【怖い話】うちの近所に住んでた霊能者のおばさんが、相談者の話をしてくれたんだけど、印象的だったのが呪いの人形の話 | オカルト速報 - オカルト・洒落怖・怖い話・不可思議な話まとめ -

このエントリーをはてなブックマークに追加

引用元: ・じわじわ来る怖い話 6話目

250: 本当にあった怖い名無し 2007/08/09(木) 13:17:54 ID:JaIucGts0
以前うちの近所に、霊能者のおばさんが住んでた。
霊能者って言っても、変な宗教っぽい雰囲気じゃなくて、
ちょっと上品な普通のおばさん?って感じの人だった。

おばさんは昔からこの街に住んでる人じゃなくて、
私が高校生のときに、娘さんと二人でどこかから引っ越してきた人でさ。
私はその娘さんと同じクラスになって、よく一緒に遊んだりしてたんだ。

その子は「自分には霊能力はない」って言ってたけど、ときどき
「この前こんな人が相談に来てた」みたいな話は聞かせてくれた。
その中で印象的だったのが、呪いの人形の話。
それは、まだその子が前に住んでいた土地での話らしい。

252: 本当にあった怖い名無し 2007/08/09(木) 13:18:38 ID:JaIucGts0
その人形は、「持ち主を不幸にする」とか「持ち主を発狂させて
家族を殺させる」とか言われてる人形なんだけど、
人間国宝クラスの名人が作った貴重で高価なものだから、
簡単に壊したり捨てたりするわけにもいかないみたいで、
持ち主を転々としていたんだって。

で、その人形を持て余した人が、それを村の資料館だかに
寄付したんだって。
だけどその後、資料館の関係者に不幸や事件が続いたため、
その子のおばさんに人形をお祓いをしてもらおうってことになった。
それでおばさんは人形を預かったのだけど、翌日
お祓いの依頼者である館長さんが自殺。
結局、人形はおばさんが引き取ることになったんだって。

253: 本当にあった怖い名無し 2007/08/09(木) 13:19:13 ID:JaIucGts0
ちょっと雰囲気のある話だったから覚えてるんだけど、私自身は
その「人形の呪い」にはあんまり信憑性がないなーって思う。
その子もおばさんも明るくて良い人だったから、あんまり
呪いとかってイメージが湧かないよ。
ひょっとしたら、おばさんが人形のお祓いに成功したから
無害になった、ってことなのかもしれないけど。

ただ、私たちの高校在学中に、おばさんが事故で亡くなったのは
残念だったなぁって思う。
その子があまり落ち込んでいなかったのが、せめてもの救いって感じ。

高校を卒業して間もなく、その子から結婚したって連絡があった。
それからちょっとして連絡が取れなくなっちゃったけど、
元気でやってるのかな。
今頃家族が増えて、幸せいっぱいって感じかな?

PICKUP!

この記事へのコメント

コメント一覧

    • 1. 名無しのオカルト
    • 2017年03月05日 20:04
    • 殺られとるやんけw
    • 2. 名無しのオカルト
    • 2017年03月06日 14:48
    • 無害になってないじゃんwオバサンが亡くなった後は誰が持ち主?
      娘なら連絡取れなくなったっていうのは、そういう事かもね
      でもこういうのって、使いようで便利だよね
      憎んでる相手の家の見つかりにくい場所に隠しておけば良い仕事してくれるかもよ
    • 3. 名無しのオカルト
    • 2017年03月06日 21:38
    • ※2
      人形の厄の発動条件が、人形のありかではなく人形の所有者だった場合、※2が所有権を持ったままだから・・・
    • 4. 名無しのオカルト
    • 2017年03月07日 17:49
    • 某国の偉い人に日本国の土産としてあげてしまえば一石二鳥←貴方の好きな国名を入れよう。
    • 5. 名無しのオカルト
    • 2017年03月13日 14:26
    • ※4 アメリカ

コメントする

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
ギャラリー
  • 【オカルト】揺れるものを見るのが好きっつって首吊り死体の霊がぷらーんぷらーん揺れてるのを見てるのか子供……
  • 【妖怪】『狸』「ぴー」という鳴き声がして、じいさんの手には、ぼうぼうの狸のしっぽが握られていたんだ。
  • 【陰謀論】イルミナティ、フリーメーソン、ロスチャイルド御三家に並ぶ 新たな組織 「TV局が日本人の知能を低下させようとしている」
  • 【ほんのり】近くの大きな川の河川敷は散歩コースになっている。いつもは上流に向かって歩くんだが、景色見も飽きたし下流に向かうことにした
  • 【オカルト】近所の人?と思って起き上がったら、女の人がこっちを見て、「あ!やばー!」と言って消えた。
  • 【オカルト】窓の方向いたら、自分の身長の半分ぐらいの巨大な顔があったらしい。
最新記事
最新コメント
オススメ記事(外部サイト)
お問い合わせ
オカルト速報へのお問い合わせはこちらのフォームからお願い致します。
スポンサードリンク
記事検索
RSS & ソーシャルリンク

オカルト速報RSS オカルト速報Twitter

スポンサードリンク