オカルト速報:2015年01月の記事

【オカルト】そして私はSの部屋に入った。 部屋中に例の白黒写真がびっしりと貼られていた。

このエントリーをはてなブックマークに追加

引用元: ・死ぬほど洒落にならない恐い話を集めてみない?70

652: コピペ 04/04/13 02:23 ID:bzeP/fbt

呪い系なのでそういうのが嫌いな人は読まないで

高校生の頃、近くの山に友達3人(以下、私、K、S)とキャンプしにいった。
ひとまず私たちは暇だったので山を探検しようということになり
山の中へ入っていった。
けっこう山奥まできたところで、飽きてきて、日も暮れ始めたので、
そろそろ戻ろうかということになった。
引き返そうとしたそのとき、Kが奥のほうに小屋があるのを発見した。
私たちは好奇心からその小屋を調べようということになった。
…今思えば早めに帰るべきだった…
小屋はすごい古びていて、ひどく朽ち果てており、人の住んでる様子はない。
入り口と思われる戸はなかなか開かなかったが、KとSがこじ開けた。
中に入ると、やはり荒れていた。長いこと人は住んでないようだ。
広さは6畳ぐらいだったと思う。
タンスらしきものや新聞紙の束とかがひどい埃の中置いてあった。
友達が小屋の中を調べている間、私は座って束になっていた
新聞紙を上から読んでいった。いずれも日付は昭和36年ぐらいとなっている。
この小屋の住人は、この頃ここに住んでいたのだろうか。
私は一枚一枚新聞を取り、眺めていった。



ギャラリー
  • 【オカルト】うとうとしはじめると、それを待っていたかのように親子のひそひそ声が聞こえてきた。母親「あの時はこわかった?」
  • 【怖い話】詳しい奴居たら聞きたいんだが、固定電話って回線工事とかで変な音出たり、呼出音異常になったりするか?
  • 【オカルト】怖い話や不思議な体験を気軽に書くスレ『時々世界の色が変わる』『自分の代わりにイタズラする自分がいた 』
  • 【ほんのり】下の階のジジイがほんとヤな奴でおかしくなりかけてた。でも最後の挨拶に行くととても優しいオジサンだった。
  • 【オカルト】この道路は一本道ですからね、曲がってもいないのに同じところは走れませんよ。 郊外の道なんてみんな似てますからね。
  • 【オカルト】「うぉーーーッ!?」やつの周りに老若男女問わず人がいっぱいいる。本人を除いてメンバー全員見えていたらしい。 
最新記事
最新コメント
オススメ記事(外部サイト)
お問い合わせ
オカルト速報へのお問い合わせはこちらのフォームからお願い致します。
スポンサードリンク
記事検索
RSS & ソーシャルリンク

オカルト速報RSS オカルト速報Twitter

スポンサードリンク