家族に見えるけどこれは家族じゃない。一体ナニなんでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

引用元: ・死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?285

88: 本当にあった怖い名無し 2011/12/04 04:49:37 ID:QT9oV4Li0

ついさっき、もしかすると今もかもしれない話

私は今、母と弟と同じ部屋で寝ています
二人は既に寝ていました
電気は、完全に消すのではなく、豆球?(淡いオレンジの光)の状態です
和室で、位置関係は

ふ|       |
す| 母 弟 私 |か
ま|       |べ

こんな感じです
さっきまで私は壁の方を向いて寝ながら、怖い話のサイトや洒落怖を見ていました
夜中に見ると余計怖いwなんて思っていました
そしてふと、寝返りを打って母と弟の方に向いたんです



心臓が止まるかと思いました



顔は覚えていないが不気味だった印象はある。その人は手の先から肘くらいまでびっしり毛虫を纏わせていた。

このエントリーをはてなブックマークに追加

引用元: ・死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?285

86: 本当にあった怖い名無し 2011/12/04 04:33:05 ID:XxpUM2Aj0

小学校高学年の頃、高熱が出て学校を休み病院に行ったんだ。
親に連れられて行った1回目の診察は頭痛とかでほとんど覚えていない。
注射を打たれ薬を貰って帰って寝込んでたと思う。

それから数日、ある程度体調が良くなり、また病院に行くことに。
診察はすぐ終わり、注射も打たずに済んだ。
薬の処方と会計を待つ間、母親に「横の公園で遊んでくる」と言って、病院の横の小さな公園に向かった。

お世辞にも綺麗な公園ではなく、桜の木にはたくさん毛虫がついている。
子供だった俺は、よく毛虫を棒でつついて落として、石を上において踏み潰して遊んでいた。
毛虫に嫌悪感があったし、普通に触れなかった。

その公園の毛虫も苛め殺そうと、良い感じの棒を探していると、公園の隅に二十歳くらいの女の人がいた。
何かをモゾモゾと触っているようだったが、気持ち悪いので無視して棒探しをしていると、いきなり後ろから声をかけられた。


最後に、先生は大変言いづらそうな顔で言いました。「このまま劇症が続くようなら、左足を切断します」 めったに泣かない父が、泣きました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

引用元: ・死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?285

43: 本当にあった怖い名無し 2011/12/04 02:48:46 ID:veGHgml+0

これは私が、いや、正確には母が半年前から9月の終わりごろまでに経験した話。長いです。

今年の7月某日、もろもろの事情で、私は結婚を前に実家へ一度帰省するため
アパートから引越しすることになりました。
父は仕事の繁忙期でこれませんでしたが、母が有給をもらって、代わりに来て
くれました。
母は去年から体の調子が芳しくなかったのですが、とにかく外で遊ぶのが大好
きな人で、今年の5月にトルコ旅行なんぞに行くような、本当に活力あふれる虚弱体質の人です。
さらにいうなら何もないような場所でよく転ぶ、おっちょこちょいな人でもあります。
荷造りのときも10センチの段差しかないアパートの玄関で派手にスッ転んでました。



母が見た時「くねくね」はうずくまってたそうです。しかも2つも。 だから最初母は『若いカップルがこんな夜中にいるのかなぁ…』って思ったらしいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

引用元: ・死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?285

30: 本当にあった怖い名無し 2011/12/04 00:32:17 ID:6S0Sd+yE0

カップルのくねくね
1/3
おととしの夏休みの出来事でした。
夜中の3時ぐらいだったかな?夏休みですっかり昼夜逆転の生活を送ってた頃。
親はタバコを吸う時、キッチンの方にある小さな窓を少し開けて、換気扇を回してタバコ吸うんですけど
しばらくたって 「ちょっと○○(私の名前)、変なのがいる。」って窓を覗きながら言って来たんです。

え!?なんだろ!!って思って窓を覗いて見たんです。
私の家って真ん前駐車場と小道と家挟んですぐ土手なんですよ。
緑がけっこう多い田舎みたいなトコです。

で、その家と家挟んだ真ん中に土手が見えてるカンジになってて、最初全然ドコにあるかわかんなかったんですよ。
でもよく見たらその土手の芝生の所でくねくねしてるのがあるんですよ!!
そう!!あのウワサの『くねくね』!!そして私が見たのは他ではあまり聞かない(?)バージョンです!



車に轢かれた白い子猫を発見し近くの動物病院に連れていった。 数日後の夜中、就寝中自分の足の上に何か小動物のようなものが トコトコ歩いてる感触がした。

このエントリーをはてなブックマークに追加

引用元: ・死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?284

985: 本当にあった怖い名無し 2011/12/03 18:32:10 ID:rdpSctYf0

心霊ちょっといい話かもしれないが

3年前の実体験の話
朝、車で通勤中、車に轢かれた白い子猫を発見した。
仰向けに倒れてて、手足をバタバタさせてた。
すぐに車に乗せて近くの動物病院に連れていったが
頭を強打してて即死だったそうで。
手足をバタつかせてたのは、死後反動的に動くものじゃないかと言われた。
結局1000円払って、病院を後にした。
(お金払ったほうがいいのか、獣医さんに聞いたら
処分費として1000円と言われたので。
自分としては、もし子猫が手術で助かったなら、飼うつもりだった)


ギャラリー
  • 【オカルト】一般家庭(低圧の電気設備)の点検で山の中にある旅館にいった。怖くて怖くて、祈るような気持ちで配電盤を探してた
  • 【短篇集】サクッと読める怖い話『これが自分の立場だったらコワイだろうなあという本当の話』『もしこの世に読心術できる奴がいて』
  • 【怖い話】公園を通ったら一冊のアルバムが落ちてるのを見つけたの。表紙を開いたんだけど、私はすぐに開いた事を後悔した……
  • 【オカルト】「A/Bテスト」って知ってる?Webデザインをする時なんかに使う手法。ここに、恐怖のA/Bテストとでも呼ぶべき話がある。
  • 【陰謀論】日本航空123便墜落事故にも陰謀論あるよな。自衛隊とか米軍とか。
  • 【不思議な体験】ふと思い出した不思議なこと。小学校のころ誕生石のアメジストを買って、すごく気に入って毎日触ったり眺めたりしていた。
最新記事
最新コメント
オススメ記事(外部サイト)
お問い合わせ
オカルト速報へのお問い合わせはこちらのフォームからお願い致します。
スポンサードリンク
記事検索
RSS & ソーシャルリンク

オカルト速報RSS オカルト速報Twitter

スポンサードリンク