オカルト速報:2013年05月の記事

『もんぺみたいなボロボロの服着て頭巾をかぶった人が土下座してた…』 って言ったらしい。 皆、え…?ってなったけど、その子の反応は異常だった。

このエントリーをはてなブックマークに追加

引用元: 死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?278

614: 本当にあった怖い名無し 2011/09/04 03:58:03 ID:XPsoJwUd0

真夜中に失礼。投下。

俺の友達の姉ちゃんの話
今はもう取り壊されてない小学校に姉ちゃんが通ってたのね。
で、その学校のトイレに不思議なトイレがあったらしい。
夏になると段差も物もないのに、なぜかつまづくトイレなんだって。
つまづく子とつまづかない子、それぞれいたらしいんだけどなんか変なトイレだねーくらいの感じだったんだって。
で、夏休み前のある日転校生が来て、その子が休み時間にトイレ行った時に教室に響くくらいの悲鳴が聞こえたらしい。
どうしたの?!って皆が聞くとその子腰抜かして震えてたんだって。
尋常じゃないから保健室行く?って姉ちゃんが聞いたら、それよりも早くここから出たいって言ってその子を抱えながら教室に戻った。
机に座らすと、クラス全員がその子の机の前に集まってどうしたのか聞いた。
そしたらその子泣きながら『皆には見えなかったの?』って言ったんだって。
女子は皆顔見合わせて不思議な顔してる。
『もんぺみたいなボロボロの服着て頭巾をかぶった人が土下座してた…』
って言ったらしい。
皆、え…?ってなったけど、その子の反応は異常だった。
で、担任に事の次第を説明すると次の日からそのトイレは使用不可になったらしい。

その姉ちゃんがいうには、その時はよく分からなくて気味悪かったけど、今思えば戦争で亡くなった人が玉音放送聞きながら天皇に土下座してて私らはその人にいつもつまづいてたんだろうね…って言ってた。



胃を決して畳をめくってみよう、となり、たたみを外したらしい すると、そこには真っ黒な大量の長い髪の毛が置いてあったそうな。

このエントリーをはてなブックマークに追加

引用元: 死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?278

609: 本当にあった怖い名無し 2011/09/04 02:30:10 ID:Xf/CAGS00

母親から聞いた話しで、今から約35年くらい前のこと。

母親の友人が、アパートを借りる事になって、一緒に部屋を見に行ったらしい。
部屋に入った瞬間、お決まりの様にジトーッとした嫌な感じがして、母親はこの部屋はやめとくようにと友人に言った。
しかし早く部屋を決めたかった友人は、大丈夫だからとその部屋に決めたんだと。
それからしばらくして、母親に友人から連絡が入る。
なんだか部屋の様子がおかしいと。
和室の部屋があり、そこがなんとも気持ちが悪いと。
とにかく来てくれという友人。
そして母親は部屋を訪ね、その問題の一室を見てみると、部屋はとにかくものすごい湿気、そして気持ち悪いくらいに、ある畳一畳だけにカビが生えてたんだと。

穴の奥にはものすごい広い空間が広がっていた。その真ん中に銀色の茶碗を逆さにしたような金属製と思われる大きな物体が浮いていた。

このエントリーをはてなブックマークに追加

引用元: 死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?278

603: 本当にあった怖い名無し 2011/09/04 01:19:39 ID:O42vss110

子供の頃、小学五年生くらいだったか、
早朝、友達と二人で雑木林にカブトムシをとりにいった。
蜜を仕掛けた木に向かう途中、友達が変なものを見つけた。
地面に小さな穴があった。小枝やら葉っぱや土をどけると、穴はかなり大きいことがわかった。
子供の俺たちなら余裕で通れるくらいだった。それにかなり奥まで続いているようだった。
かなりテンションの上がった俺たちは、穴の奥を探検することにした。
緩い傾斜をしばらく降りて驚いた。
後日の友達の表現を借りると、野球場を三つくらい足したような、ものすごい広い空間が広がっていた。

「あいつどこ行ったんだろうなぁ~」 って言ってる親父の後ろ 帽子被ったおっさんが立ってた。 怖くて目を背けた。

このエントリーをはてなブックマークに追加

引用元: 死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?278

594: 本当にあった怖い名無し 2011/09/04 00:02:01 ID:Aefzi1wC0

このスレのどっかに俺の体験と似たような話があったので投下
アラサーの俺が20歳位の頃の話
ある夏の夜中、寝苦しくてすんげぇ汗かいてたのね
気持ち悪くてシャワーでも浴びようかってんで風呂に行った
スッキリした所で缶ジュース持ってベランダ行って飲んでたんだ。

