【オカルト】雑誌社でバイトしてた時、マタギを取材する機会があった彼らは「鬼熊」という呪いを使って縄張りを荒らす者を撃退するのだと… | オカルト速報 - オカルト・洒落怖・怖い話・不可思議な話まとめ -

このエントリーをはてなブックマークに追加

引用元: ・ほんのりと怖い話スレ その115 ©2ch.net

174: 本当にあった怖い名無し 2016/03/17(木) 21:05:24.78 ID:IHFYv9yH0
短期間だが、地方の雑誌社でバイトしてた時の話だ。
仕事はお茶くみから掃除に買い物。いわゆる雑用でいいように使われてた。
その日は珍しく取材のアシスタントとして同行する事になった。デジカメ、ICレコーダー、ビデオカメラ
言われるがままカバンに詰め込み助手席に乗り込んだ。当時の俺はペーパードライバーだったから運転は
しなくてすんだ。地方都市から取材先までは遠かった。目的地に着いたのは昼も随分すぎたところだ。
かばんを持ち後につづいた。先方に挨拶をし、自宅に上がらせてもらった。
取材の相手は、職業が「マタギ」。いわゆる猟師だそうだ。許可を得て鉄砲を所持し、生活の糧とする。
自然の恵みの恩恵で暮らし、山からは動物や山菜を頂き、川からは魚や水を恵んでもらう。こう書くと
柔らかく感じるが、自然と向き合って生きていくには困難な事も多いらしい。

すっかり日が落ち、取材も終わったのでお礼を言って帰ろうとすると、晩御飯でもと誘われた。 
早く帰りたかったが判断するのは俺ではない。他では聞けない面白い話しを聞かせてあげるからと 
言われる。隣を見ると満面の笑みを浮かべ、ありがとうございますと言った。俺も真似をした。 
食事が終わると語り始めた。 

山も川も縄張りがあってな、普通の人はいいんだが、俺らみたいなモンは決められとる。それを荒らすモン 
もおる。そんなモンらを懲らしめる為にな、おまじないを使うんじゃ。それはな、「鬼熊」って言ってな 
自分らで作るんじゃ。親子でおる熊を見つけたら、母熊を撃つんじゃ。ただし絶対に殺さん。瀕死の 
所で四肢を切るんじゃ。ワイヤーで首をくくり木と繋げる。子熊は離れんから、そのまま放っとく。熊は 
強いからそんなんじゃ死なん。頃合いを見て、母熊の目の前で子熊をなぶり殺す。子熊の首を斬り落とし 
皿の上に乗せ母熊の前に置く。死ぬまで。母熊が死んだら首を落し、子熊の首をどかし皿に乗せる。それを 
自分の山の守り神さんの所に持っていきお供えする。子熊の首は懲らしめたいモンの山に棄てる。相手は 
酷い目に合う。この辺では今もやっとるんじゃ。 

気のせいか、血の匂いを感じた。とにかく、取材と晩御飯のお礼を言いその家をあとにした。 
帰りは、2人とも無言だった。 
異文化というより異次元に触れたように、ライトが照らす闇の先を眺めていた。

PICKUP!

この記事へのコメント

コメント一覧

    • 1. 名無しのオカルト
    • 2017年01月13日 00:38
    • 犬神の蠱毒に通じるモノがあるな
    • 2. 名無しのオカルト
    • 2017年01月13日 00:57
    • 似てるけど決定的に違うのは、クマの怒りはこの猟師に向かうこと

      山への畏怖を知らない人の創作じゃないのかな?
    • 3. 名無しのオカルト
    • 2017年01月13日 11:20
    • 山の守り神さんを途中に入れてるのがミソだね。しかし、食い物の恨みは恐ろしいって、いろんな意味があるってことかな。
    • 4. 名無しのオカルト
    • 2017年01月15日 23:00
    • ジジイがマタギだがあり得ん
      獲物は山の神からの頂きもの
      そんな扱いはしない
    • 5. 名無しのオカルト
    • 2017年01月16日 01:07
    • 低級なネタですなあ
      犬神を参考にして考えたようだけど文才も知識もないから設定の甘さだけが目立ちますな
      ガチだったら1960年代のサンカブームで作家が飛びつかないわけないですよ
      この書き込みしか出典ないだろうけどオカ板のネタ師の中でもド底辺のゴミですな

コメントする

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
ギャラリー
  • 【怖い話】その時はそんなことあるんだ!怖い!って思ったけど  後日それがけっこう有名な怖い話だったと知った
  • 【オカルト】後日ネットで自分が住んでる土地の歴史についてしらべてみた。 いろんな事が一致して、鳥肌が立った。
  • 【オカルト】車を運転してると、いきなり悲鳴を上げて急ブレーキを踏む 「子供を轢いてしまった」と。そんな彼の悲惨な末路。
  • 【都市伝説】猿の芋洗い伝搬に関する「百匹目の猿」現象を最初に主張した人は、でまかせで言い出した都市伝説に自分自身がなってしまったのだった
  • 【ほんのり】子供の頃って悪い事した時にその行為のプロセスは記憶から消せるような気がする。
  • 【怖い話】ありがとうおじさんは「ありがとー、あっお礼言っちっゃた。僕のまーけーー」  と言うと同時に鼻血を大量に吹き出してニコニコ笑っていた
最新記事
最新コメント
オススメ記事(外部サイト)
お問い合わせ
オカルト速報へのお問い合わせはこちらのフォームからお願い致します。
スポンサードリンク
記事検索
RSS & ソーシャルリンク

オカルト速報RSS オカルト速報Twitter

スポンサードリンク