【怖い話】ひどい浮気症の友人とその彼女。だが彼女が暴漢に襲われるという事件が続いてしまい、とうとう彼女が… | オカルト速報 - オカルト・洒落怖・怖い話・不可思議な話まとめ -

このエントリーをはてなブックマークに追加

引用元: ・じわじわ来る怖い話30じわ目

91: 本当にあった怖い名無し 2010/02/14(日) 23:41:06 ID:TI8tDLr+0
これは友人と、その彼女の話。
友人を仮に明雄、彼女を朱美としよう。

明雄は浮気っぽい男で、ひどいときには4股ほどかけていた。
呑みの席で、明雄からよく話のネタ程度に笑って聞かされた。
朱美と俺も顔見知りだが、彼女には浮気をしていることをもちろん隠している。

ある日、朱美が暴漢に襲われた。朱美の右腕はさっくりと割れていた。
傷口は肘あたりから手の甲に渡って深く刻まれ、傷痕は残るだろうということだった。
警察の事情聴取に、朱美は後ろから襲いかかられたといった。 
夜中だったこともあり、顔はわからなかった。 
刃物はカッターナイフだったという。 

後日、夜に再度、朱美は襲われた。今度は左足だった。 
凶器はタッカーと呼ばれる、釘や針を射出する工具だった。 
まず左のももに釘を打たれ、倒れた拍子に連射された。 
犯人はタッカーを投げ捨てて逃走したため、凶器は現場に残された。 
指紋は入念に拭かれて手袋も着用していたため、証拠となるものは残らなかった。 
そもそも明雄は土木業に携わっていて、工具にはある程度、精通していたし、 
仕事の帰りや朝が早いときは小さな工具を持って帰ることもあり、 
朱美の家だけでなく浮気相手の家にも工具を置いていた。 
それにタッカーは市販されているため、入手も容易らしい。 
朱美の左足は釘だらけで、骨も貫通していたため、歩くのも困難になった。 

その後、俺は朱美の見舞いに行った。 
病室での彼女は、気丈だった。始終、笑顔だった。 
明雄は俺と2人だけになると、涙を流した。

92: 本当にあった怖い名無し 2010/02/14(日) 23:42:06 ID:TI8tDLr+0
松葉杖で朱美が退院した夜、朱美の右足首は切断された。
朱美が帰宅すると、何者かがすでに部屋に侵入していた。
松葉杖を奪われて朱美が倒れると、犯人は朱美の顔を殴った。
そして手斧で足首を切断されたという。
犯人はそのまま逃亡。
朱美がすぐさま救急車を呼び、通報となった。
手斧はやはり市販されているもので、
入手はタッカーよりも困難ではあるものの、
一般人でも入手できるものだったという。
明雄は警察に浮気相手のことを吐露し、
警察は犯人が浮気相手だと推察して調査を進めた。
凶器の手斧は大きく、女性の力でも骨を切断できるものだった。

警察は明雄と朱美に推論を述べた。
明雄の浮気相手が朱美を苦しめるために襲ったのだろう。
もし明雄が別れなければ、朱美の命は危うい。
犯人は用意周到で計画的である。

明雄はしばらく悩んだ。俺も相談を受けた。
結局、明雄は浮気相手すべてを縁を切った。
もちろん警察は容疑者として今も調べている。
明雄は決意の証として、俺を連れて朱美の前で謝罪した。
浮気のことを朱美は許し、「一生、離さないででね」といった。

99: 本当にあった怖い名無し 2010/02/15(月) 00:59:40 ID:c6zy9OaO0
>>91>>92
わからないな。気になるのは
友人は4股ほどかけてた
右腕をカッターさっくり
左足をタッカーで連射
右足首をオノで切断
ででね。

96: 本当にあった怖い名無し 2010/02/15(月) 00:42:22 ID:pv1sH33j0
これは彼氏を自分のモノにするために自作自演でやったってことか。

93: 本当にあった怖い名無し 2010/02/15(月) 00:20:44 ID:VEbWDE/gO
お前のせいで昔好きだった子を思い出してしまた

PICKUP!

この記事へのコメント

コメント一覧

    • 1. 名無しのオカルト
    • 2017年03月31日 18:29
    • 自作自演じゃね?
    • 2. 名無しのオカルト
    • 2017年03月31日 20:45
    • 自作自演なんだろうけど手斧で足切断ってすごいな
    • 3. 名無しのオカルト
    • 2017年04月02日 16:50
    • >明雄は決意の証として、俺を連れて朱美の前で謝罪した。
      >浮気のことを朱美は許し、「一生、離さないででね」といった。

      だが、親族の猛反対により結局、破談となったのであった
           -Fin-
    • 4. 名無しのオカルト
    • 2017年06月21日 19:28
    • 作者は男の価値について過大評価しすぎだね
      浮気した男なんぞ足指の股のゴミほども価値はない
      そんなものに自分の手足を捧げるもんかw
      女がすごく卑下してた昭和でも、浮気がバレてカッターで(男の方の腕が)切られるぐらいがギリギリかな

コメントする

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
ギャラリー
  • 【都市伝説】『人を喰った話』彼女は「見てて」と言って、紙とボールペンを取り出して「ぎょーざ」と字を書きました。そして口に放りこんで……
  • 【ほんのり】関東大震災から逃げて来た人の話。当時はまだ今で言うオカルトみたいな迷信とかも信じられていた
  • 【オカルト】「通りすがりの変質者の霊にからかわれた!」と怒り心頭でいたら……
  • 【不思議な体験】大学生のとき祖父が他界した。最後、意識は無いが苦しみながらずっといろいろ独り言(うわごと?)を言ってたらしい。
  • 【オカルト】「おばあちゃん、つれてくからね」  自分は必死に足を動かそうともがき同時に、連れてっちゃ駄目!と心の中で叫んだ。
  • 【オカルト】笹子トンネルの天井の裏に妖怪がみえた。頭は大きくて、色みは黄色と茶色と緑、みたいな。
最新記事
最新コメント
オススメ記事(外部サイト)
お問い合わせ
オカルト速報へのお問い合わせはこちらのフォームからお願い致します。
スポンサードリンク
記事検索
RSS & ソーシャルリンク

オカルト速報RSS オカルト速報Twitter

スポンサードリンク