オカルト速報:2012年08月の記事

あまるプリント

このエントリーをはてなブックマークに追加
76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/15(金) 03:47:12.13 ID:J4ibncVXO

こないだ久しぶりに会った、20年来の幼馴染から聞いた話。

幼馴染(A男)はある女子高で英語の教師をやっていた。
Aはいつも、英語を教えるクラスの生徒に配るプリントを、校内のコピー機で刷っていたのだが、担当クラスは1学年に4つあって、全員分刷るとけっこうな枚数になるそうだ。
一気に4クラス分を刷ると、時間かかるわ紙無くなるわで色々と面倒なので、Aはクラス人数分ごとの数量指定で、授業前にいちいちコピーするようにしていたらしい。

しかし、なぜかあるクラスだけ、数が違って出来上がるんだそうだ。
32名分32枚刷ったのが、いつも33枚出来上がっているという。

最初はAも、「ただ数を間違ったんだろう」と思って気にしなかったそうだが「いつも」となるとなんだかおかしい。他のクラスではそんなことないのに。
Aは、教室に並ぶ机の一番前の席1列の生徒に「うしろに廻してね」と言ってプリントを配る。

すると手元に必ず1枚あまるそうなのだ。
前に、それを見た生徒に「先生、なんでいつも1枚あまるの?」と聞かれ「これは先生の分だから」と答えたそうなのだが、そんなつもりで刷っているわけじゃないのは自分がよく知っている。
だいたい自分の分は既にきちんとファイルに入っているのだ。

いよいよ不思議に思ったAは、自分がちょっとおかしくなっているのでは?と思い、コピー機の前で、数を数えてみることにしたんだって。
プリントをセットして、枚数を「31」と入力する。
(31枚+原本=32枚)
1枚、2枚、どんどん出てくる。Aは目を離さずにそれを数えていたそうだ。
とうとう31枚出てきたところで、コピー機は止まった。
原本を足して再度数えてみたところ、やはり32枚で間違いない。

しかし、そのきちんと数えたプリントをそのまま例のクラスに持って行き配ったところ、やはり手元に1枚あまってしまったそうなのだ。


赤いリボンと赤のワンピースの女

このエントリーをはてなブックマークに追加
69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/15(金) 03:28:04.18 ID:J4ibncVXO

8階に住んでいる。

仕事が忙しく帰りはいつも深夜だ。
にわか雨が肩を濡らすが気持ちいいくらいに思っていた。
ただ、いつもは明るいはずのエレベーターホールがやけに暗く見えた。
暗いのもすぐに理由がわかった。
何本かの蛍光灯の1本が切れている。
今に始まったことじゃない。ココの管理人は仕事が遅い。

エレベーターが1階に着きドアが開いてギョッとした。
中に人が居る…ドアに背を向けじっと立っている。
赤いリボンと赤のワンピース 女だ。


サッカー部の川島君

このエントリーをはてなブックマークに追加
62: 毒男 ◆B.DOLL/gBI 2012/06/15(金) 03:23:29.27 ID:JzLJAYKa0 BE:764745784-PLT(12004)

もう10年も前のことです。

サッカー部の高柳君と川島君はとても仲が良くて、いつもまるで双子のように息が揃っていました。
勉強も体育も、一位と2位は絶対にこの二人のどちらかでした。
当然二人はクラスの人気者で、二人が学校を休んだときなんかはまるで火が消えたように寂しかったものです。
私は女子でしたが同じサッカー部で家が近かった事もあり二人とはよく一緒に遊びました。
私自身それが誇らしかったのです。
ちびで体も弱く、勉強だってそこそこといった程度の私にはこの二人と一緒にいられるというのは
それだけで他の人たちに対して優越感に浸れたのです。

これは、たしか小学3年の時のことです。
私たちは近所の小川、(今は区画整備で埋められて無くなっています)に釣りに出かけました。
当時私は誕生日の時に父にねだって買ってもらったインスタントのカメラをいつも肌身離さず持っていました。
そのときもカメラを持っていった私は二人を撮ってあげることにしたのです。
今思えばあのとき写真なんて撮らなければ、カメラなんて持ってこなければあんな事にはならなかったのに…

家に帰って撮った写真を見ていると、あることに気がつきました。
それは高柳君と川島君が並んでいるところを撮ったものでした。
川島君の右腕の少し下、川の水面に人の目のようなものが写っていたのです。
当時の私は心霊写真という言葉は知っていましたが、まさか自分にそんなものが撮れるとは思っていなかったので
「気味が悪いな」
とは思ったものの特に気にも止めませんでした。

サッカー部の練習の時に川島君が右腕を怪我したのはそれから何日か経ったときでした。
市内の小学校数校で行われる大会の最中にボールが腕に当たり骨折してしまったのです。
川島君は入院することになりました。


ある雪山に助手と撮影に行った。

このエントリーをはてなブックマークに追加
59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/15(金) 03:18:57.41 ID:JXAoykzU0

ある雪山に助手と撮影に行った。雑誌の仕事だった。

撮影何日か目に助手が怪我をした。
まだ予定枚数撮れてないので、雪山を降りる事は出来ず撮影を続行した。

助手の怪我は悪化し、何日後かに助手は死亡。
それでも仕事を終えてなかったので山を降りる事が出来ず、泊まっていた山小屋の側に助手を埋め、一人で撮影を続けた。

朝、カメラマンが目を覚ますと、何故か助手の死体が横にある。


死んだばあちゃん

このエントリーをはてなブックマークに追加
46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/15(金) 03:04:37.30 ID:J4ibncVXO

ばあちゃんが死んだ時にさ、心電図っての?
アレがピーと鳴った訳よ。
まぁ、死んだんだから当たり前だけど。
とにかく鳴った訳よ。
「あぁ死んだのか」って思って泣いてたんだけど、じいちゃんは泣かなかった。


ギャラリー
  • 【オカルト談義】ティラノサウルスの霊はずっと出てたんだけどみんなティラノサウルス=ジュラシックパークみたいなかっこいいものと思い込んでたので気付いてなかった
  • 【洒落怖】『本音と建て前』 取引先メーカー内で、俺の存在が日に日に煙たくなっているらしい
  • 【ほんのり】1年5組の廊下側一番前の机の上に、人が座っていたと。 その席は、私の席だった。
  • 【オカルト】「見なきゃよかった……」/ ローラー車に女性従業員がひき殺される うろ覚えの怖い話を探す『失われた顔』『やってはいけない儀式』
  • 【オカルト】いつからか母が別人になった気がするのだけど、原因を思い当たる方はいますか?
  • 【オカルト談義】誰でも夢のなかで映像とか音声きくだろ?  あれが幽霊そのもの 。脳内の映像音声。
最新記事
最新コメント
オススメ記事(外部サイト)
お問い合わせ
オカルト速報へのお問い合わせはこちらのフォームからお願い致します。
スポンサードリンク
記事検索
RSS & ソーシャルリンク

オカルト速報RSS オカルト速報Twitter

スポンサードリンク