オカルト速報:2012年09月の記事

一日おきに書かれた妹への日記

このエントリーをはてなブックマークに追加
614: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/15(金) 02:20:00.10 ID:vcVpddYP0

さて、何を書くものか。 誰かに見せるわけでもないが、何となく最初は自己紹介。

・12/15
さて、何を書くものか。
誰かに見せるわけでもないが、何となく最初は自己紹介。
両親を墜落事故で亡くした俺は去年から妹と二人暮らし…だったのだが、
その妹は今年の春から留学中。
帰ってくるのは3月だ。
というわけで今年の冬は一人で生活。
暇だから日記でも書いてみる。
ちなみにこれは妹が去年のクリスマスにくれたノート。
ツリーの絵が描いてある。
ん…意外と書くこと無いな。
今日はもう寝ることにする。
妹、おやすみ。

・12/16
ペンは持ってみたものの書くことが無い。
妹との思い出を書こうとしても、なかなか手が動かない。
本当に俺って妹がいないと何もできないんだな。
妹に会いたい。

・12/17
今日は友達に合コンに誘われた。
なんでもクリスマスに合コンをやるらしい。
妹に言ったら怒るだろうか?


私には昔、霊とかそういうものが見えていた時期があります。

このエントリーをはてなブックマークに追加
549: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/14(木) 22:54:48.44 ID:0Xw82s//0

私には昔、霊とかそういうものが見えていた時期があります。別に見ようと思って見えるわけではなく、こっちの気分や事情に関係なく見えるので、実はけっこう困っていました。
町を歩いていても、人の後ろに貼り付いている霊が見えて、ひどい時はそれが普通の人間と区別がつかないくらいハッキリ見えるのです。

霊によっては一人でいるものもいて、そういう霊はますます見分けが付きにくい。だから知らずに近づいて、変な波長やオーラを貰ってしまうこともありました。
それで一時期体調も崩していました。人付き合いも苦手でした。それが、大学に入ってからは地元を離れたせいか、そういう体質は少し改善されました。
サークルに入ってバンドを始めて、少し自分に自信が持てるようになったせいか、かなり社交的な日常を送るようになりました。

ある日、そのサークルで合宿に行くことになりました。合宿と言ってもバンドの練習をするわけではなく、海辺に泊まりがけで遊びに行くだけのものでした。
友達と泊まりがけで遊びに行くのは初めてだったので、私は弾む気持ちで合宿を楽しみにしていました。


深夜に外で「起きてますよね?…困ったコトになったんで、ココ開けてもらえませんか?」 という声がした。

このエントリーをはてなブックマークに追加
524: 1/6 2011/04/14(木) 22:15:59.08 ID:pucLou1s0

まだ宮崎の田舎に住んでた小学校三年の時、姉と2人で「マザー2」ってゲームにハマってたんだ。
俺ん家は「ゲームは土日に3時間だけ。」って面倒な決まりがあって、
普段スーファミのカセットは居間に封印してあるんだが、
このゲームだけはどうしても我慢できなかった。
幸い自分の部屋にはスーファミ本体とテレビがあったので、
夜中こっそり居間にカセットを取りに行っては姉とマザー2をやり込んだ。
んで実際にプレーするのは俺。
姉は隣りでお菓子食べながら見てて、俺が詰まると色々と知恵出してくれるアドバイザー。
俺より2つ年上だったんで凄い頼りになった。
今でもハッキリ覚えてるが、
その頃はゲップーって敵に大苦戦してて、ひたすらレベル上げしてたんだ。
はえみつ使えば楽勝だって事も知らずにな。
時間は大体午前1時、丁度今位の季節で寒かったので毛布にくるまってゲームしてた。
必死に雑魚と戦闘してる時、姉が不意に
「タケ、テレビ消して。」
て言ってきた。
俺は訳がわかんなかったから焦って
「何で?眠いの?じゃあコイツ倒したら戻ってセーブするからちょっと待ってよ。」
と返した。が
「ゲームの電源は切らなくていいから…テレビ消しな。」
姉は締切ったカーテンの方を見ながら静かに呟いた。
俺は少し怖くなってテレビを消して布団に潜り込んだ。
「どうしたの?」
恐る恐る聞くと、姉は息だけの声で囁いた。

