【怖い話】彼氏の実家にいくことになり、そこには耳の聴こえない母親が1人棲んでいると。到着してみるとそこはオバケ屋敷のようで… | オカルト速報 - オカルト・洒落怖・怖い話・不可思議な話まとめ -

このエントリーをはてなブックマークに追加

引用元: ・ほんのりと怖い話スレ その48

692: 本当にあった怖い名無し 2008/06/02(月) 03:18:20 ID:2WFPDeRK0
3年前のお盆に、同姓している彼の実家に行った時の事。
彼の実家は大阪で(私たちは東京)、80歳になるお母さんの一人暮らし。
お母さんは60歳頃の時に耳が全く聞こえなくなり、聴覚障害者です。
FAXで連絡し合ってます。
彼は、5年前の離婚以来一度も帰ってないそうです。
着いてまず驚きました。 
お昼頃に到着したのですが、2階建ての家の全ての雨戸が閉まっており、玄関には頑丈そうなシャッターが閉まってました。(決して大きな家では無く小さな家です) 
周りを見てもそんな家は一軒もありません。 
私にはお化け屋敷に見えました。 
私は彼に「お昼頃到着するってFAX出したよねー」 
彼「うん」 
ベルを押すと、お母さんは物凄くでっかい声で「はーい!」と出てきました。(光る仕組みになっている) 

693: 本当にあった怖い名無し 2008/06/02(月) 03:18:59 ID:2WFPDeRK0

中に入って、再び驚き。
あちこちに、張り紙が...。
読むと、゛トイレに勝手に入らないでください゛゛灯油を勝手に持っていかないでください゛゛お風呂に勝手に入らないでください゛等など。
彼が張り紙を剥がし、「これは何?」と筆談すると、お母さんは「誰かが入ってくるねん、大勢の時もある」
と言う。
彼は「ボケてきたかな~」とつぶやいた。
私はお母さんに筆談で、「お父さんにお線香を」
お母さん「2階」
上がったら、再び驚き。
全ての窓という窓に2つの補助の鍵が付いていました。
1階に下り、その事を彼に伝えると、彼は1階を見回りました。
トイレ、お風呂場の小窓(それぞれ20cm×40cm位)にいたるまで、全てに2つの補助の鍵が付いてました。
ですので、家の中は湿気がひどく、カビ臭くて、しかも真っ暗。
彼は全部の鍵を取り、全ての窓を開けて風を通しました。
続く

694: 本当にあった怖い名無し 2008/06/02(月) 03:19:35 ID:2WFPDeRK0
続き
時は過ぎ、夜の11時頃、床につきました。
私たちふたりは、2階の仏壇の有る部屋に布団を敷きました。(もう一つの部屋は物置状態)
彼は運転で疲れたのか布団に入ると5分で大いびき。
私は仏壇側の方なのですが、ぼんやりと仏壇の明かりを見ていました。(他の明かりは消しました)
飾ってあるお父さん(55歳で他界)の写真を見ながら、やさしそうな人だな~、合いたかったな~、等と思っていました。
すると、金縛りになり、左手がゆっくりと上がっていくんです。
私は霊感が強い方で、よく金縛りにあったりするのですが、この感じは初めてで、「んっ?!これってどうなるの?」
などと思っていると、直角近くに上がったら、金縛りが解け、腕はバタンと落ちました。
もしかして、お父さんかしら?
お父さんはお酒が大好きで、毎晩飲んでいたとの事。
私は仏壇のお父さんの写真に向かって心の中で、「今晩はご一緒に飲みましょうか?」と言いました。
1階にある冷蔵庫に、沢山買ってきたビールを取りに行く事にしました。
電気は、階段を下りて直ぐ横のお母さんが寝ている部屋の豆電球しか付いていません。
お母さんを起こしてはいけないと思い、電気を付けずに階段の手すりをつたって下りていきました。
そうすると、お母さんの部屋はガラス戸なのですが、お母さんの枕元の方で明かりが見えました。
戸は半分開いていたので覗いてみると、本を片手に持ったお母さんがこちらを見ています。
えっ?!なぜ?!
顔をガラス戸にくっ付ける位で無いと気付くはずないんですよね。
私はすかさずお母さんに筆談で、「どうして解ったのですか?」と聞いたら、
お母さんは「感じた」と答えました。
私は「眠れないので、ビールを取りにきました、おやすみなさい」と筆談しました。

私は、お母さん本当に何か見ているのかもしれないと思いました。
その後の4日間、いろいろありましたが、それはまたいずれ。

695: 本当にあった怖い名無し 2008/06/02(月) 03:48:42 ID:2WFPDeRK0
692~694です。

ちなみにガラス戸ですが、かなりの分厚いスリガラスです。
まず、見えないです。
自分の手でかざして試したのですが、見えなかったです。

696: 本当にあった怖い名無し 2008/06/02(月) 06:09:30 ID:7NdW6OaDO
>>695
耳の不自由な方が気配に敏感になるのはわかるのですが…勝手に入浴、トイレ使用等はリアルなんですか?
その気配、痕跡のみなんでしょうか?

