オカルト速報:2012年09月の記事

昔田舎で呪われて、今も呪われ続けている

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/09(土) 16:40:44.58 ID:mwfbU+CM0

これを誰かに話すのははじめてなんだが、暇な奴は聞いてくれ。
ID:8Bp+h5fP0


3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/09(土) 16:42:28.07 ID:8Bp+h5fP0

あらかじめ断っておくけど、相当に長い上にヘタクソな文だと思う。
エロもない。
そして多分レスもしない。すまない、あまり時間が無いんだ。
ネタや釣りだと思われてもかまわない。
俺が吐き出したいだけというオナニースレだ。
ただ出来るだけ多くの人の目に触れてほしい。

早速話をはじめよう。
俺が小学5年の頃の話だ。


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/09(土) 16:43:27.71 ID:8Bp+h5fP0

東京で生まれ育った一人っ子の俺は、ほぼ毎年夏休みを利用して1ヶ月程母方の祖父母家へ行っていた。
両親共働きの鍵っ子だったので、祖父母家に行くのはたいてい俺一人だったが、初孫だった俺を祖父母はいつも笑顔で歓迎してくれた。
山あいにある小さな集落で、集落の北端は切り立った山になってて、その山のすぐ下を県道が走ってる。
県道沿いに商店が数軒並んでて、その中に祖父母家があった。
山を背にすると猫の額程の平地があり、真ん中に川が流れてて、川を渡って数分歩くとすぐ山になる。
山に挟まれた県道と川がしばらく坂を上っていくと、険しい峠になっていて、この集落は峠までの道で最後の集落になってる。
この峠は名前も何だか不気味だったこともあって、昔ながらの怪談話をよく大人たちに聞かされたものだった。
そんな寒村の小さな集落、全部合わせて50人も住んでないような場所だから、遊び仲間になる子供も5~6人ぐらいしか居なかった。


ずっと一人暮らしでとてもさみしかったらしく、遺書を遺して首吊り自殺していたらしいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
222: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/13(水) 20:20:51.29 ID:7ZOyJel40


小学生の頃、学校帰りに毎日近道で他人の家の庭を通って帰っていた。
田舎だから結構許されたんだろなぁ。
その日も普通にその家の庭を通ろうとしたら、その日はその家のおばあちゃんが家の前に立っていて、「今日は庭を通っちゃダメだよ」と言われた。いつもは縁側や庭でニコニコしながら「こんにちは~」って挨拶してくれるのに、その日は無表情だった。
不思議に思って家に帰ってからそれを母親に話した。母親も、「なんだろねぇ」なんて大して気にも止めてなかった。

でもその日から次の日も次の日も、一週間くらいおばあちゃんは庭を通らせてくれなかった。


お風呂に入って頭を洗っている時、「だるまさんがころんだ」と口にしてはいけません。

このエントリーをはてなブックマークに追加
188: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/13(水) 17:18:01.11 ID:9S/7Qyn90

お風呂に入って頭を洗っている時、「だるま
さんがころんだ」と口にしてはいけません。頭の中で考え

「最近の話なんだけどさー。俺、死んじゃったんだよね。」

このエントリーをはてなブックマークに追加
58: 忍法帖【Lv=7,xxxP】 2011/04/13(水) 01:27:24.27 ID:pRrpuu/N0

マイナーなテレビで伊集院光がした話


ラジオの企画で急遽、百物語をやろうって話になった。
本当に百の怖い話をして、ろうそくを消したらどうなるのか。
ラジオのスタッフやら怖い話をする演者やらを何とかかき集めて、
二十人の演者に対して一人5本の怖い話があるのも確認して、
貸して頂いたお寺の本堂で百本のろうそくに火を灯して、いざ、録音がはじまった。
一人怖い話を終えて火を消し、また一人怖い話を終えて火を消す。
実のところ、ラジオの業界は仕事の時間帯がバラバラなので、
この収録も結構遅い時間にやっている。まぁ、何か出そうでこれはこれで良い。
だが、仕事が終わってすぐの人もいたり、収録時間が長くて居眠りする人もいたりと、
途中からだんだんと、話す内容の質が下がってきた。
しまいにはふざけ半分で話すお調子者もいたりで、流れがグダグダになりはしたけど、
何とかみんな怖い話を続けて、とうとう残るろうそくの火は一つになった。

最後の演者が話を終えて、ろうそくの火を、フッ、と消した。


何も起こらない。


妹は確かにあの時、自分でない誰かの髪を洗ったと言います。

このエントリーをはてなブックマークに追加
521: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/14(木) 22:04:30.53 ID:crYB8YvN0

これは、実話です。数年前、私は、妹と二人で東京で二人暮らしをしていました。
元々は、二人別々に部屋を借りていたのですが、二人の家賃を合わせると
一軒家が借りられるという事に気付き、都心から多少離れてはいるものの、広くて綺麗な家を借りる事にしたのです。
ある日、妹がお風呂に入り、私が二階でテレビを見ている時です。
風呂場から「ギャアアアアア」という物凄い悲鳴が聞こえました。

ギャラリー
  • 【ほんのり】結婚式場って何かと人の感情渦巻いてるし、一応霊場でもあるから色々と出るらしい
  • 【不思議な体験】田ンボで不定形(くねくね等)の現象を見たという投稿があるよな。今まで、「ふわふわ」したヤツを見たことのある人いるかな?
  • 【洒落怖名作】この辺りで野生の猿は別に珍しいモノではないのだが、俺はこの時、何故かぞくりと戦慄を感じていた  『猿のようなもの』
  • 【オカルト】止まってくれた車は当時でも古いと思うような赤いシビックで、乗っていたのは二十歳そこそこの生真面目そうなカップルでした。
  • 【オカルト】一体誰が来たんだ? 2階の俺の部屋から玄関をそっと見ると、白っぽい服を着た40歳位のおばさん
  • 【ほんのり】母だと思って抱きついたら人違い。しかしその人はすかさずすごい力で手を握りニッコリ笑って……
最新記事
最新コメント
オススメ記事(外部サイト)
お問い合わせ
オカルト速報へのお問い合わせはこちらのフォームからお願い致します。
スポンサードリンク
記事検索
RSS & ソーシャルリンク

オカルト速報RSS オカルト速報Twitter

スポンサードリンク