オカルト速報:2015年03月の記事

【オカルト】怪談好きのSは仲間を10人集めて廃墟で百物語をした。100話目の話を終えた頃、仲間の1人が…

このエントリーをはてなブックマークに追加

引用元: ・死ぬほど洒落にならない怖い話を集めてみない?87

147: 本当にあった怖い名無し 04/10/25 16:31:07 ID:RQIxlKX8

ある学校に怪談好きの中学生Sがいた。
季節は夏で、もう肝試しとかには最高の時期だった。
そこでSは友達を集めて、10人で百物語をしようという計画を立てた。
Sの友達もやっぱり怪談が好きな奴等ばかりだったので皆喜んでこの計画に参加した。
早速その日の夜、近所の廃墟に忍び込み、真ん中に蝋燭を立てて怪談を話し始めた。



【不思議な体験】死期を悟った曾祖母は母にこう語った「ただ、一つだけ、心残りがある」と。

このエントリーをはてなブックマークに追加

引用元: ・死ぬほど洒落にならない怖い話を集めてみない?87

135: 雑民党員 ◆d.BtUq887g 04/10/25 06:59:29 ID:EdnBVv0b

曾祖母(母の祖母)の臨終の際の話。
(俺が生まれる前。昭和40年代の話)

当時、曾祖母は既に80代後半。老衰で病の床に伏せっていた。自分の死期が近いことを、既に悟っていたようだった。
曾祖母は、病の床から母(当時高校生)に語ったという。
「自分が死ぬのは天命だ。この歳まで生きれば十分。特に思い残すことはない。ただ、一つだけ、心残りがある」と。

あの叔母のことだ、と察しのいい母は直感したようだった。
 母の叔母(俺にとっては大叔母か)に、1人大酒呑みがおり(いわゆるアル中)、毎日酒ばかり呑んでは暴れ、家事放棄、子供への暴力、と
家庭生活も破綻していた。親戚中で、問題になっていた。




【怖い話】浜名湖のローカル線の踏切、線路上を機嫌良さそうにリズミカルに歩く男性が。よく見てみると…

このエントリーをはてなブックマークに追加

引用元: ・死ぬほど洒落にならない怖い話を集めてみない?87

92: まめ。 04/10/24 22:50:45 ID:Q9HCx455

例えば何かを見かける事があっても多くの場合、それは本当に
ただ見かけただけであってですね、それをここに書き込みしようと
思ってもただの「報告」になってしまいます。
僕には見える事はあっても、いわゆる霊能者の方みたいに
コンタクトをとったりする事は出来ないのかもしれません。
ですからみなさんに報告しても、なかなかスト-リ-性のある
おもしろい展開のものは少ないんです。
向こうも僕の存在に反応するケ-スは少なく、出会ってもただ
それだけの事なのです。
それでも中には後々、尾をひくものがあったり印象に強く残ったり
するケ-スがありましたので今日はその中から、個人的にはすごく
恐い思いをしたものを紹介させていただきます。



【不思議な体験】友人が猫を轢いた。 数日後、彼が大学で講義を受けていると、どこからか猫の鳴き声が聞こえてきたのだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

引用元: ・死ぬほど洒落にならない怖い話を集めてみない?87

83: 本当にあった怖い名無し 04/10/24 15:43:11 ID:vHsFuwJI

一年ほど前に友人が猫を轢いた。
猫は執念深い生き物だから轢いても罪悪感を持ったり、かわいそうと思ったりしてはいけないと
友人は考え、非情にもひき逃げをしたそうだ。

友人に異変が起こったのはそれから数日経ってからだそうだ。
いつものように真面目に講義を受けていると、どこからともなく「にゃ~ん」と
猫の鳴き声が聞こえてきたのだ。キャンパスには猫が多いが、教室にまで鳴き声が聞こえてくることなど
今までなかったので、不審に思って周りをキョロキョロ見回してみると、
他の受講者はそろって友人の方を見ているのだ。



【不思議な体験】ある日かかってきた1本の電話。オレオレ詐欺だと思っていた叔母さんはその声を聞いてハッとした。

このエントリーをはてなブックマークに追加

引用元: ・死ぬほど洒落にならない怖い話を集めてみない?87

64: 本当にあった怖い名無し 04/10/24 13:13:17 ID:NPujI3jr

親戚の叔母さんが体験した怖い話
ある日、叔母さんのうちに一本の電話がかかってきた
「こちら警察のものですが、お宅の息子さんが事故を起して通行人に怪我をさせてしまいまして、
被害者の方から示談で良いとのことで、至急こちらの口座に振り込んでいただきたいのです
ただいま、息子さんに代わりますね・・・」
叔母さんはすぐにそれが最近流行っているオレオレ詐欺だということに気が付いた。
なぜなら、息子は5年前に事故で亡くなっているからだ。
「母さん、俺だよ、事故起しちゃってさぁ、大変だよ。すぐに示談金振り込んでくれよ」
叔母さんはその声を聞いてハッとした。死んだ息子の声とそっくりだったからだ。
まるで死んだ息子が蘇り、そこにいるような気がした。



ギャラリー
  • 【オカルト】フェイクか本物かネットで物議をかもした問題の心霊写真をまとめてみた ※画像あり
  • 【オカルト】フェイクか本物かネットで物議をかもした問題の心霊写真をまとめてみた ※画像あり
  • 【オカルト】フェイクか本物かネットで物議をかもした問題の心霊写真をまとめてみた ※画像あり
  • 【オカルト】フェイクか本物かネットで物議をかもした問題の心霊写真をまとめてみた ※画像あり
  • 【オカルト】フェイクか本物かネットで物議をかもした問題の心霊写真をまとめてみた ※画像あり
  • 【オカルト】フェイクか本物かネットで物議をかもした問題の心霊写真をまとめてみた ※画像あり
最新記事
最新コメント
お問い合わせ
オカルト速報へのお問い合わせはこちらのフォームからお願い致します。
スポンサードリンク
記事検索
RSS & ソーシャルリンク

オカルト速報RSS オカルト速報Twitter

オススメ記事(外部サイト)
スポンサードリンク