【オカルト】友達がホラー映画を撮影中、部員の1人が「誰かに見られてるような気がする」と。振り向くとそこには… | オカルト速報 - オカルト・洒落怖・怖い話・不可思議な話まとめ -

このエントリーをはてなブックマークに追加

引用元: ・ 洒落にならないくらい恐い話を集めてみない?Part31

803: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/03/29 23:55
真夜中に電話で友人がしやがった話。
そいつの友達のAは映画研究のサークルか何かに入ってるらしいんだけど、ある時ホラー映画を撮影することになったそうだ。
で、美人で有名なCさんという女性を幽霊役に起用した。
撮影はまず、Cさんの自宅をロケ地として行われた。
長い髪を垂らして、白装束(まるでリングの貞子のような格好)を着たCさんを玄関に立たせ、幽霊が家に入ってくるというシーンの撮影から始めた。
玄関に面した廊下に監督のAとカメラのD、演出のMが位置し、Cさんと向き合う状態で撮影は行われた。
撮影中、突然Mが「誰かに見られてるような気がする」と言い出した。
廊下はリビングに繋がっていて、リビングの入り口は簾が掛かっているのだが、Mは「誰かいませんか?」とひたすら言い続けていたそうだ。
Aが振り向いて後ろを向くと、本当に簾から誰かが覗いていた。 
長い髪を振り乱して、服は真っ白の装束のようで…そう、顔は見えないがまるでCさんにそっくりの格好をした人物がそこに立っていた。 
当然AはCさんかと思い、声をかけた。 
だが、玄関からリビングへ繋がっているのはAたちのいる廊下しかなく、Cさんは玄関を離れていないため、まずそんなことはありえない。 
Aが声をかけたのでCさんは何かと思い 
「どうしたん?何かあった?」 
と、もちろん玄関からAに向かって言う。 
Aは何がなんだか分からず、リビングの方を向いたがやはり、Cさんと同じ格好をした誰かがじっと覗いている。 
Mは気分が悪いと言い出し、その場は大パニックになって撮影は中断された。 
Cさんにそのことを言った時には、もうその「誰か」は消えていたらしいけれど、家の中には誰もいなかったそうだ。 
映画はまだ撮影途中らしい。 
それ以来その「誰か」は出現していないそうだが、撮影中、急にカメラの調子が悪くなったり、ライトが消えたりいろんなことが起きているそうだ。 
だがCさん本人は到って何もないそうだ・・・。

805: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/03/30 00:09
>>803 
映画「女優霊」みたいです。

807: 803 03/03/30 00:16
>>805 
かなり同感ですな。 
実話かどうかは知りませんが、真実味はありますた・・・。

PICKUP!

コメントする

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
ギャラリー
  • 【ほんのり】「あの人がお参り行かんからもうすぐ自分は死ぬと思う」って家族に言って、しばらく経ってから本当に亡くなった。
  • 【未解決・オカルト事件】未解決事件、大半が解決済み? 大阪西成女医不審死事件
  • 【オカルト】うちの地域では男の子でも女の子でも必ずあやとりを覚えさせられた。なぜかと言えば山中では「ヨシユキ様」に祟られたときのため
  • 【オカルト】びっくりしたのは、俺もネコの夢を見てたこと。「俺もこんな夢見てたんだよ」って話をしてたらみんな「えぇーー」と驚く
  • 【オカルト】母方の家系にはチラホラ霊感が強い人が産まれるそうで、うちも母と姉と私が霊体験したりしてた。霊感の強い人には共通点があり……
  • 【ほんのり】その頃K子の家には戦争で死んだ人が帰ってきたり、なかなか幽霊が煩かった(本人談)らしく、「またかぁ」程度に思っていた。
最新記事
最新コメント
オススメ記事(外部サイト)
お問い合わせ
オカルト速報へのお問い合わせはこちらのフォームからお願い致します。
スポンサードリンク
記事検索
RSS & ソーシャルリンク

オカルト速報RSS オカルト速報Twitter

スポンサードリンク