オカルト速報:2013年06月の記事

そしたら、またあの痩せたおかっぱの女の人が私のベットの隣に立ってた。ジーっと私を見てる。少し怒ったような表情で。

このエントリーをはてなブックマークに追加

引用元: 死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?268



261: 本当にあった怖い名無し 2011/06/09 13:32:03 ID:qO8E4Nqa0

今から2年ぐらい前の話。
お昼近くにモス○ーズバーガーが無性に食べたくなって、自転車でモスに行こうとしてた。
横断歩道で、もう少しでモスというところで、左折してきた普通車に自転車ごと轢かれた。
色々打撲擦り傷とかあったんだけど、左足がボキっておれてしまって、
市内の大きな病院に入院することになった。
圧倒的な力に体を壊されるってこういうことなんだと思いながら、処置が終わった足を眺めつつベットでぐったりしてた。
病室は個室で、比較的新しい病院だからとっても綺麗でベットで寝てても可動式の小さいモニターのTVが目の前に伸ばせたりするので、ちょっと感動してた。
そんな時にお母さんとお父さんが病院あわてて病室に来て、なにやってんの!と怒られて頭をお母さんに殴られた。
青信号でちゃんと渡ったのに、ひどい!何で私が怒られなきゃいけないの!と逆切れしてたのをおぼえてます。
警察の人に、車を運転していた人が知ってる人でしたかとか聞かれてたりして、
こんな風に調書ってとられるんだーってちょっとドキドキしながら、生まれてはじめての入院にちょっとワクワクしてました。

でも、その夜。
お母さんは病室に泊まらないで、私の着替えとか用意して帰ってしまったので、
疲れたし擦り切れた腕とか痛いしで、色々落ち着いた16時ごろからベットの中で起きたり寝たりを繰り返してた。
たしか23時ぐらいだとおもうんだけど、目が覚めたら、私のベットの隣でおかっぱの痩せた女の人が立ってたの。
思いっきりびっくりして誰!?っておもったけど、大きなバラの花柄のパジャマ着てたから入院患者さん?って思って「え?間違って入ってきたの??」とおもって、時計見ようと顔だけ横向いて、またその人を見たらその女の人がいなくなってた。
「えええええええ!?」って一人パニックを起こしてたんだけど、見間違え??かな??っておもって。



『人の恨みは怖いからね、自分は忘れてもされた人は絶対に忘れない。アンタも恨まれるようなことしたら…いつか』

このエントリーをはてなブックマークに追加

引用元: 死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?268

224: 本当にあった怖い名無し 2011/06/09 03:47:26 ID:srsPVJrs0

お前らにも降りかかるかもしれない怖い話

高校時代、バイトが終わって家に帰ると知らないおっさんが親父と飲んでた。
俺「こんばんわ~」

おっさん「おー!若い頃の○○ちゃんに似てるね~」

くらいの挨拶だけして自分の部屋で過ごしてたんだけど、まぁ…気になるじゃん
そのおっさんが帰ってから親父はベロベロだったから母親にどんな関係か聞いたら顔をしかめた
んで前置きでこう言った。

「お父さんのようなことしちゃ駄目よ」

ってね

そのおっさんは親父の高校の同級生で同窓会で再会してから気があって時々飲んでて、今日はたまたま家に来たらしい
よくある話しだな って感じだったが話しは続く

「○○さんはねぇ…高校の頃お父さん達にイジメられてたのよ。窓から靴投げたりしてたんだって」

よくそんな奴の家で酒飲めるなとか思いつつ遅い晩飯を食いながら素直に疑問をぶつけた。



乗っていたエレベーターがとまり、乗り込もうとした看護婦に、 あっ、いっぱいですね、先どうぞ と言われた。 乗ってたのはオレと母ちゃんだけだったのに。。。

このエントリーをはてなブックマークに追加

引用元: 死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?268

202: 本当にあった怖い名無し 2011/06/09 00:54:54 ID:d3Lw32mR0

親父が肝臓やって死にかけたとき、
母ちゃんと病院の説明室で主治医と研修医から話を聞いた。
大きなテーブルを挟んで対面していたんだが、気がついたら部屋の隅に三人知らない人が立っており、上目遣いの凄い形相で主治医を睨んでた。
オレはこれはこの世のものじゃないと思い、怖くて見ないようにしてた。
誰も気づいていないようだった。

猛反対する両親を遮り、強引にセカンドオピニオンをし、違う病院に移した。
親父は告げられた余命よりはだいぶ長生きした。
でもオレはあそこで見た連中の顔が目に焼き付いて、しばらく安定剤頼みになってしまった。
ほんとに怖かった。

