ドッペルゲンガーを見るともうすぐ死ぬ、など聞くので 彼女と出会ってしまった私ももうすぐ死ぬのかと考えるとまだ怖いです

このエントリーをはてなブックマークに追加

引用元: 死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?294

456: 1/4 2012/05/06 10:37:07 ID:N5F7MpNJ0

はじめてドッペルゲンガーを見た
少し落ち着いたから書き込ませてください

私は実家を遠く離れた土地で就職し、当然一人暮らしです
初めての一人暮らしで、しかも家族とはめったに会えない距離
数ヶ月でホームシックになり、家に帰ると誰かがいるような錯覚を覚えるようになってました
それが段々エスカレートしてきて、足音が聞こえたり、独り言(ため息?)が聞こえたり
本当に家族恋しからくる幻聴なら家族の声だったりするものなのに、その音はたぶん若い女のものにしか聞こえない
こっちの生活に慣れてきた頃には、この家にはもう一人、姿の見えない誰かが住んでいるんだと思うようになりました
その人は私とは微妙に生活リズムが違うようで、出勤しようと家を出てドアの鍵を閉めると中からトイレのドアを開ける音が聞こえたり
帰ってくると微妙に化粧箱や櫛、電気ポッドの位置がずれていたり
閉めたと思っていた風呂場の扉や中蓋が開いていることは越してきてからすでに数え切れないくらいありました



女の子に「俺君、やばいものから憑かれとるよ。やけん隣におるだけで無理」 って言われた

このエントリーをはてなブックマークに追加

引用元: 死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?294

650: 本当にあった怖い名無し 2012/05/09 18:58:48 ID:bwww0GI60

五年前の話

専門学校時代、福岡、熊本、佐賀の心霊スポットに行きまくってた頃の話だ。
犬鳴は行った事ないけど。
んで、福岡県の広川ってとこに十三仏って場所があって、かなり曰く付きらしく、友達と五人でいってみた。
十三仏の事を教えてくれた友達からは「絶対いかんほうがいい!!」
とうるさく言われたけど、そんなの関係ねぇ!!と怖いものみたさで突撃したんだ。
テスト期間中と言う事もあり、早く学校も終わり、昼間から出発。十三仏に到着すると、少し雨が降ってきた。

車を出ると目の前は竹林で、けもの道がまっすぐ伸びていた。竹林に入ると、昼間なのに暗く、なんか不気味だった。
それよりも不気味だったのが、けもの道の脇に並ぶ大量のお地蔵さん。お供え物も置いてあり、誰か地元の人が来てたんだろうなと思った。

まぁ五人とも「不気味やねーw」と言いながらも、写真を撮りまくっていた。
少し歩くと目の前が開けて来て、洞窟がある。何人かはビビって入るのをごねていたが、説得して入っていった。
思わぬ洞窟の出現だったが、ケータイのフラッシュを使って恐る恐る中に入ってみたら、目の前に無数のお地蔵さんやら、仏様が祀ってあった。100体以上はあったかな?
とにかくびっちり。

仏様たちから睨まれながらも、洞窟の奥に進んで行った。どうも奥は深いみたいで、足場も悪い事もあり、30m進んだくらいに引き返した。

引き返す時、みんなで洞窟の中の仏様を拝んで外に出た。

まぁ別に霊的な現象なく、十三仏ちょろいなwくらいで車に乗り、みんなで恒例の心霊写真チェック。

デジカメの至る所を探し、何ものか写ってないか見ていると、一枚だけ俺の目の上が赤い写真があった。瞳じゃなくてまぶたね。

みんなから「これお前呪われとるやん!!ww」みたいにバカにされてたけど、そんなこと気にせず、霊的な写真が撮れなかった事が本当に悔しかった。

その日は次の日もテストだったので解散し、寮に帰り何事もなく寝た。



霧の中からライトに照らされた人影みたいなのが出てきて、フロントガラスにへばり付いたんだ。 それもずっとへばり付いてる。

このエントリーをはてなブックマークに追加

引用元: 死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?294

356: 忍法帖【Lv=5,xxxP】 2012/05/04 15:01:51 ID:d+DVYFE/0

死ぬほどっていう程じゃないが昨日あった妙な話してみるわ


夜中モバマスやってたらふと、いちご牛乳飲みたくなってね。
雨が止んでるとは言え、霧が出てたし、めんどかったから車で行ったんだ。

行く途中、ぬこが轢かれてて、「うわー、帰りは見たくないな」って思って違う道で帰ったんだ。
んで近くの幼稚園の細い道に入って、ちょっと走ったら

霧の中からライトに照らされた人影みたいなのが出てきて、フロントガラスにへばり付いたんだ。
それもずっとへばり付いてる。
「えぇっ!?うわ!」って思いながら車止めて、外に出たんだけどフロントガラスにはなんも付いてなかった。

