オカルト速報:2013年07月の記事

そうしたら、首を左90度に曲げて目をカッと見開いたままニタニタしてるガキと目が合った。 今度は目線をこっちに向けたまま微動だにしなかった。

このエントリーをはてなブックマークに追加

引用元: 死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?254

844: 本当にあった怖い名無し 2011/02/11 00:13:15 ID:MumNAsBuP

高校の頃サッカーをやってたんだけどさ、その時に体験した話をひとつ。
まぁサッカーをやってたと言っても10日くらいなんだけどね。
体力づくりや友達が出来れば良いなぁって感じで高校2年になってから初めて部活入ったの。

大学のサークルとかじゃないから高校2年で部活入るなんて遅すぎだと思われるけど、
実際、みんなのやってる練習について行ける訳がなくて最初の3日なんてギリギリついて行くのが精一杯だったのよ。
レギュラーに成りたかったわけじゃないんだけど、これじゃいかんと思って、皆が帰った後に一人で練習してたわけ。

最初の数日は何とも無かったんだけど、

その週の日曜日にも練習があって、18:00くらいまで残ってかな。
その時は冬だったから18:00でも怖いくらい真っ暗なんだよね。
急いで帰ろうと思って部室のドアに手を掛けたら俺のすぐ隣に幼稚園児くらいの子供が居たのよ。

最初は顧問が息子を連れてきたのかな?と思って「ボウヤどこの子?」って聞いたんだけど何も答えないの。
それどころか、ニコニコ笑いながら部室の奥の方に入って行った。
で部室の入り口から真正面の壁に背中を当ててそのまま座りこんで微笑みながら入り口の方をずっと見てたから、
「顧問の○○先生の所の子でしょ?ここに来たらお父さんに叱られるよ?」と軽くなだめ透かしたんだけど全く無視。
ただ入り口を見てずっとニコニコしてる。
着替え終わって部室を出るときに一緒に連れて行ってあげれば良いかと思ってその子に背を向けた格好で着替えてたら
後ろから物凄い視線を感じるわけを気持ち悪い程ネットリとした視線を。



「どうした?って聞きたいのはこっちだ。 おまえこそ何やった? おまえからドス黒いオーラみたいなものが出てる。」

このエントリーをはてなブックマークに追加

引用元: 死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?254

827: 本当にあった怖い名無し 2011/02/10 14:56:41 ID:EVLz9js00

初めて投稿するので良かったら読んでください。

大学2年生の頃、ネットで呪いの方法を知った。
とりあえず誰かに試してみたくなって当時、
最もムカついていた相手に試してみることにした。
呪う相手に会うことは絶対にないから気休め程度になれば良いと思ってやった。
さっそく呪いの方法を試してみたけどそれをやった後の体力消費が半端じゃなかった。
終わった後は強烈な睡魔に襲われ倒れるように眠っていた。

呪いを毎日やり続け2週間くらいたったある日、
オレは教習所で中学時代の友人に会った。
久しぶりの再会でうれしかったのでそいつに声をかけるといきなりこう言われた。

「近づくな。」

駆けつけると、スッポリとした漫画みたいな穴を残して、男の子を乗せたソリは姿を消していた。

このエントリーをはてなブックマークに追加

引用元: 死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?254

765: 1/2 2011/02/09 12:21:29 ID:edja63OY0

神戸市北区。1993年くらいの話。

帰宅は真冬は結構雪が積もって、坂道だらけだから
すごい時はソリ遊びができるくらい積もる。

当時小5の俺らは5人で住宅地の坂道をプラスチックのソリで滑っては上りして遊んでいた。
その目の前の家で、雪の中、引っ越してきて荷物の積み下ろし?をしてる家族がいた。
隣のおばさんが手伝いに出てきたりしてて、お父さんが「4人家族ですがよろしくお願いします」と
挨拶している。
俺らと同い年くらいの男の子がこっちを見ていて、お母さんが「遊びたいの?混ぜてって言ってみれば?」と
男の子の背中を押す。

俺らも「おう!こいや!仲間なろうぜ!」と、新入りの登場にはしゃいで、
男の子も嬉しそうに仲間に加わった。
ソリは二人で乗って遊ぶんだが、友人Tとその子が一緒に乗り込み、
坂を滑り始めた。

住宅地に住んでる人は分かるかと思うけど、住宅地の家の脇には結構大きい排水溝がある。
学校帰りにそこにスッポリ入って歩いて遊ぶくらい大きい溝だ。
雪がそこに積もると、落とし穴の様になって危ないんだが、当然地元の子供はそれが分かってるから
溝に近づくとソリから飛び降りるわけだ。
その時、出来事は起きた。

