【オカルト】稲毛海岸で海と接する消波ブロックが積んであるとこは、特に気をつけた方がいい、あそこには不気味な生物が… | オカルト速報 - オカルト・洒落怖・怖い話・不可思議な話まとめ -

このエントリーをはてなブックマークに追加

引用元: ・海にまつわる怖い話・不思議な話 16

71: ペチペチパチパチ 2011/08/04(木) 08:43:37.58 ID:PM2+TN2R0
毎年、稲毛海岸で個人的な花火大会やってるヤツなんだけど、
あそこらも適当に埋め立てたりしてるね。

元々気を抜くと見える性質なので、お盆近くはどこらもわんさか。
お盆は人ん家の門近辺を一軒一軒覗いて歩いている2足歩行の犬っぽいヤツとか、
ブロックの穴?部分をくるくると抜けては入ってを繰り返す赤いのとかが多いかな。

んで、稲毛海岸なんだけど、
海と接するトコに消波ブロックが積んであるとこは、気を付けた方が良いよ。 
ブロック自体が海苔みたいなのが生えて滑りやすいけど、 
日が落ちた後は黒く細長いちいさな手(一本一本は指ぐらいの細さ)が 
ブロックにパチパチペチペチとちょいと伸びては叩く>下にずる~>またのびて叩く・・・ 
とエンドレスで叩いてるのね。海に接するトコびーっしりと黒い手。 
最初見たときは指が見えてなくてKGB(コウガイビル)の群れかと思ったwww 

こいつら海に引っ張るのかと思って試しに流木を触らせたら 
ただ、ペチペチパチパチ叩くのみ。 
そんなに怖くないモノかなぁ、て思って油断してたらブロックで脛をブロックで擦って 
血がでてしまったのさ。 
そのとたん、近くの黒い手がぶわーって伸びてきて傷口を目指すのよ。 
一本一本が吸盤みたいにサンダルの縁から伸びて付いてと登ってくる様は 
思い出しただけでキモチワルイww 
びっくりしてひっこ抜いたらサンダル持ってかれたw 
何かは知らないけど、血を流したら危ない!てのは覚えた。 

他の海に行く機会が無いから、他はどうか知らないけど、 
見かけたら気を付けてね。 
耳を澄ますとペチペチパチパチて感じで小さな泡音みたいなのが聞こえるから。 

73: 本当にあった怖い名無し 2011/08/04(木) 09:36:08.41 ID:xXzTqGVZ0
>>71
ちょ、アヌビス・・・・・

74: 本当にあった怖い名無し 2011/08/04(木) 09:40:49.27 ID:PM2+TN2R0
ググってみたけど、犬の神様け?
それともやつらの名前がアヌビスっての?

76: 本当にあった怖い名無し 2011/08/04(木) 10:00:54.42 ID:z5ifX8W30
>>74
この部分を指して、アヌビスみたいと言ってるだけじゃないのか?
  ↓
>歩いている2足歩行の犬っぽいヤツ

77: 本当にあった怖い名無し 2011/08/04(木) 10:08:45.68 ID:PM2+TN2R0
>>76
あ~、なるほど。
でもあんなにスマートじゃないよ。
色はだいたいこげ茶系で、口部分は短め。
no title

↑がかなり似てる。
足はスックと立ってなくてペンギンみたいにズリズリヨタヨタな感じに歩ってる。
門をひょいと斜めに覗き込んで、しばらくすると隣の家の門へヨタヨタ・・・て感じかな。
お盆の時期だとだいたいどこでも見れる。一つの町に2、3体な感じかな。

名前が分かればもっと対処とか分かると思ったけどなかなかそうもいかないね。

80: 本当にあった怖い名無し 2011/08/05(金) 09:34:06.93 ID:/XloIuJo0
>>77
海にこんなのがいたら気絶する

731: 本当にあった怖い名無し 2011/11/01(火) 21:51:10.22 ID:ChX8wpYW0
>>77
山怖のコレと同じかな?

60 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 04/05/15 12:27 ID:YSSTlOPh
小学生の頃の話し
早朝に山へ出かけて、ネマガリタケというタケノコを採っていると、
まだ背の低かった俺は、方角を見失ってしまった。
この竹(本当はチシマザサって言うらしいけど)は、背が低いけど、
ものすごい勢いで群生して生えているので、前に進むのも容易じゃないし、
生えている場所が急勾配で、とても歩きにくい。
竹林の中で途方に暮れていると、竹林の奥から「ハァッハァッ」という、
危ないオッサンか野犬の息づかいのような音が聞こえてきた。
薄暗い竹林の中で、俺がビビりまくっていると、目の前に茶色い体をした
オオカミみたいな動物が姿を現した。
見ると、顔はひしゃげた子供のような顔で、鼻と耳がなかった。
俺が死ぬほど怖がっていると、その動物は、びっくりしたように俺を見つめた後、
「まったく、ついて来い」
と、ものすごく乾いた、子供のような声で言った。
普通なら絶対について行くわけがないんだけど、恐怖よりも
「ついて行かなくちゃ」
という気持ちの方が強くて、その動物について行った。
途中、竹林の中に小さな小川があって、それを飛び越えると、
本当にその途端に、俺は竹林の外に出ていた。
背後でガサガサと音が聞こえたので見ると、その動物の尻尾が
竹林の中にとけ込むように消えていくところだった。
とりあえず「ありがとうございました」と頭を下げた。
ちなみに、親父はタケノコをリュックいっぱいに採ってきて、
俺の話しを聞くと「感謝しておけ」と頭をクシャクシャやられた。
そして、採ったタケノコの3分の1とおにぎり1つを竹林の前に置いて帰路についた。
微妙にセコいお礼だった。

79: 本当にあった怖い名無し 2011/08/04(木) 15:18:16.35 ID:xXzTqGVZ0
>>76さんの言うとおりです
>お盆は人ん家の門近辺を一軒一軒覗いて歩いている2足歩行の犬っぽいヤツとか

というので、エジプトの冥界の神アヌビスを連想したわけです
お盆というと、使者が帰ってくる日ですし。

PICKUP!

コメントする

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
ギャラリー
  • 【都市伝説】猿の芋洗い伝搬に関する「百匹目の猿」現象を最初に主張した人は、でまかせで言い出した都市伝説に自分自身がなってしまったのだった
  • 【ほんのり】子供の頃って悪い事した時にその行為のプロセスは記憶から消せるような気がする。
  • 【怖い話】ありがとうおじさんは「ありがとー、あっお礼言っちっゃた。僕のまーけーー」  と言うと同時に鼻血を大量に吹き出してニコニコ笑っていた
  • 【オカルト】気が付いたら朝で、キッチンを見ると、水場に持ってあった盛り塩が弾け飛んでました。 このままだと本気でヤバい……
  • 【妖怪】なぜか顔を向こうに向けたまま、  「この赤ん坊、泣いて泣いてしょうがないから食っていいか」と言った
  • 【不思議な体験】白くて長細くて、ふよふよした布のような物体が空を泳いでいた。
最新記事
最新コメント
オススメ記事(外部サイト)
お問い合わせ
オカルト速報へのお問い合わせはこちらのフォームからお願い致します。
スポンサードリンク
記事検索
RSS & ソーシャルリンク

オカルト速報RSS オカルト速報Twitter

スポンサードリンク