「裏に洞窟あるけど絶対近寄るなよ」と言われた洞窟に友達と二人で行ったら友達がその洞窟に飲み込まれた。

このエントリーをはてなブックマークに追加
392: 1/10 2011/04/07(木) 14:03:45.93 ID:jxhdHeDl0

本当にチラ裏の話なのですが、昨日夢に出てきたので書こうと思う。

当時の俺は例えば離れている蝋燭に意識を集中し続けて炎を大きくしたり小さくしたり
なんてのはごく当たり前のことで誰でもできることだと思っていた。
そんな日常の中で友達の発表会で一発芸も何も出来ない俺がその技を恥ずかしかったが
披露したんだ。驚くことにみんな歓声を上げた。(今では驚くのが普通だと思っているが)
そんなことが子供心に嬉しくて蝋燭以外にもなにか動かせるものはないかと
必死に家中のあらゆる「物」に意識を集中しつづけていた。
だが意識を集中させることは大変神経のいることで、まるで目と目の間に
鉛筆でもぶっさしたんじゃないかと思うほど激しい痛みが走るときもあった。
以前はそんなに強い霊感は無かった。幽霊と思える影がちらりと目の端に映る程度。
上記のような日常を繰り返しているうちに段々と「霊」に対する…というか
説明しづらいのだが霊感とか持っている人の特殊な能力が自分にも備わっている
ことに気が付き始める。
その頃だ、俺がO君と出合ったのは。


すれ違いざまに独特な酔拳のような動きで無差別に裏拳を叩き込んでいた「裏拳ジジイ」に逆に裏拳を叩き込みました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
374: 1/4 2011/04/07(木) 12:17:22.54 ID:dnplkIvq0

高校のときの話です
僕は、学力の関係から地元の高校には行けず、電車で隣町の高校に通っていました。

ある朝、いつものように地元の駅へ行くと、たくさんの人が行き交う雑踏の向こうの方から
真っ赤なシャツを着た、60歳くらいの、頭のハゲたおじいちゃんが歩いてきました。
最初は赤いシャツに目が行ってたのですが、すぐに、そのジジイの目が
空中のあらぬ方向を見て、まるで酔拳のような動きでこっちに近づいてることに気がつきました。

何か危険なものを感じた僕は、そのジジイを避けるように大きく左にそれました。
すると、そのジジイも僕に合わせて酔拳の動きのまま僕の方に曲がってきました。
僕がさらに左によけると、そのジジイもさらにそれに合わせて曲がってきます。
このままだとジジイと正面衝突する!と思ったそのとき、ジジイはひらりと身をかわし
僕とすれ違いました。


何回目が覚めても夢から覚めることができない。

このエントリーをはてなブックマークに追加
354: 本当にあった怖い名無し 2011/04/07(木) 03:47:38.91 ID:Fcb46NDQ0

まず目が覚めて水道の音がして台所に行ったんです。
そしたら停電になって、そこで夢だと気づいて目が覚める。
んで今度は子供の声が聞こえカーテンを開けて確認してみると、
前の家が明かりが付いてるのに気づくんだが、
その時夢の中なんだが俺は深夜に子供がうるさいとはなんか変だなぁと思っていた。
ここでまた目が覚めるんだけど、また水道の音が聞こえてそろそろ不審に思えて
同居してる親を起こす。そしてまた停電になって目が覚める。また子供の声が聞こえて
いい加減やばさに気づいた。また親を起こして恐怖しながらカーテンを開けて目が覚めるんだ。




子供の頃、神社の床下に置いてあった、中にクッションがつめられた青い箱のようなものを持ち帰って以来「ざり、ざり。 」という変な音が聞こえる。

このエントリーをはてなブックマークに追加
270: 本当にあった怖い名無し 2011/04/06(水) 23:19:41.62 ID:C0RJjG3V0

 私が住んでいるのは山間にあるよくある住宅地で、
家からふもとに下りて、街へと続く国道の脇に、
住宅に挟まれてその神社はあった。私は10歳そこらのことである。

 子供なので、神社に対するしきたり云々の信仰には全くもって興味が無く、
当時の私達には程よい遊び場のようなものだった。
その神社は夏祭りや正月にはお守りを売る巫女姿の店員などがいるものだが、普段では神主は隣接の事務所にいるらしい。
その土地の記念碑なんかもあってプチ観光地的な役割でもあったが基本大人の目もないわけで、堂々と子供は占領できるわけである。
 
 とある日私は他の男女数人のグループに連れられ、その神社へと行った。
大人の目が無いとは言ったものの、当時の私はだいぶ真面目ちゃんの部類に入る子供で、
神社には祭りでもない限り踏み入ったことは無かった。
だが彼らもいつもからここを遊び場にしているわけではない。
つまり、いつもは公園を転々としているところ、気まぐれでここで遊ぶ事を提案した訳だ。


病気で視覚障害者になってから、誰もいないのに、あたかも人を避けるように歩くことがあるそうだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
205: 本当にあった怖い名無し 2011/04/06(水) 16:57:20.43 ID:5DR8vGpe0

俺が体験したっつーか、俺の周りが怖がってるっつー話

俺数年前に病気で視覚障害者になったのよ
つっても、まったく見えないわけじゃなくて弱視なんだけど
人いるなってのはわかるし歩きなれてるとこなら白杖なくても歩けたりするんだ
子供大人の区別つくけど男女の区別がつかないくらい

で、友達と遊び行ってるときに言われた
お前なんでそんな風に歩くの?

ギャラリー
  • 【オカルト】私の友人はハト好きです。ある日嬉しそうに話してくれました。「最近,うちによくハトが訪ねて来るんだ」
  • 【オカルト】「そういえばあのオヤジの部屋を特定したんだった」 本屋に行くついでにあの部屋を昼間、 外から眺めてみようと歩いて家を出た
  • 【オカルト】異様に静まった居間で突然祖父が「…来るぞ」とボソッと呟く。 すると玄関のドアが突然開き……
  • 【不思議な話】コンビニ全店の自動ドアが全く反応せん時期があった。スーパーや銀行の自動ドアはフツーに開く。
  • 【ほんのり】枕からフライドチキンが出てきた。 何言ってるのかわけわからんと思うけど本当のことなんです。
  • 【オカルト】想像すると怖い。私はひとり暮らしなのですがコタツ机とベッドがすぐ近くにあります……
最新記事
最新コメント
オススメ記事(外部サイト)
お問い合わせ
オカルト速報へのお問い合わせはこちらのフォームからお願い致します。
スポンサードリンク
記事検索
RSS & ソーシャルリンク

オカルト速報RSS オカルト速報Twitter

スポンサードリンク