オカルト速報:2013年09月の記事

あの時ドアが空いていたら、あるいは本棚の位置が少しずれていたら、 本当に死んでたかもしれませんしね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1269425456/

死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?239

865: 少し連投します 2010/04/12(月) 00:07:26 ID:WbDIqEhy0

病院の心霊現象という話をよく聞くけれども、
自分では1回しかそれらしきことは体験していません。
自分が零感なのか、どうなのか、その辺はわかりかねますが…。
少なくともオカルトチックな話が好きな医師はおりますが
自分がそういうものが見えるとかいう人には会ったことないですね。

今勤めている病院は歴史が古い方で、先の大戦中には陸軍関係者がよく入院していたとか。
そのため、ゲートルを巻いた兵隊さんの幽霊が出るらしいです。
『らしい』というのも、なにせ、勤めて5年目で初めて知りましたから。
たまたま入院していた世間話の好きそうなご婦人に聞かされました。
『ええ、実は見たんですよ』系の話を期待されていたようですが、
本当に知らなくて彼女をがっかりさせてしまいましたが、しかたありませんよね。
病気を治すだけで満足してくださいとしか言いようがありません。



寒気で体が硬直し、下を見たまま前を見ることができない。 うつむいたまま後ろに向き直した瞬間、足元に影が近づいてきているのが見えた。

このエントリーをはてなブックマークに追加
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1269425456/

死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?239

818: 本当にあった怖い名無し 2010/04/10(土) 23:30:54 ID:3BhryvxpO

先日。俺はとある大きな神社に行った。
鳥居をくぐって階段を降りると、かなり広大な石畳のスペースがある荘厳な神社。

この神社に、なぜか真っ正面から入らずに(鳥居をくぐらずに)
横から入って参道を歩いていった。

途端、ビリビリ!!とおぞましい寒気が襲った。
尋常ならざる寒気と、自分の周りの空気を震わせるような殺気と、誰かがこちらを注視しているような目線を感じて、
「(これ以上進むのは)ムリだわ」と心の中で叫んだ。

寒気で体が硬直し、下を見たまま前を見ることができない。
うつむいたまま後ろに向き直した瞬間、足元に影が近づいてきているのが見えた。


15年経って俺は母に尋ねた。 「あの家族は元気かな?」・・・母は戸惑った顔を見せたが、ゆっくりと話してくれた。

このエントリーをはてなブックマークに追加
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1269425456/

死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?239

773: 本当にあった怖い名無し 2010/04/10(土) 10:25:44 ID:5ejCb9eq0

小学4年生夏休みの時の話。
母親が海外に単身赴任してる父親に会いに行くため。
俺はパスポートがなかった為日本に残された。
祖父祖母は父方も母方も他界していた為会ったこともない親戚に一週間預けられたんだ。
親戚といってもほとんど血もつながっていないし付き合いもないような人達だった。

その家族は祖母(90)・父(55)・母(49)・娘(22)・息子(18)というう構成の家族。年齢は確かこれくらいだったかな。
母親に連れられ200km離れたすごい田舎に預けられた。
その家は平成(1994)の時代なのにお風呂は薪だし、トイレはボットンだしそれはそれは田舎を感じさせた。

家族は初めて会った俺にものすごく優しくまるで家族のように接してくれた。

2日目だったか、お姉さんとお兄さんに連れられて廃線になった線路があるトンネルに探検しようと連れられていった。
トンネルの中は真っ暗でかなり向こうに外の明かりが見えるくらいの長いトンネルだった。
20分掛けてトンネルを抜ける。その間なぜか二人は全然喋らなくなって無性に俺は怖くなった。

トンネルを抜けるとトンネルを迂回して家に帰る。
その日の夜からなぜか家族がものすごくよそよそしくなった。
「なにか悪いことしたのかな?」子供心にすごく不安になった。

その夜はものすごくムシ暑くてなかなか眠れなかった。
すこし外を散歩しようと思って外に出ようと玄関に向かったとき、
ヒソヒソと台所の土間から声が聞こえた。

家族が揃って何か話をしている。



、その黒電話が鳴り出した。今度は四人とも凍り付く。 「来るって言ったのか?」 と夫が言った。

このエントリーをはてなブックマークに追加
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1269425456/

