オカルト速報:2013年02月の記事

家族で夕飯食べてるときに「そういえば女の人が出てくる夢見たんだけど、めっちゃ怖かったよ」と言った瞬間、姉と父、そして母の箸がとまった。

このエントリーをはてなブックマークに追加

引用元: ・死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?283

436: 本当にあった怖い名無し 2011/11/06 17:45:39 ID:O9cvYaLZ0

少々長くなるし、あまりオチもないけど。


うちの父方の家系は先祖に女の拝み屋がちょこちょこいるような家系で、今は拝み屋はやっていないが女は多かれ少なかれ不思議な体験をする。その中でも私は結構多く体験しているほうらしい。
普通は私だけ、もしくは姉と体験するんだけど一度だけ家族全員を巻き込んだ体験をしたことがある。

家族構成としては父・母・姉・私・犬の4人と1匹。私が中学生頃の話だ。
私はいつも学校が終わって帰宅すると自室で犬と2時間ばかり昼寝をしていたんだが、なぜかその日は仏間で寝ようと思い、枕やタオルケット(あと犬)を持ち込み万全の体制で昼寝を始めた。
すると夢をみた。どこを見渡しても真っ暗で「なんだこれ」と思っていたら、目の前の空間がぐにょぐにょ動き始めた。よーく見てみると人間のようで、さらによく見ようとして気づいた。真っ黒いワンピースを着た髪の長い女だった。顔はわからないけど至って普通の女の人。
でも見た瞬間こいつはダメだと直感した。「凶悪」とか「怖い」のダメじゃなくて、「あぁ食われる」と思ったんだ、死を覚悟するって感じに似てるかも。怖いってのはなくてなんだか静かな気分だった。
女の人がどんどん近づいてきて、あと数歩で私に触れるってとこで目が覚めた。助かったと心から思ったよ。ふと仏壇を見ると茶碗とか位牌とかが倒れてたんだ、風がふいても倒れないのに。あと隣でネタはずの犬が仏壇の前に座ってキョロキョロしてた。
まぁここまでだと「夢乙w」になるんだけど、こっからが始まりだったわけで続きます。



2,3年前から天使像に異変が発生。両目から血の涙のような跡がつくようになった。天使の子供の両目からも血の涙を流した痕跡がある。

このエントリーをはてなブックマークに追加

引用元: ・死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?283

430: 本当にあった怖い名無し 2011/11/06 16:46:42 ID:/7JjcaT80

今仕事で中国に住んでいます。
ここで観た事や体験したことを書きます。

・近所の天使像
住んでいるアパートから歩いて5分のボロ住居の前に、高さ60cmくらいの石膏製の天使像が置いてあった。
まあそこそこ見栄えのする像だったが、なんとそこの住人は汚いモップ干しとして使用w
上品な天使とその頭に掛けて干されている汚いモップが、なんともいえないコントラストをかもし出していた。

ところが、2,3年前から天使像に異変が発生。
両目から血の涙のような跡がつくようになった。天使の膝元に子供がいるデザインなのだが、子供の両目からも血の涙
を流した痕跡がある。そして日増しにその量は増え続け、天使と子供の顔はもはや血まみれといった有様だった。

日本人なら目を覆いたくなるような状態の像だったが、そこは中国人w
何も気にしていないようだったが、モップ干しの張本人と思われる掃除のばあさんが突然発狂急死してから事態は急展開。
ボロ住居の主人が誰かに、こんな不吉な像は捨ててしまいなさいと忠告されたらしく、即日天使は首をたたき折られて
近くの畑に廃棄された。
今でもその像は畑に捨てられたままだが、以前にも増して嫌な雰囲気を漂わせている。

・自室のテレビ
ある日、自室に置いてあったテレビがバチッと音を立てて画面が映らなくなった。
中国のテレビ番組は言葉がまったく判らないため、エロDVD鑑賞専用に使っていたものだw
ところが、映らなくなった画面を改めて見てみると、ひとつの大きな手形がついていた。
しかも形が不自然と思ってよく見てみると、指の数が全部で八本あった。
そのときは驚き2chに投稿するも、自分でやったんだろwと誰にも信用されず。
手形を写真に撮影した後、雑巾でふき取ったが、何か油のようなものが凝り固まった後のような手形で、力を入れて苦労して
ふき取った。

自分の部屋にこんな妖怪みたいなのがいたなんて、自分でも信じたくないし。

まだあるけど、需要があれば書きます。



その自殺した人は一人暮らしって事もあって発見されるのに死んでから一週間ぐらいたってたらしい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

引用元: ・死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?283

422: 本当にあった怖い名無し 2011/11/06 13:20:17 ID:2f1io/EVP

自分自身には特に何も起こってないから
全然怖くない話かもしれないけど
ちょっとカキコしてみる


俺が住んでる家の近くにアパートがあるんですけど
どうだろうな・・・・・・・
今から数年前かな?
そのアパートで自殺事件が起きたんですよ。

その自殺した人は一人暮らしって事もあって発見されるのに
死んでから一週間ぐらいたってたらしい。
何でも隣に住んでた人が
郵便受けに新聞がずっとたまってるし
変な匂いがしたから
気になって警察に連絡して・・・てな感じだったらしい

