サッカー部の川島君

このエントリーをはてなブックマークに追加
62: 毒男 ◆B.DOLL/gBI 2012/06/15(金) 03:23:29.27 ID:JzLJAYKa0 BE:764745784-PLT(12004)

もう10年も前のことです。

サッカー部の高柳君と川島君はとても仲が良くて、いつもまるで双子のように息が揃っていました。
勉強も体育も、一位と2位は絶対にこの二人のどちらかでした。
当然二人はクラスの人気者で、二人が学校を休んだときなんかはまるで火が消えたように寂しかったものです。
私は女子でしたが同じサッカー部で家が近かった事もあり二人とはよく一緒に遊びました。
私自身それが誇らしかったのです。
ちびで体も弱く、勉強だってそこそこといった程度の私にはこの二人と一緒にいられるというのは
それだけで他の人たちに対して優越感に浸れたのです。

これは、たしか小学3年の時のことです。
私たちは近所の小川、(今は区画整備で埋められて無くなっています)に釣りに出かけました。
当時私は誕生日の時に父にねだって買ってもらったインスタントのカメラをいつも肌身離さず持っていました。
そのときもカメラを持っていった私は二人を撮ってあげることにしたのです。
今思えばあのとき写真なんて撮らなければ、カメラなんて持ってこなければあんな事にはならなかったのに…

家に帰って撮った写真を見ていると、あることに気がつきました。
それは高柳君と川島君が並んでいるところを撮ったものでした。
川島君の右腕の少し下、川の水面に人の目のようなものが写っていたのです。
当時の私は心霊写真という言葉は知っていましたが、まさか自分にそんなものが撮れるとは思っていなかったので
「気味が悪いな」
とは思ったものの特に気にも止めませんでした。

サッカー部の練習の時に川島君が右腕を怪我したのはそれから何日か経ったときでした。
市内の小学校数校で行われる大会の最中にボールが腕に当たり骨折してしまったのです。
川島君は入院することになりました。


ある雪山に助手と撮影に行った。

このエントリーをはてなブックマークに追加
59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/15(金) 03:18:57.41 ID:JXAoykzU0

ある雪山に助手と撮影に行った。雑誌の仕事だった。

撮影何日か目に助手が怪我をした。
まだ予定枚数撮れてないので、雪山を降りる事は出来ず撮影を続行した。

助手の怪我は悪化し、何日後かに助手は死亡。
それでも仕事を終えてなかったので山を降りる事が出来ず、泊まっていた山小屋の側に助手を埋め、一人で撮影を続けた。

朝、カメラマンが目を覚ますと、何故か助手の死体が横にある。


死んだばあちゃん

このエントリーをはてなブックマークに追加
46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/15(金) 03:04:37.30 ID:J4ibncVXO

ばあちゃんが死んだ時にさ、心電図っての?
アレがピーと鳴った訳よ。
まぁ、死んだんだから当たり前だけど。
とにかく鳴った訳よ。
「あぁ死んだのか」って思って泣いてたんだけど、じいちゃんは泣かなかった。


ヨリコちゃん

このエントリーをはてなブックマークに追加
43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/15(金) 02:59:23.21 ID:J4ibncVXO

小学校のとき、用務員さんが急用で1度だけ代理の人が来た。
あまり長くは居なかったけど、まあ普通のおじさん。
ただ、妙だったのはすべての女子に「ヨリコちゃん」と話しかける。
「ああヨリコちゃん、気をつけてね、じゃあね」
「違うよー、あたしカナ」
「ヨリコちゃん、元気ないね」
「あたしはメグミ」
つーか、気になってまわりの友達や兄弟に聞いたが、どの学年にも、どのクラスにもヨリコなんて女子はいなかった。


真っ赤なハンドバッグをぶら下げた女

このエントリーをはてなブックマークに追加
32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/15(金) 02:44:56.83 ID:J4ibncVXO

「道を教えてください」
夕方の路地でそう話し掛けてきたのは背の高い女だった。
足が異様に細くバランスが取れないのかぷるぷると震えている。
同じように手も木の枝のように細く、真っ赤なハンドバッグをぶら下げている。
はあはぁと何度もため息なのか呼吸なのか分からない息を吐き、僕に聞いているはずなのに視線はまったく違う方向を向いている。
「あ…あの。どちらへ…?」
やばい人っぽい。
僕は早く答えて立ち去ろうと思った。
「春日谷町1-19-4-201」
「………」
そこは僕のアパートの住所だった。
部屋番号までぴったりと合っていた。


ギャラリー
  • 【ほんのり】独自除霊の効果は? 外国の霊には効く? ファブリーズ、置き型ファブ、プラズマクラスターなど……
  • 【予言】覚醒者に情報来てる? アーノルド、アッサード、毒を撒く計画 → 人口の半分を殺すインフル変異種のこと?
  • 【予知夢】消失した一巡目について。根拠や痕跡はないが一巡目というものが存在していたはず【パラレルワールド】
  • 【オカルト】古墳で大変なものを発掘してしまった / 寺社に入っただけで神仏の強さがわかる / おかしな写真【画像あり】
  • 【オカルト談義】心霊写真って言われるまで気づいたことないし、言われて見ても悪いものを感じたことがない
  • 【オカルト談義】心霊写真って言われるまで気づいたことないし、言われて見ても悪いものを感じたことがない
最新記事
最新コメント
オススメ記事(外部サイト)
お問い合わせ
オカルト速報へのお問い合わせはこちらのフォームからお願い致します。
スポンサードリンク
記事検索
アーカイブ
RSS & ソーシャルリンク

オカルト速報RSS オカルト速報Twitter

スポンサードリンク