オカルト速報:2014年02月の記事

ベランダに人影ユラユラ揺れているのが見えた。ここは二階 近づいて来たんだ、冗談じゃねぇよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?186

http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1199640948/


161: モヤモヤ 2008/01/09(水) 17:42:54 ID:mrf9XGopO

これはオレの話です
中学最後の修学旅行で某都道府県の旅館に止まりました。
当時オレが通っていた中学校は1学年で600人以上生徒がいる地元1のマンモス校だったらしく
男子と女子で何メートルか離れた別の旅館に宿泊し宴会が行われました。
その日は台風が強く接近しており突風で1枚窓ガラスが割れてしまい修理屋まで呼ぶほどでした。

窓側 A俺BC 入口
四人部屋で寝る位置はこんな感じに決まりました。
部屋の中で賑やかしなAがエロ・怖い話に花を咲かせて時間はあっという間に過ぎ
そのうち就寝時間なので先生が見回りで確認しに来ました。
勿論みんな寝たフリ

曖昧ですが深夜の1時過ぎた頃だったと思います。
TVも飽きてみんな疲れて寝てた所を起きた。
強い雨音の中なのに地面を蹴って跳ねる音と呼び声が混じって聞こえる。

おーい、いるんだろー、おーい、いるんだろー

その声は何分もずっと聞こえてきた。
B「起きてる?」
C「なんか変なの聞こえね?」
どちらがBでCかなんて細かく覚えていないが3人で布団から起き上がってカーテンのある窓の隙間からを少し覗く
Aだけが反応せず眠っていた。

呑気な奴だな



ガンガンと後ろの窓がたたかれれ「ああぁあぉっぁあ」と変な声が聞こえたので振り向くと窓ガラスがまるで鏡の様な状態になり、部屋の様子が映っていた。

このエントリーをはてなブックマークに追加
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?186

http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1199640948/


57: 本当にあった怖い名無し 2008/01/08(火) 03:41:14 ID:BwpMeeNd0

甲府方面にある旅館に泊まった時の話
長文になりますので長いの嫌いな方スルーしてください。

俺と彼女が付き合い始めて1年ちょっと経った時に、
記念にと思い電車で旅行をした時の事。

特に目的地も決めておらず、ぶらり旅気分で泊まる所も適当に
確保するという感じの旅行だった。
初日は山梨方面に向かい、なんとなく清里で降りて
ホテルに泊まった。

次の日、ホテルを出て富士山方面に電車で向かった。
甲府駅で降り、城跡を見たりして夕方近くに再度電車に乗り込み
静岡方面へ。
途中で温泉街を見つけたため、その日の宿を探そうと
電車をおり駅においてある案内板で旅館を探し電話をした。
近場の旅館やホテルは満室だった為、温泉街から少し離れた宿に
電話をして空室を確認し迎えに来てもらった。

迎えの人は30分過ぎても来ず、1時間後に軽のワゴンで
到着した。この時点で少し嫌な感じ(霊的な意味ではなく、失敗したかなと。)が
したが、迎えに来てもらっている手前何も言わずに車に乗る。
車はきれいなホテルや旅館を尻目にずっと進み、山奥の方へ。
周りには川しかない環境で不安は更に増していった。



何故か私はその日の「死んだ人」の名前を、夜眠りに 就くまで覚えているんです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?186

http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1199640948/


25: 本当にあった怖い名無し 2008/01/07(月) 16:36:55 ID:ul/I5QUP0

ここ数ヶ月、毎朝目が醒める前に夢の中で私の頭に響く声が
あります。
何も見えない真っ暗な闇の中で、男とも女とも分からない落ち
着いた大人の声が聞こえてきます。
「今日、死んだ人。」
その一言から始まり、「青野洋さん、赤坂東平さん、赤坂みつる
さん…」と、「あ」から順に次々と名前が呼ばれていきます。
私は「わ」の読み上げが終わるまで目を覚ます事ができません。
凄く長い時間のはずなのに、私が朝7:00に目が醒める間には
読み終わっています。その数およそ数百人分。
それは、何故か私はその日の「死んだ人」の名前を、夜眠りに
就くまで覚えているんです。