ホームに電車が入ってきた瞬間 「ぴんぽんぱんぽーん、あの人飛び込みます」って流れた その後はアナウンス通りに、女性が飛び込み。。。

このエントリーをはてなブックマークに追加

引用元: 死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?268

125: 本当にあった怖い名無し 2011/06/08 18:09:58 ID:B+Kp6jv9O

怖い話ってほど怖くはないけど
私は子供の頃、大体6歳くらいまでアナウンスが聞こえてきたんだ
普通に生活してて、急にあの「ぴんぽんぱんぽーん」みたいな音がして次に言葉が流れる
意味のない言葉はなくて、遊びに行こうとしたら
「ぴんぽんぱんぽーん、これから雨降ります」みたいなこととか、結構便利なことを教えてくれた
事実アナウンスの言葉通りになった
子供だった私は、それが全員に起こってることだと思ってたんだよね
だから自慢もしなかったし、誰にも話さなかった
当たり前だと思ってたから
それである日家族でお出かけしたんだ
駅について、ホームで電車待ってたら何か一人の女の人が妙にホームギリギリに立ってたんだ
私はそれが気になってチラチラ見てたらアナウンスが鳴った
いつもなら「ぴんぽんぱんぽーん」一回のハズなのに何回も何回も「ぴんぽんぱんぽーん」が鳴る
私は手を繋いでるお母さんに「ぴんぽんぱんぽーんなってるよ」って伝えたんだけど
「これは電車が来る音だよ」とだけ返された
どうやら電車到着の音もなっていたらしく
私はそれで納得した
それでもアナウンスはならなくて、ホームに電車が入ってきた瞬間
「ぴんぽんぱんぽーん、あの人飛び込みます」って流れた
その後はアナウンス通りに、女性が飛び込みお出かけ中止
それからは何故かアナウンスが聞こえなくなって
だんだん忘れてきたんだけど、先日自宅でテレビを見てたら
「ぴんぽんぱんぽーん」って鳴った
空耳かと思ったけど、ハッキリとし過ぎてた
そして「次終わりまーす」ってアナウンスが響いた
それから特に何もないけど何が終わるのか気になって仕方ない
アナウンス聞こえる人いない?



連続して撮ったうちの一枚だけ、犠牲者の遺体を見ている犠牲者が写っている。しかし、その犠牲者を取り囲むようにして十数人の人が無表情で写っていた。

このエントリーをはてなブックマークに追加

引用元: 死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?268

112: 本当にあった怖い名無し 2011/06/08 14:11:33 ID:E/4IvTZG0

警察官の従兄から聞いた
仕事柄、現場写真を山のように撮るが、たまに説明不可能な写真がある

①高速道路の事故現場:連続して撮ったうちの一枚だけ、
犠牲者の遺体を見ている犠牲者が写っている 服や髪形はまるで一緒
しかし、その犠牲者を取り囲むようにして十数人の人が無表情で写っていた
②放火殺人の現場:現場写真に野次馬を映したものがある
なぜか一人、火事場と逆方向を見つめている人がいる
後の発表で気づいたが、その時火事場にいたはずの犠牲者だった
もしかしたら視線の先は、、と考えたが、とくに捜査に役立つ情報は得られなかった

ギャラリー
  • 【オカルト】先日祖母の火葬の時、祖母が可愛がっていた喋る人形に頭の中が支配された
  • 【オカルト】バックミラーみたら、後ろに首のない単車に乗った人がいた。信号が変わるまで肉眼とバックミラーを交互に何回も見た。
  • 【謎な話】背中に黒い斑点が出来ているのを見つけた。『ラーメンと象と回転するリング』って誰かに言われる。
  • 【ほんのり】祖母の葬式が済んでのこと。 仏間の天井のあたりが、どんどんどんどんと北から南へ  生前祖母が腹を立てて嫌がらせに歩く足音のような音が。
  • 【信仰・風習】西洋と東洋、特に日本では「魔」に対する考え方が違うよね。 欧米は一元指向だけど、日本では二元論的考え方。
  • 【オカルト】中古で買った小さい人形が動いてる「うちにはリアルジュペッタがいる」
最新記事
最新コメント
オススメ記事(外部サイト)
お問い合わせ
オカルト速報へのお問い合わせはこちらのフォームからお願い致します。
スポンサードリンク
記事検索
RSS & ソーシャルリンク

オカルト速報RSS オカルト速報Twitter

スポンサードリンク