とりあえずタバコふかしながら家の前眺めてた。
ボーっと眺めてたんだよ。
電信柱の街灯が道路を照らしてて、そこに視線が行った。
俺の車その下に停めてるからちょっと気になったんだろうな。
よく見ると車の横、俺から見て奥の方に誰か居る。

こんな時間だし見間違いだろうと思いながら凝視するんだけどやっぱり居る。
その時は特に怖くなくてさ、こんな時間に何やってんだろうって。
そん位しか思わなかった。
時間が経てばどっか行くだろうって思ってほっといた。
そんで部屋戻ってベッドへ、やっぱ寝苦しくて気持ち悪い。
もぞもぞしてたら下の部屋で物音がする
誰か起きたのかな?
ジュース飲んでもまた喉が渇いたんで麦茶でも飲もうと思って下降りたんだよ。
台所に親父が居た。
普通にビール飲んでた。
親父も寝苦しかったらしくベランダで飲まないかと誘われた。
俺は言われるがままにホイホイついて行ったよ。
たまには親父と夜中ベランダで酒飲むってのもいいもんだろうとか思ったんだろうな。

続くぉ!



あの女性は何者なのか.当然面識はない. なぜあの女性は私の行動を知っていたのか. 予言めいた警告をしてきたのはなぜか。。。

このエントリーをはてなブックマークに追加

引用元: 死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?278

567: 本当にあった怖い名無し 2011/09/03 17:58:10 ID:adCNwfJ10

このスレの全話まとめサイトにあるアドバイスという話.
私の体験とよく似ていてびっくりした.
3年前のある日曜の夕方,新幹線で彼氏と旅行から帰る途中のこと.
新幹線が停車し,降りようとしていると,
隣のボックスに座っていたパンツスーツ姿の女性からメモ書きを渡された.
女性はそのまま速足で降りて行ってしまった.
メモには,

突然すみません お願いがあります
明日の朝は高速道路は使わないでください
できれば一日車自体に乗らないでください
悪戯ではありません
あなたは明日●●サービスエリアに立ち寄り,●●まで高速を利用します
どうか信じて下さい

とだけ書かれていた.彼氏も気味悪がっていた.
確かに私は月曜日だけ,高速道路を使い遠くの職場に出向している.
他の曜日は電車を利用しているため,車に乗るのは月曜だけだ.
決まって必ず●●サービスエリアでお昼のお弁当を買い,●●で高速を降りる.
女性のメモと私の月曜の朝の行動は一致していた.
彼のすすめもあって私はその日だけ電車で出向した.
私の身にはなにも起きなかった.
特にその日いつもの道で事故等があったという話も聞かなかった.
あの女性は何者なのか.当然面識はない.
なぜあの女性は私の行動を知っていたのか.
予言めいた警告をしてきたのはなぜか.
なにか実際に起きたわけではないけど,不思議で不気味な出来事でした.
さっきまとめを読んでいてハッと思いだしました.



ギャラリー
  • 【オカルト】私の友人はハト好きです。ある日嬉しそうに話してくれました。「最近,うちによくハトが訪ねて来るんだ」
  • 【オカルト】「そういえばあのオヤジの部屋を特定したんだった」 本屋に行くついでにあの部屋を昼間、 外から眺めてみようと歩いて家を出た
  • 【オカルト】異様に静まった居間で突然祖父が「…来るぞ」とボソッと呟く。 すると玄関のドアが突然開き……
  • 【不思議な話】コンビニ全店の自動ドアが全く反応せん時期があった。スーパーや銀行の自動ドアはフツーに開く。
  • 【ほんのり】枕からフライドチキンが出てきた。 何言ってるのかわけわからんと思うけど本当のことなんです。
  • 【オカルト】想像すると怖い。私はひとり暮らしなのですがコタツ机とベッドがすぐ近くにあります……
最新記事
最新コメント
オススメ記事(外部サイト)
お問い合わせ
オカルト速報へのお問い合わせはこちらのフォームからお願い致します。
スポンサードリンク
記事検索
RSS & ソーシャルリンク

オカルト速報RSS オカルト速報Twitter

スポンサードリンク