死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?239

725: 本当にあった怖い名無し 2010/04/09(金) 20:34:30 ID:s+FrQ3Tt0

ずっと入院していた義母が他界したので
義弟夫婦と夫の四人で義実家の整理に行った。
隣の家まで歩いて10分と言う土田舎。
電気も水道も止めて貰ってたので、色々手続きが面倒だった。
私と義妹で家の片付け、夫と義弟がご近所さんへの挨拶回り。
昔庄屋だった義実家は、戦前は何人も奉公人が住み込んでいただけあり
部屋数も多く、とにかく広い。
「うちでは管理しきれないわ」「うちも無理だわ、遠いし」「処分するしかないわね」
「でも主人達にとっては生家だし、なんて言うかしら」「そうね~」
等と言いながら、とにかく家中の雨戸と窓を開けていると電話がなった。
昔ながらの黒電話だ。出てみると聞き覚えの無い声で
「お戻りだったのですね。お待ちしておりました。これから伺います」
と言われた。どなた様でしょう?と聞いたのですが相手は答えず電話を切ってしまった。
夜には帰るつもりだったので、義妹と慌てていると夫達が帰ってきた。
電話の事を話して、心当たりを尋ねると義弟が笑って言った
「義姉さん。真面目な顔で何言ってるの?その電話はどこにも繋がってないよ」
10年前に子機付きの新しい電話機に換えた時に、線も引き直したんだよ、ほら、と
黒電話のコードをたぐり寄せた。電話線は途中で切れていた。
凍り付く義妹と私の前で、その黒電話が鳴り出した。今度は四人とも凍り付く。
「来るって言ったのか?」
と夫が言った。義妹が泣き出し、四人で戸締まりもそこそこに車に飛び乗った。
それ以来、義実家には帰っていない。処分は業者に頼んだ。



自分がこれを聞いて怖いなと思ったのは、この出来事が何処かの田舎ではなく、中目黒付近で起こったということ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1269425456/

死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?239

662: 本当にあった怖い名無し 2010/04/08(木) 00:58:04 ID:n78TSObeO

仕事先でお世話になってる人から聞いた実体験。
ある晩、その人は彼氏の家に自転車で向かっていた。何となくいつもとは違う道で行ってみようとしたら道に迷ってしまった。ヤバいなーと思いながらも自転車を走らせていたら、辺りが真っ暗になってしまった(真っ黒と言い表せるほど)。
さすがにまずいと思い、後ろを振り返ったら小さなお婆さん(140cm位?、砂かけババアのような白髪で目がギョロっとしている)が立っていた。さっきまでは人の気配もなかったから凄く驚いたらしい。
その人曰く、本当に怖いと声も出せないそう。そんな様子を目の当たりにしながら、お婆さんはじっとこちらを凝視し続けていたそう。
本能的に逃げなきゃっと思い、がむしゃらに自転車をこいだら何とか大通りに出て、無事に彼氏宅に着いたそう。
自分がこれを聞いて怖いなと思ったのは、この出来事が何処かの田舎ではなく、中目黒付近で起こったということ。霊感がある人は何処でも気が抜けないんだなと思ったよ。



ギャラリー
  • 【オカルト】彼女の寝言が面白くてよく寝てる間にムービー撮ってたんだけど、俺が寝てる間録画されてた気味の悪いムービーを見つけてさ…
  • 【オカルト】ケネディ暗殺現場にいた謎の女、当時存在するはずのないカメラを持った男など…不可解な写真を集めてみた
  • 【オカルト】ケネディ暗殺現場にいた謎の女、当時存在するはずのないカメラを持った男など…不可解な写真を集めてみた
  • 【オカルト】ケネディ暗殺現場にいた謎の女、当時存在するはずのないカメラを持った男など…不可解な写真を集めてみた
  • 【オカルト】ケネディ暗殺現場にいた謎の女、当時存在するはずのないカメラを持った男など…不可解な写真を集めてみた
  • 【オカルト】ケネディ暗殺現場にいた謎の女、当時存在するはずのないカメラを持った男など…不可解な写真を集めてみた
最新記事
最新コメント
お問い合わせ
オカルト速報へのお問い合わせはこちらのフォームからお願い致します。
スポンサードリンク
記事検索
RSS & ソーシャルリンク

オカルト速報RSS オカルト速報Twitter

オススメ記事(外部サイト)
スポンサードリンク