オカルト速報:2013年05月の記事

車の屋根に四つん這いになった男がニヤニヤしながらしがみついてるのが見え、友達同士でふざけているのだと思ったのだという。

このエントリーをはてなブックマークに追加

引用元: 死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?292

738: 本当にあった怖い名無し 2012/04/08 02:22:34 ID:4U1RNgT/0

深夜の仕事帰りに、県境の某旧道を運転していた時の話。
その旧道は山中を通っており外灯も少なく、夜一人で運転するのはなかなか怖かった。
あるトンネルを抜けた瞬間、何か車が重くなったような妙な感じがした。

それ以降、すれ違う車が皆パッシングしてくるようになった。
車内灯が点いてるかライトがハイビームになっているのかと思い、確認したがそれもない。

何台も何台もパッシングされ、次第に焦りを感じてきた。

そうしていると、すれ違ったタクシーがUターンして無理やり追い越して止めてきた。
困惑して止まっていると、運転手のおじさんが恐い顔をしながら近づいてきた。

「な、何ですか一体。」
私は窓を開け、おじさんに尋ねた。

「今、屋根さ人乗ってだっけべな。危ねえべな!」
おじさんはすごい剣幕で怒鳴ってきた。



ボロボロにさび付いた異様にでかい中華包丁2本 明らかに10代の女の子が持つには相応しくない代物だ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

引用元: 死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?292

673: 2012/04/07 01:09:22 ID:izNH2elO0

去年の5月に起きた話を。

大学に入学し友達も何人かできたある日の事、仲良くなった友人Aから、同じく
仲良くなったBとCも遊びにきているので、今からうちに来ないかと電話が
あった。
時間はもう夜の9時過ぎくらい、しかもAのアパートは俺の住んでいるところから
大学を挟んで正反対の方向にあり、電車を乗り継いでかなり先にある。時間も
かかるしちょっと面倒なのだが、特にすることもなく、そのうえ土曜の夜で暇だった
俺はAのアパートへ向かう事にした。

乗り継ぎ駅のホームで待っているとき、ふと気付いたのだがホームで
待っている人がやけに少ない。
「土曜の夜ってこんなもんだっけ?」と疑問に思ったが、特に気にもせず電車に
乗り込んだ。すると電車の中もやけに空いていて酔っ払いらしい2人組みが
乗っているだけだった。

特になんとも思わず席に座り、携帯を弄りながらぼーっとしていると、その酔っ払い
2人も次の駅で降りて行き、代わりに俺と同い年くらいかな?の女の子が乗ってきて
俺の向かいくらいの位置に座った。
最初は気付かなかったのだが、ふと携帯を弄るのをやめて顔を上げると、その
女の子がやたら可愛い事に気が付いた。

黒のセミロングくらいの髪型でちょっと大人しめな感じ、ぶっちゃけ言えばモロに
タイプの子だ。
が、別に女の子と話したことが無いとかそういうのではないけど、彼女いない歴=
年齢の俺に声をかける勇気があるわけもなく、「出会いなんてあるわけないよなぁ」と
心の中で思いながらふとその子を無意識に見つめてしまっていた。
しかも間の悪い事にその子と目があってしまった。

続く



振り向いたCを見て先生は絶句しました。Cの顔が歪んでいる・・・いいやあれはもう1つの顔が重なっているような異様な顔

このエントリーをはてなブックマークに追加

引用元: 死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?292

653: 本当にあった怖い名無し 2012/04/06 10:03:27 ID:r4TyE58u0

前に他のスレに書いたやつだけどこの歌とか知ってる人いるかな?

昔修学旅行中に先生から聞いた話

【雁姫様】
先生が小4まで住んでいた町はど田舎で子供の遊び場と言ったら遊具のある近所のお宮だったそうだ。
そのお宮には元々祭られている神様とは別に雁姫様と言う幼い姫君が祭られていた。
雁姫とは昔ある藩からある藩へ幼くして嫁いでくるはずだった姫なのだが嫁ぐ道中で病により亡くなりこの地に葬られたらしい。

ところでこの土地の子供達の間では【雁姫様の鏡】と言う遊びが流行っていた。
内容は雁姫役の子供を中心に数人で円を作り手を繋いで歌いながらぐるぐる回るあーぶくったったの様な遊び
歌の歌詞は姫役と周りの子で歌うパートが異なっていて確かこんな感じだったと思う。
周りの子「1つお進みください雁姫様」
姫「ここはどこぞ?」
周りの子「ここは常世でございます」
周りの子「2つお進みください雁姫様」
姫「ここはどこぞ?」
周りの子「ここは浄玻璃鏡の間」
周りの子「3つお進みください雁姫様」
姫「ここはどこぞ?」
周りの子「ここは鳥辺野石灯籠」
周りの子「4つお進みください雁姫様」
姫「ここはどこぞ?」
周りの子「ここはうつし世鳥居の間」
そう歌い終わると姫役の子は12を数えその間に他の子は逃げたり隠れたり。まあ一種の鬼ごっこだわな
でその遊びには1つルールがあってお盆と姫の命日にはやってはいけなかった。
でもお盆はともかく姫の命日が2月とか12月とか曖昧で命日はあまり気にせず皆遊んでいたそうです。



ギャラリー
  • 【ほんのり】テーブルに置かれたヤカンみたいな置物。見た瞬間なんかよくわからんがゾクッとした。
  • 【オカルト】近づいてみて私は驚きました、それは貝殻ではなく人間の2つの目でした。
  • 【オカルト】引越し当日の夜B子が金縛り。B子はそれまでは金縛り経験は全く無かったそうです
  • 【心霊いい話】カーテンを閉めて部屋をよく見ると母と妹がコタツで寝てた
  • 【ほんのり】10年くらい前 当時都内のワンルーム1階に住んでた。洗濯しようとドアを開けたら目の前に知らない男が立ってた
  • 【洒落怖名作】昼間から曇天で薄暗い中、近道と教わったNダムのそばを通る山中の一本道をずっと走っていた  『きょうこさん』
最新記事
最新コメント
オススメ記事(外部サイト)
お問い合わせ
オカルト速報へのお問い合わせはこちらのフォームからお願い致します。
スポンサードリンク
記事検索
RSS & ソーシャルリンク

オカルト速報RSS オカルト速報Twitter

スポンサードリンク