ボケで片付けるには怖い話です…。

699: 本当にあった怖い名無し 2008/06/02(月) 08:47:28 ID:Q9rRriBf0
聴覚障害のある80歳の母親にひとり暮らしさせて
5年もほったらかしにしてる、その彼がオカルト。
同棲女ひっかける時間はあっても帰省の時間は無かったというわけか。

702: 本当にあった怖い名無し 2008/06/02(月) 13:34:34 ID:iYDQJfD40
ヘルパーをやってたうちの母親によると、結構多いみたいよ。痴呆の親を一人暮らしさせてる子供。

その母に聞いた話。
痴呆の老夫婦が二人暮らししている家の担当になった時のこと。
ばあちゃんはボケてるだけで元気だったんだけど、
じいちゃんのほうは寝たきりだったのでオムツの交換をしなければならなかった。
すると、ばあちゃんがいきなり切れて
「うちのじいさんに色目使うなぁ!!!」
と叫びながら包丁もって母を追い掛け回したそうな。
母は、ほうきで防御しながら何とか家の外に脱出。
ばあちゃんはそのまま精神病院送りとなった。

幸いケガがなかったので警察沙汰にはしなかったが、
その後息子からの謝罪等は一切なかった。

705: 本当にあった怖い名無し 2008/06/02(月) 16:19:03 ID:SQahBkkF0
痴呆になると体はむしろ健康になると思わん?
ストレスから解放されるとかあるのかな?
痴呆老人で知ってる人は長生きだわ


708: 本当にあった怖い名無し 2008/06/02(月) 18:20:48 ID:2WFPDeRK0
692~694です。

彼に、どうしてお母さんの所に行ってあげないの?
と、聞くと、彼は長男(妹が一人)で結婚した相手が10歳年上(38歳)かなり反対されたのですが、
結婚。子供は出来なかった。妹さんにも子供はいません。
話はいつも子供の話しばかりで、お母さんをさけるようになってしまったのだそうです。
10年前より週2日ヘルパーさんに来てもらっています。
妹さんは近くに住んでいるので、ちょこちょこ様子を見に行っています。
双方から、FAXを送ってもらってます。
体は元気で、まだ痴呆では無いとの事です。

お母さんに、一緒に住もうという話しは再々しています。
お母さんは、「お父さんが買ってくれたこの家から絶対離れたく無い」「この土地から離れたくない」
と言いガンとして゛うん゛といってくれません。
遊びに来てくださいと行って、連れてこようとするのですが、とてもいやがります。
近場の温泉にでも一泊と誘ってもいやがります。

同居(東京にて)について、ヘルパーさんと近所の人の話しをしますが、
環境を変えてしまうと、痴呆になるケースが多いそうです。
お母さんの近所の人の親も連れてきたら呆けてしまったそうで、東京の近所の
人も連れてきたら呆けてしまったそうです。
同居はしたいのですが、どうしたものかと、困っています。 

PICKUP!

この記事へのコメント

コメント一覧

    • 1. 名無しのオカルト
    • 2016年11月20日 07:41
    • 誤字がありすぎて、そっちの方が気になる。彼氏の母親が80歳で彼氏はバツイチ。本人もいい年だろうに、ここまで間違える?

コメントする

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
ギャラリー
  • 【ほんのり】日記を読み直してみると、滞在期間中(40日)毎日書いていたはずなのに1日だけ書いてない日があって、何をしていたかも思い出せない
  • 【異世界名作】『ツの点が3つの世界』のような体験をした話をする【パラレル】
  • 【オカルト談義】「広島長崎は幽霊だらけのはずだよね?」 原爆に限らず太平洋戦争は無念な死に方した者が多かろうが……
  • 【信仰・風習】仏教の教誨師を務める住職も死刑囚に親身になってやることが多い。住職が来る日、多くの死刑囚は持てる限りの服で正装をして待つ
  • 【事件】オウム真理教の上祐史浩ってどういう立場なん? 本当は麻原を白い目で見ていたのか?
  • 【ほんのり】またその子供が立ってるのを見かけた。子供の足で追い抜かれる程の距離ではないところで
最新記事
最新コメント
オススメ記事(外部サイト)
お問い合わせ
オカルト速報へのお問い合わせはこちらのフォームからお願い致します。
スポンサードリンク
記事検索
RSS & ソーシャルリンク

オカルト速報RSS オカルト速報Twitter

スポンサードリンク