ふいに階段から何か上がってくる音がすんのよ。パタパタパタって。速度からして明らかに人間じゃなかった。

このエントリーをはてなブックマークに追加
378: 本当にあった怖い名無し 2011/08/05(金) 15:19:43.63 ID:00OssVf80

投稿しようかな…全く怖くないんだけど俺の実体験の話。あ、先にどーでもいー流れ書き込むからつまらんと思ったら飛ばしてくれw

俺、猫飼ってるのね。
最初一匹だったんだけど、その子が子供産んじゃって5匹になったんだよ。お母さん含め♂3♀2。
もうそれがめちゃくちゃ可愛くてさ、みんなすくすく育ってった。
けど、引っ越しをきっかけに一番やんちゃなオス2匹が逃げちゃって…まぁしゃあないよな、って言ってたんだ。

んで引っ越し先で、ある日最後の♂の子がふらっと消えたんよ。まぁうちの育成方針で自由にお外出してあげてたんだけど、いつもはその日中に帰ってきてた。だからちょっと心配だったんだ。
んで、2日ぐらいたった時、帰ってきたんよね。
ただ違ったのが、いつもの赤トラの毛が真っ赤になってたことと、鳴き声にまったく元気がなかったこと。
足も引きずって、もう今にも死にそうな感じで。でも多分ここに帰ってきたくて必死に歩いてきたんだと思った。
もう家族みんな大騒ぎで、俺がすぐ病院連れてった。
まぁ応急処置してもらったけど、その次の日の夜に死んじゃった。
いい大人にもなって(俺高校だったけどw)大泣きして、最後ぐらいは家で迎えさせてあげたかったね…って言って。
んで、俺んち死んだペットとかを必ず庭に埋葬してあげるんだけど(ハムスターとかヒヨコとかザリガニは前の家でそうしてた)今回も最後まで一緒に…って言って庭に埋めてあげたんよ。



「お前誰だよ」って言ったら、母親の腕にしがみつきながら俺のほう見てニヤリッと笑うの。

このエントリーをはてなブックマークに追加
335: 本当にあった怖い名無し 2011/08/05(金) 04:01:42.93 ID:b7397bea0

537 名前:名無しさん@涙目です。(北海道)[] 投稿日:2011/08/05(金) 03:35:49.82 ID:KFM334010
子供の頃家族で海水浴行ったとき、海から上がって自分家の
スペースに戻ると同じ年くらいの知らない子供が座ってた。

その声があまりに悲しそうで、なんだか死んでしまうんじゃないかって声だった。

このエントリーをはてなブックマークに追加
326: 本当にあった怖い名無し 2011/08/05(金) 00:09:07.82 ID:pFDNcnY50

一週間くらい前のこと。
日付が変わった頃に友達から電話があった。
内容は観に行った舞台が楽しかったから今すぐ感想聞いて~みたいな他愛のない内容。
その晩は結構涼しかったので窓を網戸にして、窓の前に座って夜風に当たりながら楽しく喋ってた。
ちなみに3階建て一軒家の2階にいた。

夢中にはなして、ふと時計を見るともうすぐ3時。
でも友達の話は終わらない。こっちも嫌ではなかったのでそのまま耳を傾けていたんだけど、
10分くらい前から、窓の外から猫か犬の鳴き声がする。



突然、T男がしきりに「来るな!来るな!」と言い始めた。

このエントリーをはてなブックマークに追加
307: 本当にあった怖い名無し 2011/08/04(木) 21:42:10.51 ID:EXNwGuoF0

まず、前置きがあって、俺の母方の先祖は何かしらんけど
えらい坊さんだったらしい。
で、何かどえらい化け猫を退治したとき(7つ尾の猫又って言ってた)
七代先までたたるっていう呪いかけられたらしい(ちなみに俺で6代目)。
そんなんで、たたりから逃れるためにお守りを子供に持たせるんだが、
俺の爺ちゃん(母方の方な)が昔鍛冶屋やってたんだが
初の女孫で、いたく張り切って守り刀を作ってくれたらしい。
つっても、人形に持たせるような小さいやつ。
爺ちゃんは俺をすごく大事にしてくれたんだが、
方向がちょっとアレだった。
雛人形の時期に、菖蒲様の人形を送ってくれたり(俺、女なのに・・・)
守り刀って言うよりナイフに近い。
実際、ペーパーナイフとして活躍中のそのナイフだが、
先祖が合戦に行って生きて帰ってきた時の刀を使ったらしい。
で、なんかすごいの憑いてる。
もともと、見間違いレベルでそういうたぐいの奴はしょっちゅう見るんだけど
守り刀持ってると何故か出てこない。
京都に修学旅行に行ったとき、神社見学してたら、
宮司さんに、「ブフォ!?すごいのに守られてますねwww」
となんだかよくわからないウケかたされた。
まぁこれが前置き。


「部屋に入った瞬間、あの中から目がこっち覗いてんだよね。片目だけ。」

このエントリーをはてなブックマークに追加
296: 本当にあった怖い名無し 2011/08/04(木) 18:16:47.21 ID:3DZWAX040

>>290
突撃DQNで思い出したコピペ?張るわ
シリーズっぽいけど出典不明、初出のはず


零感の俺を心霊スポットに散々連れまわした友達の話

大学時代、バイト代を貯めては、地方の廃墟に遠征したり、野宿したりしてた。
元々興味こそあれ、仕切るのはほとんどがその友達。
面倒だったり、金の都合がつかない時は断ってたんだが、2回生の秋ごろ、どうしても行きたい廃屋があると言われた。
金は俺がほとんど出す、ってしつこいので、なんとか親に仕送りを前倒ししてもらって一緒に行った。
気分が乗ればそのまま廃屋に泊り込みなので、移動はレンタカー。
免許持ってるのはこいつだけなんで俺はひたすら盛り上げ役に徹した。


ギャラリー
  • 【オカルト】一般家庭(低圧の電気設備)の点検で山の中にある旅館にいった。怖くて怖くて、祈るような気持ちで配電盤を探してた
  • 【短篇集】サクッと読める怖い話『これが自分の立場だったらコワイだろうなあという本当の話』『もしこの世に読心術できる奴がいて』
  • 【怖い話】公園を通ったら一冊のアルバムが落ちてるのを見つけたの。表紙を開いたんだけど、私はすぐに開いた事を後悔した……
  • 【オカルト】「A/Bテスト」って知ってる?Webデザインをする時なんかに使う手法。ここに、恐怖のA/Bテストとでも呼ぶべき話がある。
  • 【陰謀論】日本航空123便墜落事故にも陰謀論あるよな。自衛隊とか米軍とか。
  • 【不思議な体験】ふと思い出した不思議なこと。小学校のころ誕生石のアメジストを買って、すごく気に入って毎日触ったり眺めたりしていた。
最新記事
最新コメント
オススメ記事(外部サイト)
お問い合わせ
オカルト速報へのお問い合わせはこちらのフォームからお願い致します。
スポンサードリンク
記事検索
RSS & ソーシャルリンク

オカルト速報RSS オカルト速報Twitter

スポンサードリンク