オカルト速報:2014年06月の記事

FAXの蓋を開けて中を見てみると、たくさんの長い髪の毛が・・・

このエントリーをはてなブックマークに追加

引用元: ・洒落にならないくらい恐い話を集めてみない?Part36

493: 491

家では1年前にFAXを買ったのですが、全くと言っていい程使っていませんでした。
丁度1週間前くらいに、友人から資料を送って欲しいと言われたので
そのFAXを使って資料を送りました。翌日その友人に、私はちゃんと送れていたか
と聞いてみると、
友人は「ちゃんと送れてたけど、なんか糸みたいなもんが写ってたけど何?」
と答えました。この時は私も全く気にしませんでした。


ぱっと見たら「のっぺらぼう」が天井を歩いてこっちへ向かってきた。

このエントリーをはてなブックマークに追加

引用元: ・洒落にならないくらい恐い話を集めてみない?Part36

418: あなたのうしろに名無しさんが・・・

小さい頃よく熱をだして寝込むことが多かった。
熱でうなされると、毎回おなじ夢を見て目が覚める。そいつが怖くて怖くて、
いつも布団の中で泣いていました。またあいつがくる、おびえながら眠りにつく。
その夢は「のっぺらぼう」 
山の形のような輪郭、髪の毛もなく、そしてどういうわけか柔道着みたいな着物を着ている。
2段ベッドの上に寝ていたんだが、そいつはいつも決まって天井を歩きながら向かってくる。
飛び起きてフラフラと泣きながら親のもとへ行く。親父は「大丈夫か?」といわず卑屈な笑い声を上げながら
「夢に決まってんじゃねーか(笑」といわれた。
うちの親父はちょっとおかしい人物で、普段から抱き寄せるという事をしない人で
子供心にすごく傷ついた。
しばらくうなされるたびに、「のっぺらぼう」は現れ、おどかしに来た。



中から出てきたのは気持ち悪い記号がびっしりと書き込まれたお札の山…。

このエントリーをはてなブックマークに追加

引用元: ・洒落にならないくらい恐い話を集めてみない?Part36

395: あなたのうしろに名無しさんが・・・

俺の友人の話を…。
友人は、とあるパソコンリサイクルメーカーに勤めていた。
不要になったパソコンが集められ、使える部品は検査して
再利用されるらしい。友人は、ハードディスク(以下HDD)を
担当していました。
ある日、友人はフォーマットされていないHDDを見つけた。
単調作業に飽きていた友人は、本当はいけないのだが
そのHDDの内容を見てみることにした。すると、2.1GBのHDDは、
ほとんどがエ○画像で埋め尽くされていた(らしい)。
友人は、それらを複数枚のCD-Rにコピーして持ち帰ってしまった。
自宅へ戻り、興奮しながらコピーした画像をチェックしていると、
地図らしき画像を発見。それはこの付近の地図で、山の奥のところに
Xマークがついている。これは何かがあるに違いないと思った
友人は、休みを利用してそこへ行ってみることにした。



俺が見た親父やおふくろ、妹の姿はいったい……

このエントリーをはてなブックマークに追加

引用元: ・洒落にならないくらい恐い話を集めてみない?Part36

393: あなたのうしろに名無しさんが・・・

それはある蒸し暑い夏の日のことでした。
なぜか体の節々が痛む。
「あの程度のドライブで疲れがたまるとはなぁ。俺も歳かな」
などと、思いながら遅い朝食をとろうとダイニングに足を向けたその時、今度は頭
も痛くなってきた。ガンガン響く。これでは食事どころではないと思い、自分の部
屋に戻って少し眠ることにした。

ウトウトとし始めた頃だろうか、
「おーい、たけしーーっ」
と、誰かが耳元で俺の名前を呼んでる。
目を開けると、そこには親父とおふくろ、妹が涙ぐみながら俺の顔をのぞき込んで
いた。俺は、身体中を包帯でグルグル巻きにされて病院のベッドの上に横たわって
いました。そして、傍らにいた白衣を着た医師らしき人物が、俺に言った。
「よく頑張りましたね。峠は越えました。もう大丈夫ですよ」
「えっ?」
俺は事態が飲み込めなかったが、記憶の断片を辿りながら、事の次第に思い至った。
「そうだ、俺は事故ったんだった……」


【意味怖】突然ドアノブを回す音が。恐る恐る「どなたですか?」と尋ねても反応なし。

このエントリーをはてなブックマークに追加

引用元: ・意味が分かると怖いコピペ 其の弐

136: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/06/10(木) 03:16:13 ID:MLLStS0PO

出張でビジネスホテルに泊まった。
深夜0時、ベッドでウトウトしていると、突然「ドンドンドン!ガチャガチャガチャ!」
と、けたたましくドアを叩いたり、ドアノブを回す音が。
恐る恐る「どなたですか?」と尋ねても反応なし。
その後ずっとその音が続き、毛布を頭からかぶり
ガタガタ震えているうちに寝てしまい、朝が来た。
早めにチェックアウトし、仕事先へ。

ギャラリー
  • 【オカルト】「人が死んだところで怪談してるとやばくない?」  「やめようか?」「やめよう やめよう」と話してた
  • 【ほんのり】とある本をパラパラめくっていたところ ページの真ん中くらいに横向きに顔が大きく描かれてました
  • 【オカルト】一番小さい音量でCDをかけていたら突然スピーカーからおっさんの声で「うおぁぁあああああああ!!」と絶叫が……
  • 【都市伝説】『鉤手の男』 助手席に回りこみ、彼ははっと息を呑んだ。助手席のドアのレバーに血だらけのフックと……
  • 【オカルト】視界の端にあるエアコンから巨大な影がゾゾゾと出てきたが視線を向けると何も居ない
  • 【ほんのり】スマホの翻訳アプリを起動させボリビアの公用語に変換して音声再生でエケコの耳元へスマホもっていき延々聴かせてやった
最新記事
最新コメント
オススメ記事(外部サイト)
お問い合わせ
オカルト速報へのお問い合わせはこちらのフォームからお願い致します。
スポンサードリンク
記事検索
RSS & ソーシャルリンク

オカルト速報RSS オカルト速報Twitter

スポンサードリンク