【オカルト】結構霊感がある俺。道端を歩いていたら首にロープを巻いた女の子が寂しそうにこちらを見つめているのに気づいて… | オカルト速報 - オカルト・洒落怖・怖い話・不可思議な話まとめ -

このエントリーをはてなブックマークに追加

引用元: ・【投稿】じわじわ来る怖い話 十じわ目【求ム】

553: 本当にあった怖い名無し 2007/12/18(火) 23:32:46 ID:TuhN9VUm0
俺は、結構霊感がある方だと思う。
というか、幽霊がはっきり見えちゃうし話も出来ちゃうんだよね。

ある日、俺は道ばたを歩いていたら、首にロープを巻いた女の子が寂しそうにこちらを見つめているのに気がついた。
明らかに生身の人間じゃなくて、でも死霊でもない。俺は、その娘に話しかけてみた。
「君、生霊だよね。駄目じゃない、身体から離れたりしたら。」 
「うわあ、お兄ちゃん、私が見えるの!?」 
久々の会話で、女の子は嬉しそうだった。どうやら、彼女はずっとこの付近を彷徨っていたらしい。 
肉体から離れて随分経ってるみたいだ。今まで俺が見てきた生霊の中でも、この娘はかなり死霊に近い。 
早く肉体に戻らないと生命に関わるだろう。 
女の子は、しかし悲しそうに自分の首のロープを持ち上げて、答えた。 
「ううん、戻れないの。私、首吊って自殺して……もう肉体は手遅れなんだって。」 
「う~ん、参ったな。悪いけど、じゃあ僕にはどうしようもないよ。 
 そのうち君の肉体が死んで死霊になると思うから、その時はちゃんと成仏して、生まれ変わったら絶対に自殺しちゃ駄目だよ。」 
「無理だよ。」 
 女の子は、自分の首に巻かれたロープを見つめて、呟いた。 
「だって、私天国いけないもん。自殺、しちゃったから……。 
 嫌だよ。私、地獄に行きたくないよ。助けて……。」 
女の子の目から涙が溢れてきた。堰を切ったように泣き出した。 
参ったなあ。俺、女の子の涙には弱いんだよ。何とかして、彼女を助けてあげたくなった。 
「うわ、泣くなって。大丈夫。まだ君は死んでないんだろ? じゃあ手はある。君を地獄になんか落とさせやしないから!!」 
俺の言葉で、彼女は潤んだ眼で俺を見上げる。まずいな、約束しちゃったよ。 
「君の身体が、放っておいても死んでしまう状態なのは確実なんだね?」 
女の子は頷いた。もうヤケだ。とことんこの娘に付き合ってやろうじゃないか。 
「わかった。じゃあ、君の入院している病院と、その病室を教えて欲しい。」 

翌日、新聞でニュースを確認する。 
心は痛む。だが、これで彼女の自殺は未遂に終わったのだ。 
「これで良いんだよな。」 
 俺が呟いたとき、 
「――ありがとう。お兄ちゃん。」 
彼女の声が、聞こえた気がした。

554: 本当にあった怖い名無し 2007/12/19(水) 00:19:15 ID:xm5KytGTO
>>553
違う意味でじわじわきた
あれ、目から汗が

559: 本当にあった怖い名無し 2007/12/19(水) 07:13:47 ID:Xx0T9by30
>>553
珍しいタイプだな、怖いけど良い話だった。GJ

555: 本当にあった怖い名無し 2007/12/19(水) 01:09:08 ID:dvFKBOa5O
安楽死?

PICKUP!

この記事へのコメント

コメント一覧

    • 1. 名無しのオカルト
    • 2017年03月13日 01:49
    • 報告者が地獄行きか
    • 2. 名無しのオカルト
    • 2017年03月13日 06:31
    • わからん
    • 3. 名無しのオカルト
    • 2017年03月13日 07:26
    • 主が手を下したのさ。これで自○ではなくなった。
    • 4. 名無しのオカルト
    • 2017年03月13日 10:31
    • 野暮だけど創作ですね。
      自殺したら地獄行き決定なんてキリスト系の信仰だから。
      日本の死生観はもっと鷹揚なものです。
    • 5. 名無しのオカルト
    • 2017年03月18日 03:12
    • キリスト教だけじゃないよ
      じさつで地獄行
      生きている間に地獄を味わい、死してなお地獄を味わう

      恐ろしいです
    • 6. 名無しのオカルト
    • 2017年03月18日 14:51
    • 自殺は地獄行きというのは無限ループ。ループ中に「自分は死んだ」と理解するまで 自殺までの辛さや自殺時の恐怖や痛みを何度も繰り返さなければならない。だから その点で地獄と言われているんだと思う。

コメントする

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
ギャラリー
  • 【不思議な体験】街中ならフツーにいるサラリーマン。 それが薄暗くなりかけた山ん中にいる。その顔は想像の斜め上だった。
  • 【ほんのり】ボーイスカウト的なのに小学生のとき行って  内容は山でテント建てたり野外調理。
  • 【オカルト】一人の少年がこちらに向かって手を振っていた。しかし、手の平ではなく、手の甲で手をふっているのである
  • 【オカルト】『新片隅駅、新如月駅』終電乗ってから結構経ったんだけどまだつかねぇーんだが
  • 【不思議な話】低山のふもとの駐車場に先に1台停まってて「ああもう登ってる人いるんだ」と思って自分も登り始めた。10cmくらいの積雪の上に足跡が点々と続いてた。
  • 【意味怖】Cは最近和美という彼女ができたらしく、俺達に彼女の自慢話ばかりしてくる、俺と友人Aはうんざりしていた【新説あり】
最新記事
最新コメント
オススメ記事(外部サイト)
お問い合わせ
オカルト速報へのお問い合わせはこちらのフォームからお願い致します。
スポンサードリンク
記事検索
RSS & ソーシャルリンク

オカルト速報RSS オカルト速報Twitter

スポンサードリンク