【オカルト】風で開くとか、半開きになってて勝手に開くのは有り得ないドア。今までも1回しか自然と開いたことはなかった。その1回がお爺さんの49日だった。

このエントリーをはてなブックマークに追加

midashi

103
以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2017/07/09(日) 14:26:45.862 ID: ID:AAfRo54q0.net

>>99
ありがとう

これも実体験の話

亡くなった父方のお爺さんが亡くなって、昔の田舎やからお爺さんの家でお通夜もお葬式もした
49日も家に皆が来てくれて49日の日程をこなしてた
この家には台所に通じる勝手口があるその勝手口は成人女性でも開閉に全体重かけて思いっきり引っ張って開けたり、思いっきり押し込んで閉めたりしなくちゃいけない。続く




【オカルト】「人が死んだところで怪談してるとやばくない?」 「やめようか?」「やめよう やめよう」と話してた

このエントリーをはてなブックマークに追加

midashi

111
本当にあった怖い名無し@\(^o^)/2016/03/21(月) 21:33:51.92 ID: ID:lvorYD0o0.net

856 名前:名無し 投稿日:2001/01/28(日) 13:02
実話のはずの話

10年以上前、鳥取から東京への修学旅行の帰り、山陰本線(?)だかの寝台列車で。
夜中、日本一高いっていう鉄橋を通りました。その2~3年前に強風で列車が脱線、下に落ちて何人か亡くなった場所です。
寝台車のベットで寝れなくて4人で怪談してた友達が、
「人が死んだところで怪談してるとやばくない?」
「やめようか?」「やめよう やめよう」
と、話してたところ、
「そうしたほうがいい」
という男の声がきこえたそうです。慌てて周りを調べたが、近くにいた人はいなかったため、パニックになり、
「やばいよ、まじで止めよう」「そうだな」「止めよう」
と話したところ、
「そうしろ」
という声が聞こえたそうです。速攻逃げて別の、友達のベットで寝たそうです。

声は列車の窓際下の空間からしたそうです。

じゃんじゃん


【ほんのり】とある本をパラパラめくっていたところ ページの真ん中くらいに横向きに顔が大きく描かれてました

このエントリーをはてなブックマークに追加

midashi

523
本当にあった怖い名無し@\(^o^)/2017/04/09(日) 20:34:32.27 ID: ID:EdlxOBs20.net

そんなに大袈裟な話でもないのでさらっと書きます
中学時代の話なのですが
教科担任が休みで代行の先生が来たのですが
その先生も普段教えない教科で面倒だったのか、その時間は図書室で自習という事になりました
自分も他の子と同じように本を物色していたのですが
とある本(タイトル覚えてません、大判の図鑑だったと思います)をパラパラめくっていたところ
ページの真ん中くらいに横向きに顔が大きく描かれてました

【オカルト】一番小さい音量でCDをかけていたら突然スピーカーからおっさんの声で「うおぁぁあああああああ!!」と絶叫が……

このエントリーをはてなブックマークに追加

midashi

219
本当にあった怖い名無し2012/01/29(日) 06:07:20.22 ID: ID:0QkLJg980

10年前初めての一人暮らしにウキウキしながら心霊スポットで有名な街に引っ越した
オカルトは好きだけど霊感もないし娯楽として楽しんでるレベル
入居して4.5ヶ月あたりから怪現象が起こるようになった
1Kのキッチンから子供のペタペタという足音が聞こえてきたり
朝トイレに入ろうとしたら鍵がかかっていたり(10円玉で開けた))
寝ようと思って電気を消すと部屋中からパシンパシンと家鳴りが始まった
無視してるとより一層大きい音で「パシィィィィィン!!」と鳴るので心臓がキュっとなって
朝5時まで眠れない日々が続いてすっかりまいってしまった
金縛りも毎日




 

【都市伝説】『鉤手の男』 助手席に回りこみ、彼ははっと息を呑んだ。助手席のドアのレバーに血だらけのフックと……

このエントリーをはてなブックマークに追加

midashi

805
あなたのうしろに名無しさんが・・・ ID:

The Hook 鉤手の男

「某精神病院から凶悪な男が逃げ出しました.その男は片腕にフックを
着けているのが特徴です.見かけた方はすぐ警察に...」と緊急放送
がカーステレオから聞こえてきた.「それって近くじゃない.早く帰り
ましょう.」と少女は行った.少年はせっかくいい雰囲気なのに,と思
い,「もう少しいようよ」と言った.しかし,少女が意見を変えないの
でしぶしぶ従った.実は彼もさっきから車の周りをだれかがまわってい
るような気がしていたのだ.少年は車を急発進させ,彼女の家に向かっ
た.彼女を車から降ろすため,助手席に回りこみ,彼ははっと息を呑ん
だ.助手席のドアのレバーに,血だらけのフックとそれが引き千切られ
たときについたと思われる肉片がぶら下がっていたのだ.




 
ギャラリー
  • 【オカルト】昨年引っ越してきたこの部屋。これといって何もなかったんだけど、昨年暮れにトイレのドアのわずかな隙間に……
  • 【都市伝説】コカ・コーラに関する都市伝説「原液をためておくコンクリートのタンクがぼろぼろになってる」「昔はコカインが入ってたが規制された」
  • 【オカルト】「庭に女の子がいる」と告げると、母親は突然腰を上げて「咲江ばあさんのところに行かなきゃねぇ~」とか言い出した  咲江ばあさんは数年前に死んでいる
  • 【怖い話】「次に来る快速電車に乗りたいから何とかして停めてくれ」と無理を頼まれ、裸で線路に突き落とされた
  • 【オカルト談義】徳を積んでいないとヤバイ霊に呼び寄せられる? 前世が複雑に絡んであえてそこにいく? そんなのあり得ない?
  • 【ほんのり】母親の手には血まみれになった包丁が握られており、母親はニタニタと常軌を逸した表情で笑って座り込んでいる。
最新記事
最新コメント
オススメ記事(外部サイト)
お問い合わせ
オカルト速報へのお問い合わせはこちらのフォームからお願い致します。
スポンサードリンク
記事検索
RSS & ソーシャルリンク

オカルト速報RSS オカルト速報Twitter

スポンサードリンク