「んー、見間違いか?」なんて思いながら乗り込んで家に帰ったんだ。

んでさっき起きたんだけど、親父が「お前、車のアレなんだ?」って言ってきたんだ。
俺「はっ?」
親父「フロントガラス。なんか悪戯されてんぞ」
まさか・・・って思って車見に行ったら
フロントガラスに2箇所、白い手形が付いてた。

げー!って思って速攻でタオルで拭いてついでにガラコも付けて来たよ。
あれ何だったんだろうね。



鏡を見つめてしまった。 そこには、いつもと何ら変わらない情景、そして私達の強張った表情、そして、その横に、防空頭巾をかぶったモンペ姿の女の子…。

このエントリーをはてなブックマークに追加

引用元: 死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?294

349: 本当にあった怖い名無し 2012/05/04 13:45:35 ID:QFIfWOjGO

私の卒業した小学校付近は戦争当時、空襲がひどかったらしく今でも防空壕の跡地や数年前も不発弾などが見つかったり、慰霊碑などが多く建てられている。

小学生の頃、部活が終わり、さぁ帰ろうとしている時に仲良しのAが『あ!給食着がない…もしかしたら教室かも…』と言った。
あいにく明日は休み。
週末は給食着を持ち帰り洗濯をして次の当番へ回さないといけない為どうしても取りに行かないととの事で、Aと仲良しのBと私の三人で恐る恐る教室へ探しに行くことにした。
教室へ行くには階段を登り二階の踊場を通り過ぎなければならない。
その踊場の鏡はこの学校の七不思議の一つであり、夕方、この鏡を見るとこの世のものではないものがうつると言われていた。
ただの迷信と言い聞かせていたが、やはり夕闇に照らされてるこの踊場は不気味というしかなかった。
目をつむりながら踊場を通り過ぎ急いで階段を登りやっとの思いで教室へたどり着いた。

『あ!あった!』と給食着を持ちAの安堵する表情とは裏腹にまたあの踊場を通り過ぎなければいけないのかと苦痛に思った。
すると、突然Bが、
『ねぇ、あの踊場の鏡ってさ…本当に何かがうつるのかな?』と言い出した。
…おいおい、やめてくれ。とは思ったが、どっちにしろ帰るにはあの踊場を通り過ぎなければならない。
辺りは一層暗くなるばかり。それならば早く進むしかないと意を決して教室を出て階段を降り始めた。



歩道を凄いいきおいで女が走りながらバスを追ってきてた 、女が急に道路に飛び出しトラックに跳ねられた

このエントリーをはてなブックマークに追加

引用元: 死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?294

306: 本当にあった怖い名無し 2012/05/03 18:42:12 ID:DEzsDuunO

オカルト的な話じゃないが投下ちょい長い

俺が勤めていた会社にいた変な女の話
その女は見た目も変だが行動も変な女だった
正直関わりたくないと思っていたが何故か目をつけら一々絡んで来るようになった
無視を続け一ヶ月程経って俺は仕事を転職する事になりほっとしていた
転職して慣れない仕事していたら、女が面接に来たようだった、テンションが上がり面接覗いたら、あの女だった
偶然かと思ったら偶然じゃなかった
怖くなったから移転届けを出して支店に移ってウキウキ仕事してたら2ヶ月位して、女が移転してきた狙ってらしい



ギャラリー
  • 【オカルト】俺と母親が呆然としてると、女は俺の前に来て、  「あれ、ないと思ってるんだろ。今、車から取ってくるからな」  そういって走り出ていった。
  • 【オカルト】ふと「何でなのかなぁ」という疑問が私の脳裏に浮かんだ。 一体何故なんだろうか……
  • 【陰謀論】太陽系勢力関係図と日本の支配構造まとめ画像。ドラゴンファミリーはドラゴングループともいうぞ!
  • 【陰謀論】太陽系勢力関係図と日本の支配構造まとめ画像。ドラゴンファミリーはドラゴングループともいうぞ!
  • 【オカルト】一般家庭(低圧の電気設備)の点検で山の中にある旅館にいった。怖くて怖くて、祈るような気持ちで配電盤を探してた
  • 【短篇集】サクッと読める怖い話『これが自分の立場だったらコワイだろうなあという本当の話』『もしこの世に読心術できる奴がいて』
最新記事
最新コメント
オススメ記事(外部サイト)
お問い合わせ
オカルト速報へのお問い合わせはこちらのフォームからお願い致します。
スポンサードリンク
記事検索
RSS & ソーシャルリンク

オカルト速報RSS オカルト速報Twitter

スポンサードリンク