つづく



明け方、何気なくニュースを見たらその海で水死体が二体あがってた。 死後どれだけ経ったかわからないほどに、水ぶくれがひどかったとか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

引用元: 死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?254

750: 本当にあった怖い名無し 2011/02/09 00:00:29 ID:H1z3K1J00

俺の友達Tの話。
Tが地元の女友達と海で飲み会してた。
いわゆる女子会()
夜の1時を回った頃、みんな程よく酒が回った時に2人組の男が乱入してきたらしい。
その男達とはしばらく話が盛り上がってたらしい。
でも、Tは少し違和感を感じてたんだって。
男達、笑う時は手を叩いて笑うんだけど、
叩いた時の音が
「ぺチン、ぺチン」
で不自然だった、と。
まぁ、酒が入ってるから気のせいにした。

少しして、男達は海に入りたがったらしい。
男達はみんなをしきりに誘ってたらしいが、さすがに誰も入らない。
男達のしつこい誘いのせいで場の雰囲気もシラけたらしく、その日は解散した。

明け方、何気なくニュースを見たらその海で水死体が二体あがってた。
死後どれだけ経ったかわからないほどに、水ぶくれがひどかったとか。
あの時、誘われるがままに海に入ってたらどうなってたか、を考えると今でも怖いらしい。

地元、沖縄のサ○サ○ビーチでの話。



携帯を耳に当てたまましばらく固まっていると、 雑音の中から小さいけどはっきりした声で 「カエス」 という言葉が聞こえた。

このエントリーをはてなブックマークに追加

引用元: 死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?254

495: 本当にあった怖い名無し 2011/02/05 02:49:27 ID:Y+67HZg+0

これは怖いというか、自分には教訓みたいになってる話。
だからそういう話と思って見ていただけたらありがたい。
もう十数年以上前の話だけどいまでもハッキリ覚えてる、というか忘れたくても忘れられない記憶。
こうしてネットとかで語る分にはまだ大丈夫だけど、
口にするのはいまだにちょっと抵抗がある。
まあ、自分自身が直接経験した恐怖ってわけじゃないんだが・・・
(注)書いてるうちになんかめちゃくちゃ長くなったから、面倒な人はスルーして下さい。
さほど怖い話でもありませんw

十数年前の話だが、自分は田舎にあるけどやたらでかい大学の大学生だった。
2年生の夏休みにいつも遊んでる仲間と会う事になった。
多い時には15人くらい集まるんだけどちょうどお盆で帰省してる連中も多く、
集まったのは自分を含めて6人。男女三人ずつだった。
いつもに比べて人数が少ないし、金もないということで家飲みになった。
Tという明るいムードメーカーが住んでる1DKの学生アパートに皆集合して、
冷房ガンガン効かせながら鍋(水炊きだったと思う)をしながら飲んだ。
「今日は周りの部屋の人帰省していないみたいだから、存分に騒げるぞ」
ってことで遠慮なく飲んで皆で大騒ぎしてた。かなり悪酔いしてたと思う。
で、ちょうど0時前くらいだったかな?Tが心霊スポットに行ってみないかと言い始めた。
仲間でつるんで真夜中に飲んでたらこういう展開はよくあるのかもしれないが自分は初めてだった。
Mが興味深々な目で「お?どこだのことだ?」と身を乗り出してきた。
「××の少し奥に行った所にある○○という施設の廃墟だ」とTは言った。
Mも俺も皆も、「ああ、あそこか」と納得した。
そこは地元ではけっこう有名な心霊スポットだった。



ギャラリー
  • 【都市伝説】『人を喰った話』彼女は「見てて」と言って、紙とボールペンを取り出して「ぎょーざ」と字を書きました。そして口に放りこんで……
  • 【ほんのり】関東大震災から逃げて来た人の話。当時はまだ今で言うオカルトみたいな迷信とかも信じられていた
  • 【オカルト】「通りすがりの変質者の霊にからかわれた!」と怒り心頭でいたら……
  • 【不思議な体験】大学生のとき祖父が他界した。最後、意識は無いが苦しみながらずっといろいろ独り言(うわごと?)を言ってたらしい。
  • 【オカルト】「おばあちゃん、つれてくからね」  自分は必死に足を動かそうともがき同時に、連れてっちゃ駄目!と心の中で叫んだ。
  • 【オカルト】笹子トンネルの天井の裏に妖怪がみえた。頭は大きくて、色みは黄色と茶色と緑、みたいな。
最新記事
最新コメント
オススメ記事(外部サイト)
お問い合わせ
オカルト速報へのお問い合わせはこちらのフォームからお願い致します。
スポンサードリンク
記事検索
RSS & ソーシャルリンク

オカルト速報RSS オカルト速報Twitter

スポンサードリンク