【怖い話】母子家庭で、娘のために母親が体を壊してでも働き続けた結果、亡くなってしまい、娘に残されたのはお守りだけだったのですが… | オカルト速報 - オカルト・洒落怖・怖い話・不可思議な話まとめ -

このエントリーをはてなブックマークに追加

引用元: ・【投稿】じわじわ来る怖い話 十じわ目【求ム】

258: 本当にあった怖い名無し 2007/11/25(日) 19:59:12 ID:hFq1oki90
小学生の時、美咲と言う同級生がいました。
美咲に父親はおらず、母子家庭の女の子でした。
母親は、美咲を育てようと昼も夜も働いていたそうです。

そんな母親も無理がたたって体を壊してしまいました。
それでもお金の心配があったのでしょう、
疲れた体に鞭打って仕事を続けたそうです。

しかし、入院を余儀なくされました。 
その間、美咲は祖母の家から学校に通っていましたが、 
母親へのお見舞いは欠かしませんでした。 

そんなある日、母親から手作りのお守りを貰ったそうです。 
それは大変、可愛らしいものでした。 
それ以降、美咲はそのお守りを肌身離さず、とても大事にしていました。

259: 本当にあった怖い名無し 2007/11/25(日) 19:59:49 ID:hFq1oki90
その母親も入退院を繰り返しながらも懸命に働き続けましたが
とうとう亡くなってしまいました。
祖母という引き取り手があったのが唯一の救いだったのだ思います。
しばらく元気の無かった美咲も、段々と以前の明るさを取り戻していきました。

それから何ヶ月か経ち、公園でみんなで遊んでいる時、
美咲がいつも大事にしているお守りの話になったのです。
お守りは、手作りな事もあり汚れも目立ちました。

中には何が入ってるのだろう、見てみようという事になりましたが、
さすがに美咲は拒否しました。
それでも見てみたいとみんなでお願いしたところ、
美咲も渋々 了承しました。
中には、硬い厚紙で挟まれた一枚の紙が入っていました。
その紙には











『美咲死ね』 と書かれてました。

PICKUP!

この記事へのコメント

コメント一覧

    • 1. 名無しのオカルト
    • 2017年03月12日 19:07
    • 中途半端なリメイク

コメントする

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
ギャラリー
  • 【不思議な体験】街中ならフツーにいるサラリーマン。 それが薄暗くなりかけた山ん中にいる。その顔は想像の斜め上だった。
  • 【ほんのり】ボーイスカウト的なのに小学生のとき行って  内容は山でテント建てたり野外調理。
  • 【オカルト】一人の少年がこちらに向かって手を振っていた。しかし、手の平ではなく、手の甲で手をふっているのである
  • 【オカルト】『新片隅駅、新如月駅』終電乗ってから結構経ったんだけどまだつかねぇーんだが
  • 【不思議な話】低山のふもとの駐車場に先に1台停まってて「ああもう登ってる人いるんだ」と思って自分も登り始めた。10cmくらいの積雪の上に足跡が点々と続いてた。
  • 【意味怖】Cは最近和美という彼女ができたらしく、俺達に彼女の自慢話ばかりしてくる、俺と友人Aはうんざりしていた【新説あり】
最新記事
最新コメント
オススメ記事(外部サイト)
お問い合わせ
オカルト速報へのお問い合わせはこちらのフォームからお願い致します。
スポンサードリンク
記事検索
RSS & ソーシャルリンク

オカルト速報RSS オカルト速報Twitter

スポンサードリンク