【山の怖い話二篇】落ちていた真新しいはずの缶コーヒー / 2人ともこちらを振り向き、ニヤ~って笑ったんでフルスロットルで逃げた

このエントリーをはてなブックマークに追加

114名無しのオカルト 2010/07/12(月) 20:39:45 ID: ID:ijsPwNau0

まあオカルト板だけに、偶然の一致で言葉遣いが殆ど同じな反コテハンの人が
現れただけかもしれないし~(棒読み)


山と言うよりは自衛隊演習場の話。

4~5年前、クマザサが生い茂った中を歩いている最中、足下に真新しい缶コーヒーが
落ちているのを発見した。「誰か落としたのかな~」と思って手に取ってみたが、よく見る
とその缶コーヒーは「プルタブが取れる」タイプの、古い缶コーヒーだって事に気づいた。
今日日、こんなタイプの缶コーヒーないよな・・・と不気味になって(銘柄に関する記憶は
曖昧だけど、多分UCCだったと思う)そのまま捨てた。
長年雨ざらしになった形跡もなかったし、ありゃなんだったんだろうか・・・製造年月日とか
確かめておけば良かったと今になって後悔。




【洒落怖名作】 1台のキャンピングカーが停車した。これが、あの忘れえぬ悪夢の始まりだった。『ヒッチハイク』【関連動画あり】

このエントリーをはてなブックマークに追加

836名無しのオカルト 2009/12/24(木) 22:12:17 ID: ID:NNdtlw3F0

今から7年ほど前の話になる。俺は大学を卒業したが、就職も決まっていない有様だった。
生来、追い詰められないと動かないタイプで(テストも一夜漬け対タイプだ)、
「まぁ何とかなるだろう」とお気楽に自分に言い聞かせ、バイトを続けていた。
そんなその年の真夏。悪友のカズヤ(仮名)と家でダラダラ話していると、
なぜか「ヒッチハイクで日本を横断しよう」と言う話に飛び、その計画に熱中する事になった。

その前に、この悪友の紹介を簡単に済ませたいと思う。このカズヤも俺と同じ大学で、
入学の時期に知り合った。コイツはとんでもない女好きで、頭と下半身は別、と言う典型的なヤツだ。
だが、根は底抜けに明るく、裏表も無い男なので、女関係でトラブルは抱えても、男友達は多かった。
そんな中でも、カズヤは俺と1番ウマが合った。そこまで明朗快活ではない俺とはほぼ正反対の性格なのだが。

ヒッチハイクの計画の話に戻そう。計画と行ってもズサンなモノであり、
まず北海道まで空路で行き、そこからヒッチハイクで地元の九州に戻ってくる、と言う計画だった。
カズヤは「通った地方の、最低でも1人の女と××する!」と女好きならではの下世話な目的もあったようだ。
まぁ、俺も旅の楽しみだけではなく、そういう期待もしていたのだが…
カズヤは長髪を後ろで束ね、一見バーテン風の優男なので(実際クラブでバイトをしていた)コイツとナンパに行って良い思いは確かにした事があった。
そんなこんなで、バイトの長期休暇申請や(俺は丁度別のバイトを探す意思があったので辞め、カズヤは休暇をもらった)、
北海道までの航空券、巨大なリュックに詰めた着替え、現金などを用意し、計画から3週間後には俺達は機上にいた。
札幌に到着し、昼食を済ませて市内を散策した。慣れない飛行機に乗ったせいか、
俺は疲れのせいで夕方にはホテルに戻り、カズヤは夜の街に消えていった。
その日はカズヤは帰ってこず、翌朝ホテルのロビーで再開した。
にやついて指でワッカをつくり、OKマークをしている。昨夜はどうやらナンパした女と上手く行った様だ。




 

【オカルト】気がつかないうちに自分が死んでいる、ということも、まあ、ありますかね【石じじい】

このエントリーをはてなブックマークに追加

226名無しのオカルト 2018/10/26(金) 07:30:26.38 ID: ID:Ay9Icf9y0.net

「2,000mない山で遭難するわけないじゃん」とピクニック気分で出かけたヨーロッパのアルピニストが泣きながら帰ってきた(実話)




 

【オカルト】怖い映像貼ってクレメンス

このエントリーをはてなブックマークに追加

124名無しのオカルト 2019/02/28(木) 02:30:00.34 ID: ID:uLfbp9zO0.net

怖い画像とか怖い映像貼ってクレメンス!!!




