オカルト速報:2015年01月の記事

【オカルト】続いて階段を身軽にひょいひょい、と上ってくる足音が…。

このエントリーをはてなブックマークに追加

引用元: ・死ぬほど洒落にならない恐い話を集めてみないか?73

736: 怖い夢を見ました1/6 04/05/26 11:08 ID:oJp3/ftl

昨夜、怖い夢を見たんです。
あんまりリアルに覚えているので、
皆さんにちょっと聞いてほしいです。
長文になってしまうので申し訳ないんですが、
目に障る方は読み飛ばして下さい。


私は22歳のOLです。仮名ですがナオコとさせていただきます。
会社近くのアパートの2階で彼氏と同棲しています。

昨夜は12時頃に就寝しました。
最近ちょっと持病の喘息がひどく
抗生物質と喘息の薬を飲んでいたので
副作用もあり、すぐに眠ってしまったと思います。
(喘息の薬って副作用が激しいんですよ。
 朝起きるのがひどく辛いだるさで体が重く
 寝冷えした時のような震えが止まらないんです)

夜中の2時半に一旦目が覚めたんです。これは夢じゃありません。
隣で寝てたはずの彼氏が居ません。
まぁでもこれはいつもの事。
彼氏はバンドマンなので、夜中じゅう録音や曲作りをしているのですが
アイデアに詰まったり作業に飽きると、
気分転換にドライブに出かけるのです。
それよりも、薬を飲んでいるのに
こんな時間に目が覚めた自分が不思議でした。

トイレに行って戻ってくると
幾分ほっとして、私はまた眠りについたんです。
ここまでは実体験です。



【オカルト】小さい可愛いおばあさんだったので看護師は皆こっそり「とめちゃん」と呼んでいました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

引用元: ・死ぬほど洒落にならない恐い話を集めてみないか?73

734: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 04/05/26 10:08 ID:9TFCSktt

私が以前勤めていた病院であったこと

80歳を越えた「とめちゃん」が亡くなりました。
高齢と長い入院生活で、最後の数週間は子供に返ってしまったようでした。
小さい可愛いおばあさんだったので看護師は皆こっそり「とめちゃん」と呼んでいました。

とめちゃんが亡くなった翌晩、私の同僚看護師Mが夜中の巡視である個室を訪室。
暗い中、Mはそこの患者の方から声をかけられました。
「『とめちゃん』って誰?」


【オカルト】「こっくりさん、こっくりさん、終わってもよろしいですか?」 示したのは・・・「いいえ」。

このエントリーをはてなブックマークに追加

引用元: ・死ぬほど洒落にならない恐い話を集めてみないか?73

730: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 04/05/26 09:14 ID:sUnepFli

友達から聞いた話。

ある二人の女生徒が学校でこっくりさんをしていた。
女生徒達はわいわい騒ぎながらこっくりさんを楽しんでいたが、
一人が塾に行かなくては行けなくやめることに。


【オカルト】なんで見つけられないんだ? 俺の頭がおかしくなっちまったんだろうか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

引用元: ・死ぬほど洒落にならない恐い話を集めてみないか?73

706: 奇妙な体験1/2 04/05/26 00:23 ID:cK6IRct6

死ぬほど洒落にならないってほどじゃないんだけど…。

池袋サンシャインでオフ会やったときの話。
メンバーは、俺の顔見知り3人を含めた7~8人。
テナントの喫茶店でしゃべっている間に、俺はトイレに立った。
ところが、戻ってきたら、出てきたはずの店が見つからない。
入口近くの席に陣取っていたので、ちょっと覗けば見えるだろうと思い、
そのへんに並んだ店を覗いてみたが、やっぱり見当たらない。
戻る道を間違えたかと思って、いっぺん引き返してみた。
行ったときと同じ順路でトイレにたどり着いたので、
やっぱり正しかったんだと思い、もう一度トイレから店へと向かった。
だが店は見つからない。
そのへんをうろうろして思い返し、店構えに見覚えはないが、位置的に
この店だろうと見当がついた。
だが、店を覗いても、メンバーの顔は見当たらない。
店の内装にも覚えがない。
携帯で連絡しようかと思ったが、道に迷ったなんて言うのも恥ずかしい。
なんとか自力で見つけよう。
だが、何度もそのへんを行ったり来たりしているうちに、
次第に不安が募ってきた。   (つづく)



【オカルト】で、森の中の木の一本に首吊り死体・・・。

このエントリーをはてなブックマークに追加

引用元: ・死ぬほど洒落にならない恐い話を集めてみないか?73

703: 怖くない・・・ 04/05/26 00:20 ID:2vr+mBsM

昔、まだ俺が消防だったころの話・・・。

その当時、夕方になると親父とランニングするのが日課になってた。
コースは近所の森の中の公園。

いつものように親父と一緒に走ってると、親父が突然、
「あっ」
って言って森の中に走り出したんだ。

夕方っていってもその時は冬だったのか暗くなってたのを覚えてる。
一人にされたら怖くてたまらないと思った俺は必死で親父についていったよ。

で、森の中の木の一本に首吊り死体・・・。

親父も興奮してたのか、
「おい、お前はここでまってろ。お父さんはひとっ走り言って警察を呼んでくる。」
言うが速いか、脱兎のごとく走り出していった。
ものすごい速かったね・・・。あれは。

俺は首吊りさんの横で大泣きしながら親父が戻ってくるのを待ってたよ・・・。
10分ほど・・・。

あの10分は怖かったね。
当時は知らなかったが、その森は枝ぶりの良い木が沢山あって、
自殺が結構多かったらしい・・・。

まぁ、他人が聞いてもたいして怖くないと思うけど、
俺には十分トラウマは事件でしたよ。



ギャラリー
  • 【オカルト】泣きながら男が食わされているのは…謎の多い画像や映像を集めてみた ※画像あり
  • 【オカルト】泣きながら男が食わされているのは…謎の多い画像や映像を集めてみた ※画像あり
  • 【オカルト】泣きながら男が食わされているのは…謎の多い画像や映像を集めてみた ※画像あり
  • 【オカルト】泣きながら男が食わされているのは…謎の多い画像や映像を集めてみた ※画像あり
  • 【オカルト】泣きながら男が食わされているのは…謎の多い画像や映像を集めてみた ※画像あり
  • 【オカルト】泣きながら男が食わされているのは…謎の多い画像や映像を集めてみた ※画像あり
最新記事
最新コメント
お問い合わせ
オカルト速報へのお問い合わせはこちらのフォームからお願い致します。
スポンサードリンク
記事検索
RSS & ソーシャルリンク

オカルト速報RSS オカルト速報Twitter

オススメ記事(外部サイト)
スポンサードリンク