電車に乗ってて気がついたら知らない駅に着いて降りる。駅を出ると図書館みたいに本棚がたくさんある空間。自分以外はいない。

このエントリーをはてなブックマークに追加
607: 本当にあった怖い名無し 2011/05/01(日) 02:28:37.61 ID:qyZeoeVK0

ここでいいのか分からんけど書く
浪人生の時だから10年以上前の話

変な夢を見たんだ
内容は電車(当時予備校通学に使ってた山手線)に乗ってて気がついたら知らない駅に着いて降りる
駅を出ると図書館みたいに本棚がたくさんある空間。自分以外はいない

大学時代の友人Aが持っていた奇妙な捨てられない手紙の話

このエントリーをはてなブックマークに追加
290: 本当にあった怖い名無し 2011/04/28(木) 20:37:06.29 ID:SwT/IpVf0

大学時代の友人Aとでもしとくわ
そいつが昼休みにした
捨てられない手紙の話
とりあえずタバコ吸ったらかく


291: 本当にあった怖い名無し 2011/04/28(木) 20:45:27.43 ID:SwT/IpVf0

大学時代いつも仲のいい7~8人ぐらいでつるんでて一緒にメシ食ったりしてたんだけどね
その中の一人Aが真剣な顔で相談に乗ってほしいって俺らに言ったことがあったんだわ
これ見てほしいって1枚の手紙出してきた
そいつ1回女がらみでトラブって俺らのネタにされてたから
またかよwwwwみたいな感じのノリで俺らみんなwktkしながら
グループの中の一人がその手紙音読しだした


「女の血を絶やす」という呪術がかけられた一族。

このエントリーをはてなブックマークに追加
178: 本当にあった怖い名無し 2011/04/27(水) 20:55:25.44 ID:VuRaxvaEO

携帯から失礼します。
あんまり怖くはないと思います。
先日まとめサイト?で「コトリバコ」を読んで、私の家系にもあれに似たことがあり、
願わくばここの方々の専門的な知識、助言や考察を賜りたく思います。

単刀直入に言いますと「本家の女は四十歳を迎えない」んだそうです。

確かに、私が知る限りですが、祖母、曾祖母は若くして他界しております。
しかし、私は親戚のその言葉を「偶然」の一言で一蹴しました。
と言うよりも、この家系にそれほど長い歴史があるとは聞いていないし、
由緒のある家系だとも聞いていませんでした。私はオカルトも信じていませんでしたし。
事実、本家がある田舎を離れてもう二代も過ぎていますし、去年に本家の家屋を取り壊した際も、
親戚一同は大きな躊躇もなく「まぁ、仕方がない・・・・」と言ったり、中には宴会よろしく酒を呑む人までいました。
そんな人達が云う因習に、信憑性はまったく感じられなかったんです。
それに今はそんな時代でもないじゃないですか。

けれど、何か引っかかったんです。違和感と言いますか、モヤモヤといいますか...
ついでに湧いてきた好奇心や探求心にまかせて、調べることにしたんですよ。


受話器の向こうから「ワタシ、メリーチャン。アナタノウチニイルノ」って機械音みたいな声で 喋りかけられた。

このエントリーをはてなブックマークに追加
173: 本当にあった怖い名無し 2011/04/27(水) 19:46:09.32 ID:noZkFn+C0

怖くはないのかもしれない

自分が小学5、6年のとき、兄貴とばあちゃんと3人で家に居たんだよ。
両親は共働きだったから、帰ってくるのは二人とも午後9時くらいだった。
んで、確か午後7時位だったかなぁ?ばあちゃんが風呂入って部屋に行った後に家の電話が鳴ってさ
電話を取る前は、親のどっちかが「帰りに何か買ってこようか?」って電話だろうと思って
普通に取ったんだよね。そしたら受話器の向こうからは何にも聞こえないで
ちょっとしたら「ブツッ」って切れたんだよ。まぁでも田舎だし、携帯の電波が
悪かったんだろうって思ってたのね。そしたらその5分後位にまた電話がかかって来てさ
今度は兄貴が取れよって言って兄貴に取らせたわけ。そんで兄貴が受話器を取ったわけなんだけど
兄貴は凄く怯えた様な、変な顔をしてさ、すぐ受話器を置いちゃったんだ。
どうかしたの?って聞いたら、何か変な声がしたから切ったって言うんだよね。
当時家の電話は、変な勧誘が怖いからって電話帳にも載ってなかったんだ。
だから、きっと何かの聞き間違いか、兄貴が俺を怖がらせようとしてるんだって思ってた。
そして、その後また電話がかかって来た。お前が出ろって兄貴に言われて、受話器を取ったら
受話器の向こうから「ワタシ、メリーチャン。アナタノウチニイルノ」って機械音みたいな声で
喋りかけられた。流石に怖くなってすぐに受話器を置いたら、兄貴がお前も聞いたか?って言ってくるんだ。
どうやら兄貴も同じようなことを言われたらしい。俺らは怖くなってまた電話がかかってきてもシカト
してたんだ。


男性は透明な板があるように、次第に明らかに宙を歩いた状態で真っ直ぐ真っ直ぐ、林の中を遠ざかって行きます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
158: 本当にあった怖い名無し 2011/04/27(水) 04:53:11.07 ID:sdACPLCD0

一昨日体験?目撃?した出来事なんですが、自分は本当に怖かったんですが
つたない文章でうまく伝わらなければごめんなさい。

京都の鞍馬寺に観光に行ったんですが、鞍馬山の参道途中ですっごい雨がザーッと降ってきました。
友達と二人で傘もなかったので、ワーッと木陰を伝って小走りに参道を駆け上がると
途中で小屋というか庵というか、小さなお堂のようなところを見つけたんで、
その屋根の下に逃げ込みました。
二人で「止むかなぁ」などと空を見上げていると、突然背後でガタッ!!と
お堂の小さな木戸が開きました。びっくりして振り向くとお寺の関係者の方のようないでたちの、
お坊さんの格好にジャンパーを肩に羽織った40歳くらいの男性が出てきました。
中で何か作業中だったのか、私たちは「あ、すいません」と頭を下げると、男性も軽く会釈して空を見上げると、
雨の中を歩いて出て行かれました。
私たちは「お寺の人はこんなお天気でも大変だねー」と男性を見送っていたのですが、
男性は下り坂の勾配を無視するように、真っ直ぐに歩いていきます。
透明な板があるように、次第に明らかに宙を歩いた状態で真っ直ぐ真っ直ぐ、林の中を遠ざかって行きます。

つづく


ギャラリー
  • 【ほんのり】在宅ワークで動画編集をしていてすっごく怖かった依頼…「丁寧なお仕事ありがとうございました」
  • 【妖怪】コックリさんで実害が出た話「動物に憑かれる」「ガラスが粉々に…」
  • 【オカルト】霊はいると思う。仏壇の水が減る。お地蔵さんが守ってますよと言われた
  • 【怖い話】犯人は日本に着いた時に捕まったらしいんだけど、 その時に遺体の一部が入ったバッグを紛失したらしい
  • 【事件】事件発覚後すぐにはなぜか報道されなかった  闇が深い事件『ペッパーランチ』
  • 【ほんのり】一定感覚でインターホンがなる だいたい夜中の2時~3時位10分~15分位の間隔で一回か二回
最新コメント
オススメ記事(外部サイト)
お問い合わせ
オカルト速報へのお問い合わせはこちらのフォームからお願い致します。
スポンサードリンク
記事検索
RSS & ソーシャルリンク

オカルト速報RSS オカルト速報Twitter

スポンサードリンク