【怖い話】妻の実家があるタイのイサーン地方。のどかな田園風景が続く平和な地方都市で一つの忌まわしい事件が発生した。

このエントリーをはてなブックマークに追加

495名無しのオカルト 2009/05/05(火) 01:09:32 ID: ID:McgXl8Bm0

妻の実家があるタイの東北部、イサーン地方。
ここはのどかな田園風景がどこまでも続く平和な地方都市で、
良く言えばのんびりとくつろげる田舎町。
悪く言えば田んぼと畑しかない退屈な農村でもある。

そんな田舎町で今から約20数年前に一つの忌まわしい事件が発生した。
乳幼児を連れた若い夫婦が農作業の為に畑へ行き、
近くの木に吊るしたハンモックに子供を寝かしつけておいたのだが、
しばらくして様子を見に行くと、
そこで寝ているはずの子供が忽然と姿を消していたのだ。

慌てて付近を探し回ったものの、
乳幼児が一人で移動できると思われる範囲内では
見つけることが出来なかった。

ふと嫌な予感がして畑に隣接する深い森の入り口まで走っていき、
その森を少し入った薄暗い茂みの中まで探しに行くと、
かつて見たことも無いほどの巨大なヘビが横たわっていて、
そのヘビのお腹が不自然なほど膨らんでいることに気がついたのだ…。




 

【オカルト】家のすぐ真後ろから赤ちゃんの泣き声が聞こえた時は怖かった。赤ちゃんはいないから。

このエントリーをはてなブックマークに追加

393名無しのオカルト ID: ID:zon

道での遭遇はないけど
赤ん坊いるはずのない地域やのに家のすぐ真後ろから赤ちゃんの泣き声が聞こえた時は怖かった
恐る恐る見に行ってもいないし通行人に尋ねても知らんって言われた




 

【オカルト】親が魔物に憑かれているかもしれません。だからどれほどひどい目に遭わされてもなんか可哀想になる。

このエントリーをはてなブックマークに追加

44名無しのオカルト 2016/10/16(日)10:30:07.84 ID: tZl6mnHJ.net

親が魔物に憑かれているかもしれません
(親本体を魔物にしたくない希望的観測かもしれないけど)
どれほどひどい目にあっても、なんか可哀想という感情がわくのは、親がただの器だからかも
なんか可哀想のせいで延々と被害にあってるわけですが




 

【オカルト】日曜日に変なことが2つあった。空にエイが飛んでいて庭に岩があったことと、顔に包帯巻いた四つん這いの女のこと。

このエントリーをはてなブックマークに追加
762 :親父と俺と滝川 ◆5p0n1VPOcc :2006/07/12(水) 21:41:43 ID:lsHNp6g00
前の日曜の話

変な夢を見た。
空にエイが飛んでいて、珍しく思った俺は近づいて見にいく。隣に誰かいたような気がするが覚えていない。
空を飛ぶエイだと思っていたものは、エイなんかより怖いヤツだった。
ヒラヒラして風に乗ってんだけど、異様に身体が大きくて多分五メートルくらいあった。
ヒラヒラする黒い畳に頭がついてて、その頭というか顔が異様に怖かった。メガテンのフラロウスに似てんだけど
とにかく目が青く光ってて恐ろしい。そいつが追っかけてきて必死で逃げてるとこで目が覚めた。
前の日がハードスケジュールだったせいで起きたらまだダルかった。メシでも食おうと思ったら親父が庭で空を見上げてる。
庭には、なんか見覚えのあるでかい岩があった。ていうかせまい庭の真ん中に岩があって洗濯物がほせない。
なんかあったか聞いたら、空に怪物がきてコエェと思ってたら岩が落ちてきてその怪物を潰してしまったらしい。
「飛行機事故かなあ」と親父が言ってたけど、近所の人も全く騒いでないのでそれはないだろうと思った。
どんな怪物かきいたら案の定夢に出てきたアイツだった。
とりあえず岩には酒をかけておいた。ちょっと感謝したのでボンベイサファイアのボトルをかけてやった。
七月から八月は忙しいそうで、滝川クリステルたちはしばらく出かけるらしい。ていうか家にいたのかよ。
親父が言うには、なんか待ち合わせ場所的に使われていたらしい。事務所になってなくて安心した。
日曜日はもうひとつある。



【ほんのり】地元に伝わる怪談「白い手」 その手に掴まれると生命を吸われるとか死ぬとかそんな話。そして俺の右手は……

このエントリーをはてなブックマークに追加

97名無しのオカルト 2013/09/01(日) 13:59:55.32 ID: ID:H5f1W9Pd0

あまり怖くはないと思うが、俺が怪異に遭った唯一の体験を語ろうと思う
長いので、苦手な人はスルーでお願いする

俺の地元には「白い手」っていう怪談があった
小中学校のころは周りみんな知ってたからかなりポピュラーな話だと思ってたんだが
大学(実家からチャリで30分くらいの距離)の友達は誰も知らなかった
かなり限定的な地域でだけ有名な話だったみたいだ
どういう話かというと、「白い手」は月の明るい夜(満月とか何とかは関係なく、ただ明るければいい)
にしか現れない怪異で、明るい月に照らされて影になった部分、
つまり夜の闇がさらに濃くなった部分から白くて細い手が伸びてくるというもの
その手に掴まれると生命を吸われるとか死ぬとか、そんな話だった
ありがちなおまけとして、これを退けるための呪文みたいのもあったんだが、それもすっかり忘れてしまった

と、ここまでが前置き
こっから先は俺が高校一年生の時に体験した話




 
ギャラリー
  • 【風習・信仰】宗教画はキリストをホワイトウォッシュせず復元図を元に描け!
  • 【不思議な話】見たこともないような綺麗な深い青色で、光が当たると七色に輝く小さな蛇を見た 【爬虫類画像注意】
  • 【怖い話】由来を知ると怖い地名・心霊スポットスレ 『帷子ノ辻』『田原坂』
  • 【怖い話】由来を知ると怖い地名・心霊スポットスレ 『帷子ノ辻』『田原坂』
  • 【怖い話】由来を知ると怖い地名・心霊スポットスレ 『帷子ノ辻』『田原坂』
  • 【怖い話】由来を知ると怖い地名・心霊スポットスレ 『帷子ノ辻』『田原坂』
最新コメント
オススメ記事(外部サイト)
お問い合わせ
オカルト速報へのお問い合わせはこちらのフォームからお願い致します。
スポンサードリンク
記事検索
RSS & ソーシャルリンク

オカルト速報RSS オカルト速報Twitter

スポンサードリンク