この国では、柱を強化するという目的で人柱を立てる習慣がある。コンクリートの中に人を生きたまま塗りこめてしまうんだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

引用元: ・死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?284

256: 1/2 2011/11/21 22:36:57 ID:GQOwCyFW0

『いわて怪談奇談珍談』という、岩手の地元紙・岩手日報が編纂した文芸書がある
この本は岩手日報に寄せられた怪談・奇談を一冊の本にまとめたもので、その大半は如何にも民俗学の故郷である岩手らしく
人魂を見ただの狐狸妖怪に化かされただのというごくごく牧歌的な話なのだが、その中に少し異様な話があったので紹介





その話の体験者(女)は、以前インドネシアのジャカルタに、夫と共に住んでいたことがあったそうだ
夜も摂氏27度を超える熱帯夜。防犯対策のため、鉄格子がはめられた窓の外には薄ぼんやりとした電灯が光っていた

深夜のこと。突然、隣で寝ていた夫が「なんだ! 誰だ、そこにいるのは!? 帰れッ!!」と振り絞るような大声で喚いた
体験者は死ぬほど驚いたそうだが、揺り動かしてみると、夫は「窓と壁の間に白い女の顔が写った」と証言したそうだ
無論のこと、そこには誰もいやしなかった。その日は悪夢にうなされただけと片付けたそうだ

しかし、それから四、五日経ってからの夜半、再び夫は件の白い顔の女の悪夢にうなされたのだという
どうやら夫の話によると、その顔は「女」と言うより「女の子」のものだったのだという。それが何日も続いた

そんな日が続いたある日、研究目的でインドネシアに十年以上も滞在するイギリス人が、妙なことを語ったのだという



部活の先輩の家に遊びに行った時、先輩が何かに取り憑かれたように豹変して 襲いかかってきたらしい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

引用元: ・死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?284

236: 本当にあった怖い名無し 2011/11/21 17:35:53 ID:BiYvZ+1L0

友人のT野が体験した話。
部活の先輩の家に遊びに行った時、先輩が何かに取り憑かれたように豹変して
襲いかかってきたらしい。
俺はT野と同じ部活でその先輩の事もよく知っているのだが、普段の先輩の性格から
考えるとそんなことするような人とは思えない。T野の話が本当ならやはり何かに
取り憑かれてしまったのだろうか。
T野の体験談を詳しく説明すると、部活の練習が終って帰る時に先輩に家に来ないか
と誘われたらしい。先輩がT野を家に誘うのは初めての事だったので、突然誘われた
T野は少し不思議に思ったが、仲の良い先輩だったので家に行く事にしたという。
ちなみにT野の話によると先輩の家はすっごいおおきいらしい。

事件から1週間後の日にその人の車が現場近くの森で見つかったらしい。何十年も放置されたみたいにサビサビの状態で。

このエントリーをはてなブックマークに追加

引用元: ・死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?284

160: 本当にあった怖い名無し 2011/11/20 00:28:09 ID:q1GqTJ670

初めて書き込みます

自分はその場には居なかったけど実際に起きた事です。

高校3年の頃に地元の2つ上の走り屋
の先輩達を見掛けたから挨拶に行った時に聞いた話し
1週間前に先輩方3人、1人1台づつの3台で愛知県の矢作ダムに走りに行ったらしいのですが警察が来て走れなくなったから帰りに寄り道をして心霊スポットの旧伊勢神トンネルへ行く事にしたらしい

自分も何回も行った事あるけどトンネル内は真っ暗で怖いけど土曜の夜だと人が結構いて怖さ半減、霊感ある奴なんて居ないから何も見た事はない

先輩方は1台づつライトを消してトンネルを通り、トンネルを抜けたらハザードで合図しようって事になった

他の家族にも確認したが、俺が入浴中に話しかけた人はいなかったそうだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

引用元: ・死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?284

91: 本当にあった怖い名無し 2011/11/18 02:55:10 ID:EvykPj7Ri

流れ切って申し訳ないですが、投下しちゃいます。
もうここ数年はめっきりなくなったんだけど当時、俺の家って毎日がお化け屋敷状態って時があった。

大抵は家の風景に溶け込んでて一瞬見ただけなら全然違和感を感じないの。後から思い返してあれっ?って思う事が多かったかな。

元々家の周りは竹やぶでさ、今住んでる家が建った直後も周りに他の家なんて建ってなくて木とか竹が鬱蒼としていた。
ちょうど家を建てた場所が狸の巣があったとかで、そんな場所を潰してまったのも関係あるのかな?
何気なく二階のベランダから外を見下ろすと少し大きい狸が家をじっと見てた時が何回かあった。

結構色んな物を見たんだけど全部話すときりがないので印象的な出来事を書かせてもらいました。
よく遭遇するのが、家族の姿をしてるけど全く違う者の接触。



波も全くない凪の海。俺たちは恐らくその時点で絶命しているであろうその年配の男性を浜まで引いて戻りました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

引用元: ・死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?284

74: 本当にあった怖い名無し 2011/11/18 00:32:16 ID:Mg97QWWv0

10年近く前の悪ノリが今年ある意味再発して怖かったので投下してもいいでしょうか。

だいたい10年くらい前に大学のサークルの夏合宿で千葉の内房のあるビーチに行きました。
登場田舎から出てきた俺は土地勘もそれ程なく、外房が波があって内房は穏やかだとか、そう言った知識はありませんでした。

そんな内房の海にサークルできて、海にい行っても波もなく、地引網とかが行われている横でチャプチャプしていました。

そんな折、地引網漁船の漁師が
「おい!溺れてるぞ!!」と叫びました。
それは俺達のいるすぐ横、波も全くない凪の海。俺たちは恐らくその時点で絶命しているであろうその年配の男性を浜まで引いて戻りました。



ギャラリー
  • 【不思議な話】左目の近くに子供の頃につけた小さい傷ある。この傷には面白い話がある……
  • 【ほんのり】頭でボヤって考えてた事がスマホの広告に出てくるのが怖い。検索したのならわかるが。
  • 【ほんのり】「口笛は近所迷惑です」と印刷された貼り紙が2枚電柱に貼られていたのが事の発端 【画像あり】
  • 【ほんのり】「口笛は近所迷惑です」と印刷された貼り紙が2枚電柱に貼られていたのが事の発端 【画像あり】
  • 【ほんのり】「口笛は近所迷惑です」と印刷された貼り紙が2枚電柱に貼られていたのが事の発端 【画像あり】
  • 【ほんのり】「口笛は近所迷惑です」と印刷された貼り紙が2枚電柱に貼られていたのが事の発端 【画像あり】
最新コメント
オススメ記事(外部サイト)
お問い合わせ
オカルト速報へのお問い合わせはこちらのフォームからお願い致します。
スポンサードリンク
記事検索
RSS & ソーシャルリンク

オカルト速報RSS オカルト速報Twitter

スポンサードリンク