【怖い話】陸軍にいた祖父、中国本土で任務についていると数人の兵士が帰ってこないことがあったという。捜索にでると、ある村の入り口に… | オカルト速報 - オカルト・洒落怖・怖い話・不可思議な話まとめ -

このエントリーをはてなブックマークに追加

引用元: ・ほんのりと怖い話スレ その45

661: 本当にあった怖い名無し 2008/01/23(水) 21:12:07 ID:QaqGS9JOO
俺の祖父は、戦前、陸軍に徴兵されて朝鮮に行っていたのだが、間もなく除隊という頃に廬溝橋事件が起こったため、そのまま中国本土に侵攻するはめになったらしい。当然、除隊は延期。
これは祖父が中国に攻め込んだときの話だが、ある日、祖父の部隊で、偵察に出ていた兵士数人が帰ってこないことがあった。
祖父達が捜索に出たところ、ある村の入口付近にあった柿の木に、いなくなった兵士達の皮が引っ掛けられていた。皮だけだったけど、それが誰なのか分かるほど綺麗に剥がされていたそうだ。 
祖父達が村を捜索したところ、村人の話から、ヒ族の仕業と判明した。ヒ族とはまあ、ゲリラみたいな、盗賊みたいなものらしい。 
村人もヒ族には食料や金を奪われて困っており、討伐に協力してくれることとなったので、村でヒ族を待ち伏せにして、最終的に数十人のヒ族を捕まえることに成功した。

662: 本当にあった怖い名無し 2008/01/23(水) 21:28:32 ID:QaqGS9JOO
当時の司法制度などは知らないが、とにかく、捕まえたヒ族達は処刑することに決まった。
その処刑方法だが、目隠しして、一列に立たせたうえで、列の先頭の奴を銃で撃つ。銃弾は貫通して、数人を貫いたところで止まり、撃たれた奴は倒れる。
そして無事な奴を先頭にまた同じように撃つ。そうやって次々と、全員死ぬまで撃ったらしい。
これは、ヒ族などに大事な銃弾を何発も使うのがもったいないということで、処刑の時などはよく使った方法らしい。
ポイントは、人と人を密着させないこと。密着すれば、それだけ貫通力が弱まり、より多くの弾を必要とするので、適度な間隔を空ける必要があるそうだ。
ちなみに狙いは胸で、一撃で死ねなければ、かなり長い間苦しむことになるらしい。
数年前、祖父が亡くなって遺品を整理していたとき、黒ずんだ薬キョウが出てきて、この話思い出した。
怖くなって棄てたけど、供養したほうが良かったのかなぁ?
薬キョウ発見した時のことすごい鮮明に覚えてるので書いたが、オカルトじゃなくてすまん。

671: 本当にあった怖い名無し 2008/01/24(木) 05:17:42 ID:NzAwUybaO
>>661
村上春樹の小説でそんな話あったな

生きたまま皮をはがれて
失神

でも苦痛で目が覚めて

やっぱ失神

この繰り返しだってな
皮は、それこそ乳首まで綺麗に切り取るらしい

665: 本当にあった怖い名無し 2008/01/23(水) 22:54:56 ID:eQ8b1IXdO
>>661-662
三十八式歩兵銃は、塹壕戦で敵騎兵の馬の大腿骨を砕く目的で造られた。
至近距離で人間を的にして使うと、最初の1人は頭部がブッ飛んだそうな。

PICKUP!

この記事へのコメント

コメント一覧

    • 1. 名無しのオカルト
    • 2016年11月05日 11:50
    • ヒ族ってどこかの部族のことじゃなくて、盗賊やら馬賊の総称である匪賊のことだろう

      前にこの時代の支那匪賊についての本を読んだことがあるけど
      基本盗賊なんで定住している一般人からは忌み嫌われる存在だったらしい
      またコーリャンに隠れて活動するから不意打ちを喰らいやすく捕捉も困難だったそうだ
    • 2. 名無しのオカルト
    • 2016年11月06日 03:51
    • 日本軍って、かなり汚名を着せられてるけど、
      実際は、匪賊やゲリラとの戦いも多くて、
      治安維持活動みたいなものでもあったと思う。
      これで平穏になった中国人もいるはずなのに、
      彼らの中に真実を語る声はほぼ皆無。

コメントする

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
ギャラリー
  • 【オカルト】「人が死んだところで怪談してるとやばくない?」  「やめようか?」「やめよう やめよう」と話してた
  • 【ほんのり】とある本をパラパラめくっていたところ ページの真ん中くらいに横向きに顔が大きく描かれてました
  • 【オカルト】一番小さい音量でCDをかけていたら突然スピーカーからおっさんの声で「うおぁぁあああああああ!!」と絶叫が……
  • 【都市伝説】『鉤手の男』 助手席に回りこみ、彼ははっと息を呑んだ。助手席のドアのレバーに血だらけのフックと……
  • 【オカルト】視界の端にあるエアコンから巨大な影がゾゾゾと出てきたが視線を向けると何も居ない
  • 【ほんのり】スマホの翻訳アプリを起動させボリビアの公用語に変換して音声再生でエケコの耳元へスマホもっていき延々聴かせてやった
最新記事
最新コメント
オススメ記事(外部サイト)
お問い合わせ
オカルト速報へのお問い合わせはこちらのフォームからお願い致します。
スポンサードリンク
記事検索
RSS & ソーシャルリンク

オカルト速報RSS オカルト速報Twitter

スポンサードリンク