとかに行く訳よ
んでもってこの日は俺と友人T.Rと行く事になったんだ
ちなみにスペックは、
俺 14歳 アニオタ この前彼女寝取られたwww
友人T 14歳 DQN アニオタ 成績は良いけど不良 リア充
友人R 14歳 DQN イケメン リア充

んでこの日は大きな円を描く様にして川沿いと田んぼがある所を走っていくコースだったんだ。



ギャラリー
  • 【オカルト】実家の離れに蔵がある。元々物をしまっておく蔵じゃなくて、 昔の村の病人を隔離するとこだったらしい
  • 【ほんのり】私は死んだら地獄行きなのかもしれない。善行も始めたけど多分間に合わないだろうな
  • 【オカルト】「で、飛び起きたらその女が目の前に立ってたんだよ~!」すると友達は全く怖がる素振りを見せず……
  • 【オカルト】その信号は、歩行者がボタンを押さない限り自動的に切り替わるはずがないのです。   深夜のそんな時間に、歩行者がいるはずもありません。
  • 【オカルト】車で心霊スポット巡りをした帰り、丁度良い店が見付からないのでカラオケボックスで食事を取ることにした
  • 【オカルト】知らない番号から電話が来て、おばさんの声で『鈴木さん?』って聞かれた。でも自分は田中。
最新記事
最新コメント
オススメ記事(外部サイト)
お問い合わせ
オカルト速報へのお問い合わせはこちらのフォームからお願い致します。
スポンサードリンク
記事検索
RSS & ソーシャルリンク

オカルト速報RSS オカルト速報Twitter

スポンサードリンク