その死体が見つかった時はアパートには近くに住んでる人
がすげぇー集まってて野次馬だらけで
「これニュースになるんじゃね!?」て思うくらいだったw
まぁー地元の新聞に小さい記事としてしか結果乗らなかったけどw



扉を開けたら俺のすぐ目の前に、全く知らない婆がいた。ご丁寧に鎌まで持って。

このエントリーをはてなブックマークに追加

引用元: ・死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?283

395: 本当にあった怖い名無し 2011/11/06 00:07:12 ID:B6QQJIZ90

霊は出てこないが俺が体験した話。
お前ら「婆よ去れ」って話知ってるか?「ババサレ」じゃねーぞ言っとくが。まあ話というより噂なんだが、
よく閉め切ってある扉を開けることあるよな?たまにその先に見知らぬ婆が立っていてその姿を見た者は何処かへ
連れて行かれるっていうまあよくあるオカルト話だ。俺が小学校の頃あった怪談の本に書かれてたんだがそれが一時期ブームになった。
俺達はよくその話を立ち入り禁止の場所にあった小屋(俺達は秘密基地と呼んでいた)でいろんな奴に話してた。
その日もいつもみたいに話してたんだ。たぶん5,6人くらいいたと思う。その話以外にもいろんな話をして気が付いたら夕方になっていた。



Aは異常なほどシンメトリーに拘り、左右非対称の物に関しては、自らが納得するまで弄って、何とかシンメトリーにしようとしていた。

このエントリーをはてなブックマークに追加

引用元: ・死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?283

363: 本当にあった怖い名無し 2011/11/05 06:36:51 ID:9V/7Rjgx0

小学生の頃、ひまわり学級という障がいを抱えた子供が通うクラスがあった。
そこに、ずんぐりした軽度の知的障害を抱えた男子が通っていた。
そいつを仮にAと呼ぶことにする。というか名前知らないし。

ひまわり学級は普通、一般学級とは異なるタイムスケジュールで進んでいるため、その学級の生徒を見る事は稀なことだった。
それ故に一般生徒は、ひまわり学級についてほとんど知らないのが普通だったのだが、このAの知名度はかなりすば抜けており、一種の学校の名物君になっていた。
その理由としては、Aは気になる物は全て左右対称じゃないと気が済まないと言う、極めて重度の強迫性障害を持っていたからだ。
Aは異常なほどシンメトリーに拘り、左右非対称の物に関しては、自らが納得するまで弄って、何とかシンメトリーにしようとしていた。

これは現場を最初から見た訳ではないから何とも言えないが、一度、授業中にAの金切り声を聞いたことがある。
その後、窓際にいた友人に話を聞いてみると、どうやらAが中庭の細木の枝を只管折っていて、それを先生に止められたらしい。
しかし先生に腕を引っ張られながらも、金切り声をあげながら、何とか残りの枝もへし折ろうと執着してた……とのことだった。
数日後、中庭の細木が見事一本の棒のようになっていたんだから、どれだけAの執念が凄まじいかよく分かると思う。

とは言っても、全ての物に対して執着する訳ではなく、あくまで己の琴線に触れた物のシンメトリーだけに執着するらしい。
事実、他の細木には通常どおりだったし、人体模型や建築物などのシンメトリーもガン無視だったらしい。


ここで場面は変わるが、同じクラスの女子にHっていう子がいたんだが、その子が交通事故に合った。
幸い、命に別条はなかったものの、右足の脛から下あたりまでを失ってしまった。
一応、数ヵ月後には学校に顔を出す様になったが、リハビリかなんかで、ちょくちょく遅れて登校したり、早退したりも多くなった。
そんな感じの生活が続いていたある日、事件は起こった。
Hがリハビリの為に早退することになり、別の女子に連れ添われながら教室を出て行った。
それからほんの少し間が空いて突然、廊下の方から女子の悲鳴が聞こえた。その時は、自分も当事者だったので良く覚えている。



ギャラリー
  • 【オカルト】ふと前見ると社の外に若い女の膝から下が見える。汚いサンダル履きだった。
  • 【ほんのり】結婚式場って何かと人の感情渦巻いてるし、一応霊場でもあるから色々と出るらしい
  • 【不思議な体験】田ンボで不定形(くねくね等)の現象を見たという投稿があるよな。今まで、「ふわふわ」したヤツを見たことのある人いるかな?
  • 【洒落怖名作】この辺りで野生の猿は別に珍しいモノではないのだが、俺はこの時、何故かぞくりと戦慄を感じていた  『猿のようなもの』
  • 【オカルト】止まってくれた車は当時でも古いと思うような赤いシビックで、乗っていたのは二十歳そこそこの生真面目そうなカップルでした。
  • 【オカルト】一体誰が来たんだ? 2階の俺の部屋から玄関をそっと見ると、白っぽい服を着た40歳位のおばさん
最新記事
最新コメント
オススメ記事(外部サイト)
お問い合わせ
オカルト速報へのお問い合わせはこちらのフォームからお願い致します。
スポンサードリンク
記事検索
RSS & ソーシャルリンク

オカルト速報RSS オカルト速報Twitter

スポンサードリンク