 

【ほんのり】趣味で出会った友達3人、霊能力者なんじゃないかと思う。はぐらかされるけど、俺が見たのは除霊じゃないのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

161名無しのオカルト 2015/03/17(火)12:13:27 ID: ID:p4k

俺含め男女二人ずつで小旅行に出かけたときの話。
オカルト以外の趣味で出会った友達なんだけど、住んでいるところがわりと近いのと、年齢も近かったから仲良くなった。飲みに行ったり出かけたりね。
で、何回か趣味関係で会ううちに、俺は他3人が霊能力者なんじゃないかなって勝手に思ってた。
A子はじっと何かを見ているようなことがあったし、B男も何かを避けているみたいに見えたことがあった。C美については後述。

オカ板まとめはよくみてるんだけど、周りにホンモノがいるなんてなぜか思わないんだよな。
その小旅行自体は、オカルトとは全く関係なかった。
運転は俺とB男、C美がなんとなく替わりつつやった。ちょっと自然をみて、その土地の小さい市場みたいなところに来たとき、C美が鼻をスンスン言わせてた。
花粉症でムズムズするときとか、変なにおい嗅いだ時に「くさっ」ってなってるみたいな。どうしたのかきいたら、なんか焦げ臭くない?と
いや別にって言ったら、じゃあ気のせいだって言ってその仕草をやめたんだけど、俺は出来心で「あ、やっぱするわ」って言ってみた。
やっぱり?とC美が言うんで、どこからだろうなーってきょろきょろしてみたら、C美がこっちだって歩き出した。
全然何もない場所だった。市場からちょっと離れて、森に入る前で、みたいな場所。でも何もなかった。砂利だったし。
「ここで野焼きでもしてたのかねー」なんてC美は言ってたけど、すごく具合が悪そうだった。ちなみに俺は森の香りしか感じなかった。
C美は前から鼻をよく抑えていて、あまり言わないけど、変なにおいを感じているらしかった。
ともかく、砂利の場所には何もなかったので、俺とC美は市場に戻り、ABと合流した。俺はことあるごとにC美と二人になろうとしていた。仲良くなる前、話の流れでC美がちょっとビッ○だって知ったので、下心で。
市場で食料を調達して、安く借りられたペンション的な何かに着いて、B男とC美の料理(A子は料理できない。俺もできない。)を食べて酒飲んでトランプして喋ってなんとなくAB、俺Cでちょっといい雰囲気になったような気がした。




 
ギャラリー
  • 【不思議な話】山の大きな生き物たち 『あれは山の神様で、御礼に俺を丈夫にしてくれた』
  • 【オカルト】オカルト板に最恐の心霊画像が貼られる……幽霊が見えるからやばいってわけちゃう、写真そのものの怨念
  • 【オカルト】オカルト板に最恐の心霊画像が貼られる……幽霊が見えるからやばいってわけちゃう、写真そのものの怨念
  • 【オカルト】オカルト板に最恐の心霊画像が貼られる……幽霊が見えるからやばいってわけちゃう、写真そのものの怨念
  • 【オカルト】オカルト板に最恐の心霊画像が貼られる……幽霊が見えるからやばいってわけちゃう、写真そのものの怨念
  • 【オカルト】オカルト板に最恐の心霊画像が貼られる……幽霊が見えるからやばいってわけちゃう、写真そのものの怨念
最新記事
最新コメント
オススメ記事(外部サイト)
お問い合わせ
オカルト速報へのお問い合わせはこちらのフォームからお願い致します。
スポンサードリンク
記事検索
RSS & ソーシャルリンク

オカルト速報RSS オカルト速報Twitter

スポンサードリンク