【怖い話】友人と夜道を歩いていると、背後から足音。振り返ると、そこには卒倒しそうな容姿をした不気味な老婆が… | オカルト速報 - オカルト・洒落怖・怖い話・不可思議な話まとめ -

このエントリーをはてなブックマークに追加

引用元: ・【隠れた】じわじわ来る怖い話12じわ目【真実?】

383: 本当にあった怖い名無し 2008/02/22(金) 22:33:50 ID:z40Uq8F20
俺は、友人と一緒に夜道を歩いていた。
この道は、夜中になると幽霊が出没するっていう曰く付きの道で、正直俺はガクブルだったね。

暫く歩いていると、背後から足音がしてきた。
振り返った俺は卒倒しそうになったね。後ろから現れたのは、物凄く不気味な老婆だったからだ。
腰を屈め、髪を振り乱した凄い形相の老婆。
うわあ、あれ幽霊じゃね? あの不気味な雰囲気、絶対この世のものじゃないって。

俺は、老婆から目を伏せようと努力した。だが、そう思えば思うほど、恐怖と同じくらいの好奇心で、俺は背後からゆっくりと歩いてくる老婆を何度も振り返って見てしまった。

そして、俺は信じられない瞬間を目撃してしまったんだ。 
前方からやってきた女子高生が、俺達の横を通り過ぎると、まっすぐ老婆の方へ歩いていった。 
お互いに相手が見えない様子で、避ける様子もなく歩き続け、やがて二人はぶつかり――老婆は、良く出来た特撮のようにスーッと女子高生の身体をすり抜けた。 

俺は、思いっきり悲鳴をあげてその場を逃げ出したね。 
あの老婆は、やっぱり幽霊だったんだ。最初からおかしいと思ってたんだよ。最初から異様な雰囲気で……。 
「おいおい、どうしたんだよ。」 
追いかけてきた友人が尋ねてくる。俺は、うわ言のように呟いた。 
「出た……。出たんだよ、幽霊が……。あの、婆さんが……。」 

すると、友人は思わず噴き出し、笑い転げてしまった。 
背後からのろのろとやってきた老婆に、友人は普通に挨拶しているし、近くでよく見ると意外と何の変哲もない、普通のお婆さんだ。 
「あの人はうちのアパートの大家だよ。見た目ちょっと怖いけど、幽霊どころか当分死にそうにないくらい元気なババアだって。」 

何だ、怖がって損したぜ。何が幽霊が出る道だよ、怖がらせやがって。

391: 本当にあった怖い名無し 2008/02/22(金) 23:44:14 ID:9Ytne0P90
>>383
婆ちゃんは生霊だったの?

392: 本当にあった怖い名無し 2008/02/22(金) 23:48:56 ID:tAakRMKF0
>>391
婆ちゃんが生きてる人
だったらすり抜けたのは・・・

PICKUP!

この記事へのコメント

コメント一覧

    • 1. 名無しのオカルト
    • 2017年03月16日 02:07
    • 若者の歩く速度に負けないスピードで歩く、腰の曲がったバアちゃんも充分怖いんだけど

コメントする

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
ギャラリー
  • 【オカルト】事故物件に入居してしまうのは、たまたま偶然になどではない。   その人が必然的に呼ばれてしまうんだよ。
  • 【怖い話】昔、本当に通称『幽霊列車』と呼ばれていた列車が走ってた時期があった。それは時刻表にも載らない臨時列車で、乗っているのは男のみ。
  • 【陰謀論】面白い陰謀論教えてや 『現在の欧州の王家や旧王家がドイツ系かフランス系しかいないのは独仏が裏で手を組んでるから』
  • 【ほんのり】自分が来たときから住んでる上の階の住人が、小さな子供連れで、深夜になってもどたどた足音が聞こえてきてた
  • 【オカルト】灯台の断崖絶壁を、人が這い上がって登っているのです。 三人とも無言で、ひたすらその異様な光景を見ていました。
  • 【風習・信仰】埋葬後3年目に遺体を掘り出して洗骨する風習があった。  洗骨しないと次の死者が埋葬できないしきたりだった
最新記事
最新コメント
オススメ記事(外部サイト)
お問い合わせ
オカルト速報へのお問い合わせはこちらのフォームからお願い致します。
スポンサードリンク
記事検索
RSS & ソーシャルリンク

オカルト速報RSS オカルト速報Twitter

スポンサードリンク