【異世界】グランドの隅に下水道に通じるだろう錆びた鉄の扉を見つけた。 興味本位で開けてみると下に続く梯子が見える。

このエントリーをはてなブックマークに追加

midashi


884名無しのオカルト 2015/01/17(土) 11:27:32.50 ID: ID:cqLDyq6g0

804 本当にあった怖い名無し sage 2006/02/06(月) 23:00:25 ID:B5ie6asH0
不思議な記憶と言うか、今でも鮮明に覚えてる記憶。
小学校五年生の夏休み、家の裏手にある大きなグランドで夏休みの自由研究である「身近にいる昆虫リスト」を作ってた。

するとグランドの隅、地面がコンクリになってる場所で、下水道に通じるだろう錆びた鉄の扉を見つけた。
興味本位で取っ手をつかんで開けてみると、下に続く梯子が見える。
それを見た俺は冒険ごっこがしたくなり、すぐさま家に帰って懐中電灯をとってくると、ワクワクしながらその梯子を下りた。

下に着いてみると床は金網になっており、更に下には暗渠があるらしく、小さく水音がしてた。
イヤな臭いがしなかったので下水ではないと思う。
通路は後ろと前の2方向に伸びており、とりあえず正面に歩くことにした。

懐中電灯で足下を照らし、ワクワクしながらしばらく歩くと(たぶん20mぐらい)目の前に鉄格子が現れて行き止まりになっていて、すぐ脇には上に伸びる梯子が設置してあった。
「もっと、凄い物が見れると思っていたのに…」とガッカリしながら梯子を上がった。
「歩いた距離からして道路を挟んだ反対側の空き地あたりでも出るんだろう」と、予想をしながら、ふたを開けて地上に出ると
降りた場所と同じに出て、おまけに夕暮れ時だった。
入ったのは昼過ぎのはずなのに。
なんだか怖くなってきて、とりあえず家に帰ろうとグランドを後にしたんだけれど、何か変。何というか風景が微妙におかしい。
大まかなところは見知った近所なんだけれど、いつも駄菓子を買ってた雑貨屋が見たこともない民家になってたり、公民館が病院になってたりした。
道路標識も見たこと無い変なマークになってた。




 

【ほんのり】フッと画面が変わってSiriの画面になり 殺される と文字が出た。その後自分でSiriを起動して「殺される」と言ったら……

このエントリーをはてなブックマークに追加

midashi


36名無しのオカルト 2018/07/09(月) 21:55:45.96 ID: ID:kC04tOH20.net

怖いというか不思議な話なんですが。

休日にある格闘家のインスタストーリーを見てたんです。
猫と戯れる格闘家の動画で。
フッと画面が変わってSiriの画面になり
殺される
と文字が出たんです。
Siriは無反応で、動画のなかの悪戯かなと思ってしばらくそのままにしていたらインスタストーリーからSiriに変わっていて
「もう一度お願いします」みたいなことをSiriが言ってました。
あれ?なんだこれ?
と思い再度そのストーリーを見たのですが「殺される」の画面は出ませんでした。
ちなみに自分でSiriを起動して「殺される」と言ったら「そんなこと言わないでください」と言ってました。

自分自身がまったく怖くなかったので、いまいち伝わりにくいと思いますが、友人に話したらすごく怖がっていたので、やはり不気味な話なんでしょうか。
なんかのバグかなあと思っています、まだ。




 

【オカルト】同人イベントにまつわる怖い話  『コミケ会場で霊に会う』

このエントリーをはてなブックマークに追加

midashi


1名無しのオカルト ID: ID:???.net

サンクリのときには、周辺の自縛霊が怯えているとか
今はそうでもないけれど、コミケのときには台風それたとか
そんな、同人イベントにまつわるオカルト・怖い話をどうぞ




 

【異世界】きさらぎ駅からこの世界に来た人間だけど適当に書いてく

このエントリーをはてなブックマークに追加

midashi


1名無しのオカルト 2018/08/01(水)00:28:34 ID: ID:9zN

あれから3年が経ったので、過去を振返る意味も兼ねてスレにしてみた。
おーぷんは初めてなので何か手違いがあったならごめんね。
今考えてみれば、あれは自分の妄想だったと片付ければそれで済む話なので、
釣りや捏造としか思えないという方はそれで構いません。寧ろその反応が普通です。
ただ、真夏の宵の小噺として楽しんでもらえたら幸いです。
人が居たら適当に書いてくよ。




 

【オカルト】興信所であった怖い話  絶対浮気してる / 姿見の白い布

このエントリーをはてなブックマークに追加

midashi


452名無しのオカルト 2018/05/09(水) 17:48:33.60 ID: ID:OtVM2ROel

私の父は現在普通の会社員なのですが

その前は興信所で探偵をして、さらにその前は自衛官という、なかなか、ぶっ飛んだ経歴の持ち主です

父は話上手で幼い頃からよく、レンジャー訓練で蛙を食べた話や

浮気調査のターゲットがヤーさんの組員でドスを持って追いかけられただの

色んな話を聞かせてくれました

そんな父が興信所に務めていた時に体験した、2つの怖い話を今回させていただきます。

1つ目の話なんですが、これは父曰く「未だに幽霊の話なのか人間の話なのかは分からないがどちらにせよ気味の悪い話」です。

ある日、父の勤めていた興信所に、見た目は人の良さそうな、おばちゃんが依頼に来たそうです。(以下おばちゃんをOさん)

依頼の内容は「旦那が浮気してるから調べてほしい」という、定番の依頼だった。

当時はバブルという事もアリ、金回りが良かったからか、依頼の8割以上が浮気調査だったそうです。




 
ギャラリー
  • 【異世界】この世界に別世界と接している場所はある、と記録に載っていた。見つけた先輩方はいたんだね
  • 【ほんのり】田んぼに石を投げて一人で遊んでいた。大きめの石を投げたら、おれより下の学年の生徒が歩いてて頭に当たった【後味悪】
  • 【オカルト】白っぽい軍服コスの男性を見て隣の友人に「凄いね、完成度高いよ」と言ったら、そんなコスの人は通らなかったと。
  • 【オカルト】俺は無類の虫好き。そこは鬱蒼としていて街頭の下に虫が集まる。夜の散策はいくつになっても楽しい
  • 【オカルト】二、三ヶ月に一回くらいヒラヒラと白い何かが視界をよぎる。曲がり角、家の窓、バスから見る景色、ありとあらゆる所でだ。
  • 【怖い話】指が落ちてた。細くて色白の、指が道端に落ちていた。 家に帰って引き出しに入れた。あれはどんな人の指なんだろうか。
最新記事
最新コメント
オススメ記事(外部サイト)
お問い合わせ
オカルト速報へのお問い合わせはこちらのフォームからお願い致します。
スポンサードリンク
記事検索
RSS & ソーシャルリンク

オカルト速報RSS オカルト速報Twitter

スポンサードリンク