「庭の方で足音が聞こえる。」
俺ん家は周りを砂利に覆われていて、
人が歩いたりすると「ジャッ、ジャッ」て音がするからすぐわかるんだ。
俺はゲームに夢中で全然気がつかなかったけど、姉は結構前から気付いてたらしい。
で、余りにも立ち去らないから俺にテレビを消させたんだと言っていた。


もしかして僕のこと嫌いになったの?僕はこんなに好きなのに(´・ω・`)

このエントリーをはてなブックマークに追加
480: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/14(木) 20:00:17.59 ID:yPNV83yd0

一年前の話。
友人に誘われて某MMO(インターネットゲーム)を始めた。
それまでネトゲはおろかチャットも未経験だった私は、たまたま大規模ギルドに拾ってもらいそこの古参プレイヤー数人にプレイやチャットの手ほどきを受けた。
私のキャラは皆の協力により順調に成長し、いつも楽しくプレイすることができた。
皆いい人で、初心者だったというのもあってか私はギルド内でかなり可愛いがられていたと思う。
その古参の中にAがいた。
Aはプレイ歴が長くレベルもギルド内最高クラスで、普通じゃお目にかかれないレア装備をいくつも所持しており、皆から一目置かれる存在だった。
Aは私のことをひときわ気にかけていてくれたようで、しょっちゅうレベル上げを手伝ってくれたり、もう使わなくなった装備を気前よくくれたりした。

所属していたギルドは皆の仲がよくリアル知り合い同士という人もたくさんいて、ゲームしながらスカイプをつないで会話したり、メールアドレスの交換も頻繁に行われていた。
メンバーのほとんどが関東・関西圏に集中しており、北海道の私は一度も参加したことがなかったが、オフ会なんかもちょくちょく開催されていた。
ネット内コミュニケーションに免疫がまったくなかった私は、Aを含む仲良の良いメンバー数人とリアルの素性(性別、仕事等)やメールアドレスを教えあっていたが、今思えば、携帯番号や詳しい住所まで教えなくて本当によかったと思う。
Aは関西に住む大学生だった。

その頃になるとゲームにログインしている間中、常にAが絡むようになってきた。
ギルドハントといって、ギルドの仲間数人で狩りをするときはもちろん、たまにソロで遊んでいる時もAからちょくちょく耳打ち(一対一のチャット)がくるようになった。


【続】昔田舎で呪われて、今も呪われ続けている

このエントリーをはてなブックマークに追加

前編:昔田舎で呪われて、今も呪われ続けている


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/13(水) 18:16:00.16 ID:3Yn9BPua0

先週スレ立てた時は、戻ってこれたとしても報告できる状態ではないだろうと考えたので、
トリップも付けなかったから偽者と疑われるかもしれないけれども。
日曜昼過ぎに東京を出発し、現地に行ってきました。
帰ってきたのは昨夜、現地へ行ったのは俺一人です。
Cは…バックレました。
無理も無いです、恐怖で号泣してわびるCを責めるつもりは毛頭無いです。


ギャラリー
  • 【オカルト】梅田の泉の広場。噂の赤い女は見たことないけど、泉の広場って人が多くて良い雰囲気なのにどこか不気味
  • 【オカルト談義】明るい場所ではいわゆるお化けが出れこれない理由とは? 神とか霊はメタ的で抽象的な存在なので、場との関係性上で発生する。
  • 【オカルト】深夜、気配を感じて幼稚園の方を見たら、子供が5~6人くらい、こっちを真顔で  見てる。夜中の幼稚園と子供ってコンボは破壊力抜群の怖さ
  • 【不思議な体験】女の子は鍛えれば人一人吹っ飛ばせるんですか…?  気? 眷属? アラヒトガミ?
  • 【オカルト】生霊って本当にあるの? だとしたらトップアイドルや人気アーティストとか数え切れないくらい無数の生霊が飛んで来て日々悩まされるはず
  • 【ほんのり】親同士で「うちに子供が生まれたら結婚させよう」という話になった。が生まれた子は当時で言うところの精神薄弱児だった。/「人喰いおじさん」
最新記事
最新コメント
オススメ記事(外部サイト)
お問い合わせ
オカルト速報へのお問い合わせはこちらのフォームからお願い致します。
スポンサードリンク
記事検索
RSS & ソーシャルリンク

オカルト速報RSS オカルト速報Twitter

スポンサードリンク