【オカルト】友達がホラー映画を撮影中、部員の1人が「誰かに見られてるような気がする」と。振り向くとそこには… | オカルト速報 - オカルト・洒落怖・怖い話・不可思議な話まとめ -

このエントリーをはてなブックマークに追加

引用元: ・ 洒落にならないくらい恐い話を集めてみない?Part31

803: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/03/29 23:55
真夜中に電話で友人がしやがった話。
そいつの友達のAは映画研究のサークルか何かに入ってるらしいんだけど、ある時ホラー映画を撮影することになったそうだ。
で、美人で有名なCさんという女性を幽霊役に起用した。
撮影はまず、Cさんの自宅をロケ地として行われた。
長い髪を垂らして、白装束(まるでリングの貞子のような格好)を着たCさんを玄関に立たせ、幽霊が家に入ってくるというシーンの撮影から始めた。
玄関に面した廊下に監督のAとカメラのD、演出のMが位置し、Cさんと向き合う状態で撮影は行われた。
撮影中、突然Mが「誰かに見られてるような気がする」と言い出した。
廊下はリビングに繋がっていて、リビングの入り口は簾が掛かっているのだが、Mは「誰かいませんか?」とひたすら言い続けていたそうだ。
Aが振り向いて後ろを向くと、本当に簾から誰かが覗いていた。 
長い髪を振り乱して、服は真っ白の装束のようで…そう、顔は見えないがまるでCさんにそっくりの格好をした人物がそこに立っていた。 
当然AはCさんかと思い、声をかけた。 
だが、玄関からリビングへ繋がっているのはAたちのいる廊下しかなく、Cさんは玄関を離れていないため、まずそんなことはありえない。 
Aが声をかけたのでCさんは何かと思い 
「どうしたん?何かあった?」 
と、もちろん玄関からAに向かって言う。 
Aは何がなんだか分からず、リビングの方を向いたがやはり、Cさんと同じ格好をした誰かがじっと覗いている。 
Mは気分が悪いと言い出し、その場は大パニックになって撮影は中断された。 
Cさんにそのことを言った時には、もうその「誰か」は消えていたらしいけれど、家の中には誰もいなかったそうだ。 
映画はまだ撮影途中らしい。 
それ以来その「誰か」は出現していないそうだが、撮影中、急にカメラの調子が悪くなったり、ライトが消えたりいろんなことが起きているそうだ。 
だがCさん本人は到って何もないそうだ・・・。

805: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/03/30 00:09
>>803 
映画「女優霊」みたいです。

807: 803 03/03/30 00:16
>>805 
かなり同感ですな。 
実話かどうかは知りませんが、真実味はありますた・・・。

PICKUP!

コメントする

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
ギャラリー
  • 【オカルト】家に帰って、たまに部屋の空気が違う時っていつも閉まってる押入れが少し開いてる。そんな時は……
  • 【ほんのり】全身包帯で隠れてたんで、生身で見える所は両目だけ。包帯は黒やら茶色やら黄色やらで汚れてたんだが、何故か傷に当てて汚れた包帯を見るような不快感は無かった。
  • 【オカルト】大学1年生の時、神戸も震災後数年で部屋がなく運よく見つかった部屋が霊付きだったかというくらい。
  • 【不思議な話】ガラガラだった筈の車両が満席、通路まで人だらけ。自分の席にも誰か座っちゃってる。どこにも停車してないのに。
  • 【都市伝説】『ネクロフィリア』 オークションが開かれ八百万円の値が付けられた。ちなみに大抵の場合は一番乗りで二百万円だそうだ。
  • 【ほんのり】隣にちっちゃい子住んでるからその子が弾いてるのかもしれないけど夜中の2時とかにも聞こえたりする
最新記事
最新コメント
オススメ記事(外部サイト)
お問い合わせ
オカルト速報へのお問い合わせはこちらのフォームからお願い致します。
スポンサードリンク
記事検索
RSS & ソーシャルリンク

オカルト速報RSS オカルト速報Twitter

スポンサードリンク