Aはその間ずっと祠を触っていた。 俺的には怖いのは祠じゃなくてAだった。

このエントリーをはてなブックマークに追加
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1277902734/

死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?244

37: 本当にあった怖い名無し 2010/07/01 14:12:37 ID:vGoUTmEV0

小学三年の頃体験した話。
俺が通っていた小学校には裏山というものがあるんだが
人が入れないようにフェンスが張ってあった。
ある時俺の友達のAが探検ごっこかなんかの遊びで
フェンスに家から持ってきたペンチで穴をあけて山の中に入った。
俺も面白半分で中に入った。
入ってみると中は竹が凄く生えていて昼間なのに凄く薄暗かった。
奥に行って見ると広い場所に出た。
その真ん中に小さな祠(この辺りはあまりおぼえていない)みたいな物があった。

「そこで何してる」とさっそく声をかけたけど、返事が無い。 そこは増水したら水が流れるし、まず人が入り込むような場所じゃない。

このエントリーをはてなブックマークに追加
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1277902734/

死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?244

24: 本当にあった怖い名無し 2010/07/01 03:35:03 ID:GuvzssgbO

昔配水管の点検するアルバイトしてた。地下に潜って管に異常は無いか調べる仕事。
ちょっとした冒険みたいで毎度ワクワクしながら働いてた。

まだ始めたての頃、管に潜ると人がいることがあるから気を付けろって先輩に言われた。
人を見つけたらまず声をかけて、何も言わず逃げていく奴は絶対に追うなと。
何度か潜って分かったけど、場所によっては人が住めるような管があって住み着いてる浮浪者に遭遇することもあった。
浮浪者はまあ安全なのだけど、その頃はまだ左翼の過激派なんかがぼちぼち活動してた頃で
過激派が居住してたらしき跡も見つけたことがある。今思うに結構危険な仕事だった。


深夜ネトゲやってたときの話 シーンが変わって一瞬ブラックアウトするんだけど 自分の顔が映って「うわキモ」って思ったんだけど 一瞬で鳥肌たった

このエントリーをはてなブックマークに追加
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1279120958/

死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?245

949: 本当にあった怖い名無し 2010/07/27 10:57:59 ID:8k9hZ9dN0

深夜ネトゲやってたときの話
シーンが変わって一瞬ブラックアウトするんだけど
自分の顔が映って「うわキモ」って思ったんだけど

一瞬で鳥肌たった


そして青になる瞬間、耳元で声がした「乗せてくれるの?」

このエントリーをはてなブックマークに追加
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1279120958/

死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?245

946: 本当にあった怖い名無し 2010/07/27 03:23:44 ID:3BN2d3QmP

寝れなくなったから今朝の出来事を…


いつもの様に車で会社に向かう途中
大きな交差点の信号に捕まったんだ。

信号待ちで暇を持て余してると
同じく信号待ちをしているハイエースに目が止まった…

丁度フロントガラスが見える辺り
斜め後ろに止まっていたそのハイエースには
運転席、助手席、そしてその間にもう一人座ってる人が居た

見るからに土方の人達が乗り合わせてる車なのに
その運転席と助手席の間に座ってる人は女の人だった

不思議に思いながら良く見ると、その女の人の目は黒目しかなく
体をユサユサと揺らし口元は何事かを呟いてた
/div>

「あー、あんなに髪の毛が伸びてちゃあ、そりゃ引っかかるよ」

このエントリーをはてなブックマークに追加
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1279120958/

死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?245

895: 本当にあった怖い名無し 2010/07/26 02:00:35 ID:g73wQM9n0

2年くらい前の話。
友人のOが自分で作った怖い話を携帯小説でやっていた。
確か、水溜りの怖い話とか、クローゼットの怖い話とかを書いていたと思う。
私は彼のその小説を暇な時に読んで、「ははは、よく考えるなーw」と思っていた。
だけど、その小説のある話で、私は「え?」となった。

その話は、釣りの話だった。
話の内容はこうだ。

釣りを終えた男性の前に、釣り人であろうおじさんが現れる。
おじさんは男性の隣で釣りの準備を始める。
そのとき、ハリにつけるのが餌ではなく、人形なのだ。
男性は「それは何ですか?」と尋ねると、おじさんは「囮」という。
男性は気味が悪くなったが、興味本位で聞いた。「何を釣るのか?」と。
おじさんは黙ったまま、日が沈んだ海に指を差す。
その先には、白い手があった。それを横目に、おじさんは言った。
「アレを釣るんだ」

こんな感じで話は終わるのだが、私は読み終えた時、
「これは作り話ではないのでは?」
と何となく思い、友人のOに聞いてみることにした。
Oは「あー、あの話・・・・・・」と頷きながら、苦笑いした。
それから、「あの話は俺の体験談を元にして作ったモノなんだ」と言った。
私は、その元になった体験談ってのが気になって、どういうのか聞いてみた。
Oは少し悩んだ後、話し始めた。



ギャラリー
  • 【オカルト】ある夜突然「いますぐ死ななきゃ」と思った。本当に頭に直接入ってきた言葉でした
  • 【オカルト】地球は無限平面。自ら調べたらフラットアースぐらいすぐに分かること。
  • 【オカルト】地球は無限平面。自ら調べたらフラットアースぐらいすぐに分かること。
  • 【オカルト】地球は無限平面。自ら調べたらフラットアースぐらいすぐに分かること。
  • 【オカルト】ゾルタクスゼイアンが何か覚えてる? 近頃のいろんな都市伝説『電磁波と地震』『アマビエの顕現』
  • 【オカルト】ゾルタクスゼイアンが何か覚えてる? 近頃のいろんな都市伝説『電磁波と地震』『アマビエの顕現』
最新コメント
オススメ記事(外部サイト)
お問い合わせ
オカルト速報へのお問い合わせはこちらのフォームからお願い致します。
スポンサードリンク
記事検索
RSS & ソーシャルリンク

オカルト速報RSS オカルト速報Twitter

スポンサードリンク