「幽霊さん、居ませんか?居たら返事をしてください」と、遊び半分で聞いたのです。すると先ほど友達のやった床を叩く音のような音が聞こえたのです

このエントリーをはてなブックマークに追加
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?187

http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1200909111/


945: 本当にあった怖い名無し 2008/02/07(木) 22:41:39 ID:fgMlZ5Gi0

友達の父の友達の話です。文才無いのでわからなかったらすみません。


友達の父の友達(以下Aさん)はよく友達を連れて登山に行く、とても登山が好きな人でした
ある山に登ったとき、天気が悪くなってきたのでAさんたちは近くの山小屋に避難しました
Aさんの友達の一人がとても幽霊好きで、そこで
「幽霊さん、居ませんか?居たら返事をしてください」
と、遊び半分で聞いたのです。
床を手で軽く叩いて音を出してまた聞きました。
「返事が無理なら、音を出してください」
すると先ほど友達のやった床を叩く音のような音が聞こえたのです
皆吃驚してその友達に逃げようといいましたが、友達は聞かずに色々な質問をしていきました
たとえば、何歳ですかと聞いたり。
そうすると2回叩いて間をおき、3回叩くとやって23歳と答えてくれたりするのです
だんだん、他の人たちも面白くなってきて皆で沢山質問しました


俺がルームミラーで見ると、渡り廊下の窓が円く炎に包まれ、 その炎の間から、その女の子がバイバイと手を振っていた。

このエントリーをはてなブックマークに追加
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?187

http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1200909111/


926: qq9 2008/02/07(木) 15:35:16 ID:9s7GzRYF0

流れ読まずに投下。


今から20年位も前の話だが、
車のドレスアップが盛んな時代、
俺もエアロパーツを組み毎日のように市内を流していた。

そんなある日、俺は友人を誘い、夜10時頃からナンパ目的で、
繁華街をいつものように自慢の車で走っていた。
この日は平日で雨もパラついていたせいか、
女の姿もなく、しらけた夜だったので帰る事にした。

助手席の友人の家は○町だったので、友人を送る際に観光名所の○○○の近くを通る。
ごく稀に深夜にもかかわらず、夏場は観光できた女性の二人組など何度か目撃していた事もあり、
○○○の前を通るのが習慣になっていた(一度も成功したことはない)。
諦めムードでその前を通ると、一人の女の人が歩いていた。



ギャラリー
  • 【ほんのり】今考えると何らかの脳の障害とか精神障害とかだったんだろうなと思う。 でも、昔はそういうのを「狐憑き」と言っていたんだよな、多分。
  • 【オカルト】オカ板にハマっていた頃、つい真夜中まで読みふけっていたら、  突然携帯がシャットダウンした  なんだろね
  • 【オカルト】もしかするとあの音は外側じゃなく  『内側』からしてたんじゃないのか?  その日は色々考えて眠れなかった
  • 【怖い話】自殺者のでたワンルームマンションの部屋に16年住んでたけどなんともなかったよ  ただ……
  • 【オカルト】線香の匂いが漂ってきたと思ったらうぁーんうぁーん!唸り声が聞こえてきた。四つん這いの生き物がいるのが見えたが猫でも犬でもなかった。
  • 【オカルト】「死んだ愛犬が帰ってきた! 早く開けてやれ!」 開けた先には何もいなかったけど家族全員で涙涙だった → その犬あの世に行けないんじゃないかな
最新記事
最新コメント
オススメ記事(外部サイト)
お問い合わせ
オカルト速報へのお問い合わせはこちらのフォームからお願い致します。
スポンサードリンク
記事検索
RSS & ソーシャルリンク

オカルト速報RSS オカルト速報Twitter

スポンサードリンク