オカルト速報:2014年08月の記事

「ふざけんじゃねえよageんなよ、ぶっ殺すぞ、他の奴がきちゃうだろ!」

このエントリーをはてなブックマークに追加
43: ポカ金 03/09/16 01:41

インターネットを回覧している夢を見た。
掲示板を見ていて書き込もうとした時なぜか目が覚めてしった。
しばらく寝ようとしてたけどすでに目がさえてしまっていたし
暗かったけどもう夜明けまであまり間もないのでパソコンで時間をつぶすことにした。
掲示板を見ていていろいろ書き込んでたんだけど時間が早くてレスがつかない、
つまんないから使われてなさそうなスレさがして自作自演で荒らし・煽りをしていたら
いつのまにかレスがつくようになった。
そのレスは俺の荒らしについてとても丁寧で適切な返し方をしてくれたので俺は
「ああ、なんか俺ってバカなことしてんなぁ、こうゆうマナーのいい人に失礼だなぁ」
と思ってその人に事情を話してあやまった。
その人はすぐにレスしてくれて何回かレスしてるうちに共通の趣味とか見つかって気が合うみたいなんで
チャット状態で掲示板をつかっていたんだけど俺がうっかりスレをageちゃったんだ。
そしたら「ふざけんじゃねえよageんなよ、ぶっ殺すぞ、他の奴がきちゃうだろ!」
って言ってきた、まぁ俺が悪いんだけどなんか頭にきてそいつとの会話を終わらせたくなった。
寝るんで抜けますって書き込んで返事を待った、しばらくして返事が来た。
ごめん気分悪くした?とかもうちょっと話そうよ、とか必死に俺をそこにつなぎとめておきたいらしかった
なんか気持ちわりー奴だなー最初はいい奴だと思ったのに・・・
と思いつつそのまま終わりにして電源をきった



7月6日、下山総裁が轢死体で発見された日、私は彼にあっていた。

このエントリーをはてなブックマークに追加
22: 7月6日その1 03/09/15 16:18

これは4年前の7月6日に体験した出来事です。

現在急ピッチで建設が進んでいる常磐新線、通称つくばエクスプレスはご存じでしょうか。
研究学園都市つくばと東京都心を直結する新しい通勤路線ですが、この常磐新線は北千住駅
で常磐線や東武線、都心へ向かう各地下鉄線と接続することになっているため、北千住駅の
北側で荒川を渡るとすぐに、常磐線・東武線と交差しなければなりません。しかもここは
常磐線と東武線が交差している部分でもあり、また住宅密集地でもあるため用地の確保が
難しい場所でもあります。
このため常磐線の線路をほんの少し北側へ移動させ、常磐新線敷設用の用地を確保する
ための工事が行われていました。
前置きが長くなりましたが、この常磐線移設工事でバイトしていた時の事です。



「この写真のせいで俺は左手複雑骨折だッッ!どうしてくれるッ!」

このエントリーをはてなブックマークに追加
321: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/09/12 06:40

自動車教習所の事務をしています。
倉庫の整理をしているとき、奥のほうに証明写真用のカメラがあることに気付きました。
壊れているのか?とも思いましたがなんとなく気になって先輩に聞いてみたのです。
すると「壊れてはいないが、あんまり触らないほうがよい」と言われました。
さらに食い下がって聞くと渋々答えてくれました。


ふすまのあいた部屋には、血が辺りに飛び散っていました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
308: 友人A 03/09/12 03:37

私の携帯にある友人Aから一年ぶりくらいに電話がありました。
なにやら相談してほしい事があるらしいのです。
正直不思議でした、他の友人の又聞きですが、Aは精神を病んで実家で療養中だからです。
私は仕事中だったので、仕事が終わった後に、とある駅で落ち合う約束をしました。
しかし、仕事が思ったより長引いて、私は約束の時間に間に合いませんでした。
電話をかけても繋がらないので、一応、待ち合わせ場所に向いました。
そこにはAはいませんでした。
私は、お腹が空いたので、近くのラーメン屋に行きました。
そして注文して待ってる間に電話がありました。
それはAからでした。
私はなにか不思議に感じましたが、遅れたことを謝りました。
しかしAは「いや、待ってたんだけど・・」と言います。
あれ?待ち合わせ場所を間違えたのかな?と思い、再度場所を待ち合わせ確認しました。
しかしAは「じゃ、家の方に行くから」と言いました。
しかし、それでは帰りは終電に間に合わないだろうと思い、
明日の夜に会うのでは駄目か?と聞きました。
あまり煮え切らない態度でしたが、了解してくれたようでした。



そこには、笑顔で赤ん坊の方に手を延ばす婚約者の姿が写り込んでいた

このエントリーをはてなブックマークに追加
301: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/09/12 00:52

前に、どこかで見たか聞いたかした話。ガイシュツだっったらスマソ。

ある男が、年下の婚約者を両親に紹介するために実家へ帰った。


ギャラリー
  • 【ほんのり】今考えると何らかの脳の障害とか精神障害とかだったんだろうなと思う。 でも、昔はそういうのを「狐憑き」と言っていたんだよな、多分。
  • 【オカルト】オカ板にハマっていた頃、つい真夜中まで読みふけっていたら、  突然携帯がシャットダウンした  なんだろね
  • 【オカルト】もしかするとあの音は外側じゃなく  『内側』からしてたんじゃないのか?  その日は色々考えて眠れなかった
  • 【怖い話】自殺者のでたワンルームマンションの部屋に16年住んでたけどなんともなかったよ  ただ……
  • 【オカルト】線香の匂いが漂ってきたと思ったらうぁーんうぁーん!唸り声が聞こえてきた。四つん這いの生き物がいるのが見えたが猫でも犬でもなかった。
  • 【オカルト】「死んだ愛犬が帰ってきた! 早く開けてやれ!」 開けた先には何もいなかったけど家族全員で涙涙だった → その犬あの世に行けないんじゃないかな
最新記事
最新コメント
オススメ記事(外部サイト)
お問い合わせ
オカルト速報へのお問い合わせはこちらのフォームからお願い致します。
スポンサードリンク
記事検索
RSS & ソーシャルリンク

オカルト速報RSS オカルト速報Twitter

スポンサードリンク