【怖い話】この前新しいアパートに引っ越したんだけど、良いところだとおもってたらいきなりカラスが大量発生してさ… | オカルト速報 - オカルト・洒落怖・怖い話・不可思議な話まとめ -

このエントリーをはてなブックマークに追加

引用元: ・【投稿】じわじわ来る怖い話 十じわ目【求ム】

430: 本当にあった怖い名無し 2007/12/07(金) 22:59:40 ID:8whYoO3iO
この前、新しいアパートに引っ越したんだよ。
大学から近いし空気は綺麗だし住人はいい人ばっかりだし、
しばらくは快適に過ごしてたんだけど、ある日突然、カラスが大量発生したんだよな。
毎日毎日、昼間はずっと鳴き声がうるさい。まあ、鳴き声にはすぐに慣れて気にならなくなったし、
俺はいつもカーテン閉めてて大学とバイト行くとき以外はほぼニート生活だし、
アパートのゴミ捨て場も荒らされてないし、実害はないからなにもしなかった。

そんなある日、自称霊感ありなAと、俺と同じく全然霊感はないBの二人と、講義終わった後うちで遊んだんだ。
自称霊感とかいう肩書きとか、俺の半ニート生活からバレてるかもしれないけど、全員結構オタクっぽいんだこれがww
わいわい部屋になだれ込んでしばらくゲームして、で、途中からは、俺の漫画に二人が目をつけて、全員が漫画を読みはじめた。
そのとき、Aがいきなり、
「……なあ、さっきから女の笑い声がしないか?」って言ったんだ。 
俺は正直Aの霊感を信じてなかったから、「何言ってんの?」って返したんだけど、なんとBまで「実は俺も聞こえる……」って言い出す。 
俺が何言っても二人は聞こえるって主張して、夜まで遊ぶ予定だったのに、二人ともそそくさと帰っていった。 
俺はちょっと不満だった。文句を二人にメールで送ったら、Aから「お前、よくあんなのと同じアパートに住めるな」、 
Bから「もしかしてお前、気付いてねえの?」、と次々に返信が来た。 
俺は、「こいつらふざけやがって……」と思ったんだが、 
でも、冷静に考えてみていると、突然、さっきまであんなにうるさかったカラスの鳴き声が聞こえなくなった。 
引っ越してからもう何ヵ月も経っていることに気付き、俺は気が狂いそうになった。

431: 本当にあった怖い名無し 2007/12/07(金) 23:50:48 ID:QgSRQh7g0
駄目だ!!>>430ワカラネエ!!

448: 本当にあった怖い名無し 2007/12/09(日) 06:03:06 ID:onW7KYq8O
>>430
・毎日毎日、昼間にカラスがうるさい→大学やバイト行ってるはずなのに何故知ってる?
・普段はカーテンを締め切ってる
・数カ月経っていた

うー何かモヤモヤモヤ…

449: 本当にあった怖い名無し 2007/12/09(日) 08:09:24 ID:3tiureK/O
>>448
すまん、俺の書き方が下手なばかりに混乱させてるようだ。
毎日毎日とか数ヵ月とかは言葉のあやで関係ない。
でもカーテン閉めてたってのはちょっと関係ある。

455: 本当にあった怖い名無し 2007/12/09(日) 16:04:17 ID:EvpbbswO0
>>430って、カラスの声=女の笑い声、か?
前にどっかで似てるの見た事ある。
前に見たのは、長時間カラスがうるさくて、イラついてカーテン開けてみたら、
向かいのマンションのベランダで女がこっち見ながらケタケタ笑ってて、
カラスの鳴き声だと思ってたのは実は女の笑い声だった……
という話だったけど。

463: 本当にあった怖い名無し 2007/12/09(日) 23:50:12 ID:uVDdibje0
>>455

時間と証言が合わない場合は人物が二人いると考える。

カラスの声は心理状態を象徴しているわけだ。
俺というのは自分の中のもう一つの人格。
昼と夜は別人格なんだな。

カラスは昼に鳴く。
ゴミ捨て場は荒されていない。
昼は大学に行っている。

近所付き合いも悪くなかった俺が
引きこもり始めるようになった原因がアパートに居るわけだ。
カラスの鳴き声はフィルタとして俺と世界との接触を絶ってくれる。
しかしながら、二人の友達は警鐘を鳴らしていった。

気がつくと鳴き声は消えて、失った数ヶ月に愕然とするわけだ。

PICKUP!

この記事へのコメント

コメント一覧

    • 1. 名無しのオカルト
    • 2017年03月13日 06:41
    • わからん

コメントする

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
ギャラリー
  • 【不思議な体験】街中ならフツーにいるサラリーマン。 それが薄暗くなりかけた山ん中にいる。その顔は想像の斜め上だった。
  • 【ほんのり】ボーイスカウト的なのに小学生のとき行って  内容は山でテント建てたり野外調理。
  • 【オカルト】一人の少年がこちらに向かって手を振っていた。しかし、手の平ではなく、手の甲で手をふっているのである
  • 【オカルト】『新片隅駅、新如月駅』終電乗ってから結構経ったんだけどまだつかねぇーんだが
  • 【不思議な話】低山のふもとの駐車場に先に1台停まってて「ああもう登ってる人いるんだ」と思って自分も登り始めた。10cmくらいの積雪の上に足跡が点々と続いてた。
  • 【意味怖】Cは最近和美という彼女ができたらしく、俺達に彼女の自慢話ばかりしてくる、俺と友人Aはうんざりしていた【新説あり】
最新記事
最新コメント
オススメ記事(外部サイト)
お問い合わせ
オカルト速報へのお問い合わせはこちらのフォームからお願い致します。
スポンサードリンク
記事検索
RSS & ソーシャルリンク

オカルト速報RSS オカルト速報Twitter

スポンサードリンク