【オカルト】公園のベンチに腰掛け、読書に耽っているとある違和感に気がついた。雨が降っていないはずなのに、鞄がビショ濡れに… | オカルト速報 - オカルト・洒落怖・怖い話・不可思議な話まとめ -

このエントリーをはてなブックマークに追加

引用元: ・ほんのりと怖い話スレ その101

265: 本当にあった怖い名無し 2014/03/12(水) 12:17:40.13 ID:3ihvEq3s0
四年前の話

中三で数ヵ月後に受験を控えた秋の夜。
中三にして厨二真っ盛りだった俺は、その頃通っていた塾をサボって、夜の七時から十時までの三時間、公園で缶コーヒーを傍らに読書とかしてたわけだ。
その公園って言うのが、回るジャングルジムとか、他の公園ではとっくに撤去されてる遊具なんかも残ってるような、全体的に寂れた感じの所で、街灯も俺が座ったベンチの背後に一本だけ立ってるだけなんだ。
公園の周りは一応住宅街なんだけど、田舎って言うのもあって、車は通っても通行人なんかは一人もいない。
他にもいくつか立派な公園はあったけど、そこだと仕事帰りの両親に見つかる可能性があったから、泣く泣くその寂れた公園を選んだ。

俺は唯一街灯に照らされた三人掛けベンチの左端に腰掛け、小説とMDプレイヤーが入っていた鞄を右隣に置き、読書を始めた。
元々読書が趣味だった俺はあっという間の三時間を過ごし、じゃあそろそろ帰るかと鞄に触れた途端、ある違和感に気づいたんだ。 
雨も降ってないし、湿気もそれほどではなかったにも関わらず、鞄がびしょびしょに濡れていたんだよ。もちろんコーヒーをこぼして気づかないほど鈍くはない。でも、鞄は水が滴り落ちるくらい濡れてた。 

それまで心霊関係に一切縁がなかった俺は、不思議だな~とか、最悪だ~とか思うくらいで、恐怖心とかは全く無かった。 
とりあえず帰ろうと思った俺は、出来るだけ鞄から水を払い自転車のハンドルにかけ、小説はかご、MDはジーパンポケットに押し込んで自転車にまたがり、公園に背を向け、後にしようとペダルに足を掛けた時、背後から差し込む光が一瞬点滅した。 
反射的にベンチの方を振り向くと、さっきまで座っていたベンチの真ん中、丁度鞄を置いていた辺りに、全身ずぶ濡れの女がこっちを向いて座っていたんだ。 

そのときは幽霊だのなんだの考える前に、とにかく関わっちゃいけないと感じ、自転車を全力で漕いで家路についた。

266: 本当にあった怖い名無し 2014/03/12(水) 13:52:53.40 ID:3ihvEq3s0

家に帰ってから色々考えて、あれはもしかしたら幽霊とかだったんじゃないかと怖くなった俺は、誰かに話を聞いてもらいたかったけど、親に言ったら塾をサボってたのがばれてしまうし、友達に相談したら馬鹿にされそうな気がして、極力気にしないように決めた。
でも次の日学校で、自分から相談するまでもなく、クラスは幽霊の話で持ちきりになった。クラスに一人はいるじゃん?自称霊感強い系女子。
クラスメイトのSさんがまさにそれで、男子の中ではよく小バカにいされてたんだけど、一時間目の授業中、Sさんが急に震え出したことに気づいた近くの女子が、「先生、Sちゃん具合が悪そうです」って声をあげた。
先生は授業を中断、Sさんの元へかけより、「どうした?寒いのか?保健室行くか?」なんて、心配そうに 声をかけたのだが、Sさんはただ怯えたような表情で教室の窓の外を指差し、「あのひと、誰が連れてきたの?」と、呟いた。
クラス中の視線が窓に集まったんだけど、当然女が見える奴なんて誰もいなくて、Sさんは一人怯えていた。
Sさんは今までも何度か同じようなことを言っていたので、Sがまたなんか言ってる、という空気になり、対応に困ったのか、先生は一人の女子にSさんを保健室へ連れていかせ、授業を再開した。

休み時間に入って、男子数人でSさんのことをなんやかんや言っていたのだが、俺は気が気じゃなかった。
もしかしたら、昨日の女と関係があるのかもしれない。
俺は気になり、すぐ保健室へと向かった。

267: 本当にあった怖い名無し 2014/03/12(水) 13:55:22.40 ID:3ihvEq3s0

保健室に入ると、Sさんは椅子に座って、おばさんの校医と話をしていたのだが、俺が入るやいなや、また怯えたような顔になって、「Yくん(俺)でしょ?あのひと連れてきたの」と言った。
「窓の外からずっとYくんのこと見てるよ」
もしかして全身ずぶ濡れの女か?と聞くと、
「やっぱりYくんだったんだ。あのひとになにしたの?」
と、まるで俺が悪いことでもしたかのような口ぶりだったので、誤解を解くと言う意味でも昨晩の一件を一部始終伝えると、何かに納得したように頷き、その女に関して色々教えてくれた。
その女の幽霊は事故か何かで死んだ浮遊霊で、たまたま隣に座った俺に気づいて貰ったと勘違いし、ついてきたのだと言う。
そして、窓の外から見ているだけで、室内に入ってこないのは、建物は生きている人間のための空間であり、それだけである程度の結界になっているとかなんとか。
そこに入ってこれないと言うことは、力の弱い霊であるから、見えないなら気にする必要はないらしい。
公園で一瞬見えたのは、きっとその女がその付近で死んだためだそうだ。生命が絶たれるのには膨大な霊的エネルギーがどうたらこうたら(ちゃんと覚えてない)で、とにかく力が出やすいらしい。
とりあえず見た目はともかく、室内にも入ってこれないような弱い霊は気にしなくてもいいと教えられ、それからそのことは気にしなくなった。

ちなみに、その公園と言うのは震災で綺麗さっぱり平地になってしまっているため、もう、あの幽霊の姿を見ることはないのかもしれない。

あれから四年もたって、俺ももう大学生。
四月からは二年生になるわけなのだが、なぜそんな話を今振り返しているのかと言うと、今朝、一人暮らし中のアパートで目を覚ますと、部屋の襖が異様なほどに濡れていたんだ。
もしかしたら、あの女が部屋に入ってこれるようになったんじゃないか。
そう思って怖くなった俺は、大学にも行かず、この掲示板に書き込んだわけだ。

PICKUP!

コメントする

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
ギャラリー
  • 【オカルト】物置部屋整理してたら、クッキーの空き箱に入ってた不気味なお面みつけたんだが…※画像あり
  • 【オカルト】物置部屋整理してたら、クッキーの空き箱に入ってた不気味なお面みつけたんだが…※画像あり
  • 【オカルト】生きたパン、リアルあんぱ○マンは作り出すことが出来る?カナダ人が行った驚きの実験内容とは…
  • 【オカルト】生きたパン、リアルあんぱ○マンは作り出すことが出来る?カナダ人が行った驚きの実験内容とは…
  • 【オカルト】生きたパン、リアルあんぱ○マンは作り出すことが出来る?カナダ人が行った驚きの実験内容とは…
  • 【オカルト】生きたパン、リアルあんぱ○マンは作り出すことが出来る?カナダ人が行った驚きの実験内容とは…
最新記事
最新コメント
お問い合わせ
オカルト速報へのお問い合わせはこちらのフォームからお願い致します。
スポンサードリンク
記事検索
RSS & ソーシャルリンク

オカルト速報RSS オカルト速報Twitter

オススメ記事(外部サイト)
スポンサードリンク