【怖い話】北海道の湧別にある廃病院に先輩達が肝試しに。1人が「誰かに足を掴まれて動けない」先輩達はビビッてその人を置いて逃げてしまい… | オカルト速報 - オカルト・洒落怖・怖い話・不可思議な話まとめ -

このエントリーをはてなブックマークに追加

引用元: ・ほんのりと怖い話スレ その45

647: 本当にあった怖い名無し 2008/01/23(水) 16:10:57 ID:w5m1yYxFO
これ、北海道でわりと有名な話し。
湧別にある廃墟の村、そこにまだある廃墟の病院。
その病院は他に何もない道路沿いの林の中に「ポツン」とある。

肝試しに行って最初に感じるのはその病院の立地条件の矛盾である。
先に述べたように、道路沿いと言っても林の中にその病院はあり、車では病院の前まで入る事はできない。
そう、林が切り開かれていないのである。

救急車が近寄る事も出来ない病院。

訪れれば分かるのだが
「この病院、どうやって建てたの?」そして「なんの為の病院だったの?」って話になる。


十数年前、俺の彼女の先輩にあたる人が、男女二人づつの四人(A男とA子、B男とB子)で肝試しにこの病院に訪れた。

手を繋ぎ二組のカップルで上の階から徘徊していた。 
これといって特に何事もなく最後の地下の階へと四人は入っていった。 

手を繋いだ二組のカップルで地下室を何部屋か徘徊してた時、B子が突然立ち止まり一言 

B子「ねー‥、何があっても手を離さないよね?置いて行ったりしないよね?」 
B男「ああ、大丈夫だよ。」 
B子「・・・・・」 
B男「どうした?」 
B子「・・・誰かに足を掴まれて動けない」 

その瞬間、それぞれの手を振りほどき、B子を置いていちもくさんに地下室を飛び出し、車へ三人で逃げてきてしまった。 

この三人はビビりまくって一人のB子を置き去りのまま家へと帰ってしまう。

648: 本当にあった怖い名無し 2008/01/23(水) 16:12:45 ID:w5m1yYxFO

翌日の朝、A子は両親に昨夜の事を話した。

B子の両親、担任の先生、A男とB男を呼び出し、警察と一緒に昨夜の病院へと向かった。
病院に着き昨夜の出来事を説明しながら地下室へ行こうとするが、階段が見つからない。

そうなんです、この病院に地下室は始めから無かったのです。

このお話しは、B子の事実上の失踪事件として当時は新聞に載ったらしいです。

651: 本当にあった怖い名無し 2008/01/23(水) 17:18:22 ID:Gc3IOQGQO
>>648
その後B子は、どうなった?

653: 本当にあった怖い名無し 2008/01/23(水) 17:46:43 ID:w5m1yYxFO
>>651
その後B子は見つかっておらず、行方不明のままらしい

657: 本当にあった怖い名無し 2008/01/23(水) 19:11:51 ID:eMFmfLT8O
ちゃんと手をつないで引っ張っていたら無事だったのかな
なんにしても不気味な所に肝だめしに行くなら相手は選ばないといけないのね

PICKUP!

この記事へのコメント

コメント一覧

    • 1. 名無しのオカルト
    • 2016年11月09日 17:53
    • B子は生きたままあの世界に連れてかれたんだろうね

コメントする

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
ギャラリー
  • 【オカルト】「人が死んだところで怪談してるとやばくない?」  「やめようか?」「やめよう やめよう」と話してた
  • 【ほんのり】とある本をパラパラめくっていたところ ページの真ん中くらいに横向きに顔が大きく描かれてました
  • 【オカルト】一番小さい音量でCDをかけていたら突然スピーカーからおっさんの声で「うおぁぁあああああああ!!」と絶叫が……
  • 【都市伝説】『鉤手の男』 助手席に回りこみ、彼ははっと息を呑んだ。助手席のドアのレバーに血だらけのフックと……
  • 【オカルト】視界の端にあるエアコンから巨大な影がゾゾゾと出てきたが視線を向けると何も居ない
  • 【ほんのり】スマホの翻訳アプリを起動させボリビアの公用語に変換して音声再生でエケコの耳元へスマホもっていき延々聴かせてやった
最新記事
最新コメント
オススメ記事(外部サイト)
お問い合わせ
オカルト速報へのお問い合わせはこちらのフォームからお願い致します。
スポンサードリンク
記事検索
RSS & ソーシャルリンク

オカルト速報RSS オカルト速報Twitter

スポンサードリンク