オカルト速報:2013年03月の記事

帰ろうと思い通路を歩いたらさっきはなかったお札が落ちていた。 触らぬ神に祟りなしということで触らずに帰ってきました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

引用元: ・死ぬほど洒落にならない怖い話を集めてみない?288

656: 本当にあった怖い名無し 2012/01/21 10:44:43 ID:VD8DtoP5i

初投稿です。怖いというより不思議な実体験の話です。
正月あけて、祖父の墓参りに行った。
祖父のお墓は室内にあり、一階が坊さんがお経読んだりするような広いスペースがあって、
二階にたくさんお墓があるんだ。



福岡県の広川ってとこに十三仏って場所があって、かなり曰く付きらしく、友達と五人でいってみた。

このエントリーをはてなブックマークに追加

引用元: ・死ぬほど洒落にならない怖い話を集めてみない?288

626: 本当にあった怖い名無し 2012/01/20 21:42:36 ID:YUbD7CfZ0

怖くないけどいきます

五年前の話

専門学校時代、福岡、熊本、佐賀の心霊スポットに行きまくってた頃の話だ。
犬鳴は行った事ないけど。

んで、福岡県の広川ってとこに十三仏って場所があって、かなり曰く付きらしく、友達と五人でいってみた。

十三仏の事を教えてくれた友達からは「絶対いかんほうがいい!!」
とうるさく言われたけど、そんなの関係ねぇ!!と怖いものみたさで突撃したんだ。



そのことに気付いた瞬間、金縛りに襲われた 叩いていたそれはオレの足を掴む(手で掴まれている感触だった) 多分窓側へ引っ張っていこうとしてたんだと思う。

このエントリーをはてなブックマークに追加

引用元: ・死ぬほど洒落にならない怖い話を集めてみない?288

614: 本当にあった怖い名無し 2012/01/20 19:36:14 ID:EFYgqFfr0

叩くモノ

まだ実家で暮らしてる頃の話
団地の四階の窓を開け心地よい風を受けながらオレは部屋で昼寝をしていた
そうして爆睡していると、誰かが足を叩いた
「ああ、母が何か用事で起こしてるんだな」と思ったが
何故か執拗に足を叩いてくる
眠かったので、うるさいなぁと思いながら目を少し開けた
そこで寝起きの頭でもおかしなことに気付いた

体を横向きにして寝ていたんだが目の前には部屋の扉が見える
ということは後ろは窓側なのだ
一般的に考えて、部屋に入って
こっちを向いて寝ている人の後ろに回って起こす人はどれくらいいるだろう
更に気付く不可解な点
いま足を叩いてるモノは自分に対して何も声をかけていないのだ
ただひたすらに叩いているだけ
これはおかしいと断定する
この間、目を開けてからものの5秒も経ってなかったと思う



郵便配達の仕事をしてたころ、ある日誰もいない空き家に一通の茶封筒が来てた。今は誰も住んでないけどこの名前で来たらとりあえず配達しないといけないらしい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

引用元: ・死ぬほど洒落にならない怖い話を集めてみない?288

588: 1 2012/01/20 18:28:56 ID:tD4ac+Up0

以前仕事で聞いたことを書いてみる
あんまり詳しく書くと職責に触れるんで、結構改変するからフィクションとしてみて欲しい

郵便配達の仕事をしてたころ、ある日誰もいない空き家に一通の茶封筒が来てた。
大体引越してくるときには、不動産屋や水道、電気関係の葉書が来るから
前の住人のものだと思って、配達に使う原簿を確認して住んでいた人がいないかどうか調べてみた。
もともと住宅街の一角にある家だし、住人の出入りが激しいところではないのでそれまで細かく見てなかったんだけど
いざ調べてみると、そのうちだけで4家族くらいが入転居を繰り返してる。
期間も2番目以降はどれも3ヶ月とか半年とかで引っ越してる。
目当ての名前はすぐに見つかり、最初に住んでいた家族の世帯主だと分かった。



人の結婚式に白のタキシードで登場したA君。もう式場はAの独壇場。

このエントリーをはてなブックマークに追加

引用元: ・死ぬほど洒落にならない怖い話を集めてみない?288

583: 1/5 2012/01/20 18:10:50 ID:/5kJuqc70

908 :愛と死の名無しさん:2010/09/04(土) 14:50:35
微笑ましくもあるけど、雰囲気が微妙だった式

うちの職場の女上司(当時36歳)の結婚が決まった。
招待されたのは上司の上司以外は同じ係の私と私の先輩だけだった。
…が、突然隣の席(=隣の係)にいるA君が「いいなー。俺も結婚式いきたいなー」と声かけてきた。
上司が苦笑いしながら「A君は隣の係だし、人数制限もあるからごめんね」と言ったのに
「えええええ。俺もお祝いしたいっすよ。上司さんのこと好きだったから、諦めるために招待してくださいよー」
さすがに無理だよ、と笑い飛ばしたんだけど、このA君、直接新郎(同じ職場の違う部署)のところにまでいって
何と新郎側招待客名簿に加えてもらった。
(余談ですが、A君は確かによく上司のことをタイプだ、結婚したい、いや、結婚してください、と
飲み会の席なんかで言っていて、ちょっと本気なのか?と思う部分はあった。)



ギャラリー
  • 【オカルト】流行ってないネタやマイナーな雑学を知ったすぐ後に、それを身近な所で見たり聞いたりする。なんだろこれ…
  • 【ほんのり】いきなり凄い赤ちゃんの泣き声が聞こえた。赤ちゃん特有の絶叫に近い泣き声。
  • 【オカルト】タルパを初めて知った時に興味持ったんだけど、攻撃的な人格になっちゃうこともあってそうすると大変危険なんだって
  • 【オカルト】佐賀の岸岳で友人と同じ場所で同じモノを見た。せーのでお互い何を見たか試したんだ
  • 【オカルト】新しい神職の代になってから集落の氏子衆と仲が悪くなった。神職は生活のため商売を始め、ときどき都会から柄の悪い連中がやってきていた
  • 【オカルト】個人的には運転してると耳元に誰かがいて「ほら、よそ見しないで」とか  「あ、寝ちゃダメだよ!起きて」  って言われてる気がするんだよねえ
最新記事
最新コメント
オススメ記事(外部サイト)
お問い合わせ
オカルト速報へのお問い合わせはこちらのフォームからお願い致します。
スポンサードリンク
記事検索
RSS & ソーシャルリンク

オカルト速報RSS オカルト速報Twitter

スポンサードリンク