【怖い話】いつも同じ曲がり角に真っ赤な女が立っていた。職場の同僚に打ち明けると、彼女は翌日から魔除けの弁当を作ってきてくれて… | オカルト速報 - オカルト・洒落怖・怖い話・不可思議な話まとめ -

このエントリーをはてなブックマークに追加

引用元: ・【じわ…】じわじわ来る怖い話13じわ目【じわ…】

527: 本当にあった怖い名無し 2008/03/23(日) 01:43:34 ID:N9qCoA/j0
赤い女を見た、赤いワンピースを着た真っ赤な女

家が3階にあるんだが窓から見えるんだ、道の曲がり角のとこに赤い女は立っている
最初はなんだアレ?こええ、と他人事だったが毎日深夜の同じ時間にに立っていると不気味に思えてきた
そんなんで疲れが顔に出てたのか同じ部署で働いてる百合子が話しかけてきた
百合子「何かあったの?」 
俺は全てを彼女にだけは打ち明けた、するとなんと彼女はそういう類に詳しいらしく色々と相談にのってくれた 

次の日百合子が弁当を持ってきた、これには魔除が~と説明してたが理解不能だった、辛かったのだけは覚えてる 
それから毎週日曜日は午前中からお参りに出かけた、効き目があるかどうかはわからないが従うしかなかない 
午前中はお参り、昼食を食べまた夕方にまたお参り、夕食はファミレスで百合子と相談して帰宅というパターンだった 
そしてじょじょに赤い女の立ってる頻度は少なくなっていき、遂にお参り5回目で見なくなった 

そのことを百合子に報告したら 
百合子「え!?本当!?あの赤いワンピースを着た幽霊出なくなったの!?おめでとう!!」 
百合子はまるで自分のことのように喜んでくれた、自分もこんなに喜んでもらえると嬉しかった 

しかし一ヶ月後また現れだした、しかも毎日、真っ赤なワンピースを着た女はまた同じ場所で立っている 
何故だ・・・俺が何かしたか?・・・ 


また現れるようになってから一ヶ月が過ぎ俺はもうノイローゼになりそうだった 
百合子「何かあったの?何かあったなら相談にのるよ?」 
百合子が笑顔で話しかけてきた 
「・・・いや・・・なんでもない・・・ちょっと風邪をね・・・」 
もう百合子には相談出来ない・・・もうこれはどうしようもない・・・ 


そして二ヶ月経った今現在も赤い女は毎日あの曲がり角に立っている 

しかし赤いワンピースを着た血まみれの女は一向に現れない

540: 本当にあった怖い名無し 2008/03/23(日) 12:37:20 ID:HO67r5muO
>>527って1回目の赤い女は幽霊で 2回目のは百合子ってこと…?

541: 本当にあった怖い名無し 2008/03/23(日) 13:01:29 ID:N9qCoA/j0
>>540
幽霊が出てこなくなったから百合子との接点が無くなり、百合子は寂しくなった
それでまた相談されたくて自分が幽霊の振りをして現れた
百合子は幽霊はただ赤いワンピースを着てるだけど思い込んでたが
本当の赤い女は服だけじゃなく体中血まみれで赤い、だからすぐ偽者だと気付いた、そしてこの話をしたのは百合子だけ
そして百合子が「何か相談することある?」と聞いてくるが、立っているのが百合子とわかってるからどうしようもない
で、百合子は相談されるまでずっと立っている

ってつまらん文書いたスマンごめん死にたい

542: 本当にあった怖い名無し 2008/03/23(日) 13:16:37 ID:HO67r5muO
>>541解説サンクス
俺個人的には好きだ、こういうの

PICKUP!

この記事へのコメント

コメント一覧

    • 1. 名無しのオカルト
    • 2017年03月18日 02:06
    • 百合子と分かっているのなら、不安を感じる意味もなく
    • 2. 名無しのオカルト
    • 2017年03月20日 03:52
    • この手の話の掲載が続いているけど、俺がみたいのは変に凝って回りくどい創作怪談じゃないんだよ。

コメントする

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
ギャラリー
  • 【不思議な体験】街中ならフツーにいるサラリーマン。 それが薄暗くなりかけた山ん中にいる。その顔は想像の斜め上だった。
  • 【ほんのり】ボーイスカウト的なのに小学生のとき行って  内容は山でテント建てたり野外調理。
  • 【オカルト】一人の少年がこちらに向かって手を振っていた。しかし、手の平ではなく、手の甲で手をふっているのである
  • 【オカルト】『新片隅駅、新如月駅』終電乗ってから結構経ったんだけどまだつかねぇーんだが
  • 【不思議な話】低山のふもとの駐車場に先に1台停まってて「ああもう登ってる人いるんだ」と思って自分も登り始めた。10cmくらいの積雪の上に足跡が点々と続いてた。
  • 【意味怖】Cは最近和美という彼女ができたらしく、俺達に彼女の自慢話ばかりしてくる、俺と友人Aはうんざりしていた【新説あり】
最新記事
最新コメント
オススメ記事(外部サイト)
お問い合わせ
オカルト速報へのお問い合わせはこちらのフォームからお願い致します。
スポンサードリンク
記事検索
RSS & ソーシャルリンク

オカルト速報RSS オカルト速報Twitter

スポンサードリンク