【怖い話】祖父がボケてしまった。そんな祖父が毎日口癖のように「昔食べた中華料理のデザート、もう一度食べたい。」そこで私達はその店へ… | オカルト速報 - オカルト・洒落怖・怖い話・不可思議な話まとめ -

このエントリーをはてなブックマークに追加

引用元: ・じわじわ来る怖い話 9じわ目

876: 本当にあった怖い名無し 2007/11/03(土) 13:34:36 ID:DKvEzxQZ0
909 名前:1/2[sage] 投稿日:2007/09/30(日) 16:43:39 ID:QL110J6N0
祖父がボケ始めたようでした。
何度も同じ事を聞いてきたり、何十年も住んでる近所の散歩で道に迷ったり。
おかげでめっきり落ち込んでいました。
そんな祖父が、私に口癖のように言うことがありました。
「昔食べた中華料理のデザートが美味かった、もう一度食べたい。」
桃のデザートでチーズケーキのように舌の上でとろける様なものということでした。


私は料理雑誌のバイトをしていたことがあり、そのツテで分かったのですが 
どうも隣の県の中華料理屋で特別に作ってもらったものらしいのです。 

私はその料理店を訪れました。 
年老いた料理長は最初はそんな料理は知らないと言いました。 
しかし、いろいろ聞いていくと思い当たることがあったらしく 
「ああ、思い出したよ。君は奴の孫か。そういえば面影がある。 
 奴がボケてきたか…。そうか、もうそんな年か…。 
 ただ、あの料理は今では材料がまったく手に入らないのです。」 
残念ですが材料がないなら仕方ありません。私はあきらめて帰りました。

877: 本当にあった怖い名無し 2007/11/03(土) 13:35:39 ID:DKvEzxQZ0

910 名前:2/2[sage] 投稿日:2007/09/30(日) 16:45:17 ID:QL110J6N0
それから半年も経ったある日、その中華料理屋から連絡が入りました。
「奇跡的に材料が手に入りました。これも何かの縁です。
 ご家族と一緒にいらっしゃってください。」
私は喜びました。祖父に話すと「そうかそうか」ととても喜んでくれました。

翌日、祖父と両親、私夫婦、そしてやっと立ち上がることができるようになったばかりの私の娘、
6人でその中華料理屋を訪れました。
「やぁやぁ、よく来た。是非、皆さんに食べていただきたい」と歓迎してくれました。
そして出てきた料理は見たこともないデザートでした。
「これが、当家秘伝の白綿桃です」

芳しい桃の香り、プルンとした歯ごたえ、それでいてとろける舌触り、そして濃厚な甘み。
幼い娘も喜んで美味しそうに食べていました。
「如何ですか?当家に伝わる技と当家の長年の思いの味は?」
家族全員、とても美味しいと答えました。
私は、この料理の材料は何か訊ねました。
「う~ん、秘伝なのですが…。
 でも貴方のおかげで私の祖先も満足できたでしょうから貴方だけにこっそり教えましょう」
彼は私の耳元で囁きました。
「『特別な』牛の脳みそです。」

満面の笑みの料理長を見て、その奇妙な言い回しと祖父のボケの原因、
そして私たち家族、特に幼い娘にまで仕込まれた運命をすべて理解しました。

PICKUP!

この記事へのコメント

コメント一覧

    • 1. 名無しのオカルト
    • 2017年03月10日 21:48
    • 本当に牛の脳みそならパーキンソン病にはならんと思うけどね
      人間のならなるらしいけど
    • 2. 名無しのオカルト
    • 2017年03月10日 21:53
    • 調べたら分かった

      BSEに罹った牛の脳だった。 牛海綿状脳症(うし かいめんじょう のうしょう、は、牛の脳の中に空洞ができ、スポンジ(海綿)状になる病気である。

      だとしたらそもそもなんで最初に食わしたんだ? ってはなしに
    • 3. 名無しのオカルト
    • 2017年03月10日 22:38
    • 牛海綿状脳症
      1986年にイギリスで初めて発見された
      1986年にイギリスで初めて発見された

      書き込みは2007年
      21年前にイギリスで初めて発見された病気の牛の脳を、「何十年も前の日本」で食った、ねぇ
      しかも「当家秘伝」ねぇ

      ディティールが雑すぎる
      0.2/100点
    • 4. 名無しのオカルト
    • 2017年03月11日 02:05
    • >プルンとした歯ごたえ、それでいてとろける舌触り

      スポンジ状になった描写がないし、舌触りも悪かろうに
    • 5. 名無しのオカルト
    • 2017年06月22日 15:52
    • ※3の脳が雑すぎる
      ツッコミどころは多々あるけどそこじゃないだろ
      比較的最近発見された病気だからじいさんと同年輩らしき料理長はそれを知らず、単に特別な牛と思ってるってことだし
      そして先にBSEと診断されたら処分されてしまうため「今では全く入手できなくなった」ということ
      まあ牛肉を扱う商売であそこまで騒がれた病気を知らないはずはないんだが

コメントする

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
ギャラリー
  • 【オカルト】顔も名前も知らない相手から呪われるってあるのかな? 【発想が】
  • 【オカルト】よく考えたら夕べのおばちゃん、やたら首が長かったような気がした
  • 【不思議な体験】夕方が怖い人っている??
  • 【怖い話】庭先でおばさんが長い縄をなっていた。あいさつをされたので、こちらも話しかけて山の様子を尋ねた。『きいつけていきんさいよ』と言われた。
  • 【オカルト談義】なぜ最近の若者はUFOもUMAも心霊も信じなくなってしまったのか?
  • 【オカルト談義】なぜ最近の若者はUFOもUMAも心霊も信じなくなってしまったのか?
最新コメント
オススメ記事(外部サイト)
お問い合わせ
オカルト速報へのお問い合わせはこちらのフォームからお願い致します。
スポンサードリンク
記事検索
RSS & ソーシャルリンク

オカルト速報RSS オカルト速報Twitter

スポンサードリンク