オカルト速報:2015年08月の記事

【怖い話】部屋に戻ってきたとき、俺は驚いた。演歌のような曲が流れ画面には「細いナイフを光らせて憎い男を待っていた」という歌詞が…

このエントリーをはてなブックマークに追加

引用元: ・死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?168

436: ざんげの値打ちもない 2007/07/05(木) 15:16:56 ID:oe8yNljK0

先日、地元のカラオケ店に一人で行った時の話し。

カラオケの機種を選択した際、希望の方じゃなければすぐに部屋に
通せると言われたんだが、やっぱりこっちが良いんで、と言うと、
15分くらい待ってもらうことになる、と言われた。それで良いです、
と了承して、便所に行った。

便所に入る前、何気なく、便所前の部屋をちょっとだけ覗いた。
大人数部屋に女がひとりで歌ってて、奇妙だった。目線を感じたのか、
女がふとこっちに振り向いたから、俺はやべ、と思って、目を合わせず、
すぐに便所に入った。

便所から出て、受付に行くと、部屋が空きましたのでご案内します、と
言われた。15分くらい掛かるって言われたのに、ラッキーと思って、
渡された札の部屋に行くと、さっき覗いた便所前の大部屋だった。
この大部屋で一人で二時間歌うのかと思うと、何だか気が滅入る。
しかもついさっきまで、女が歌っていて・・・そういやあの女、会計場で
見なかったから、俺が用を足す内に歌い終えて、会計済ませて、
出てったのか?早ぇーなおい。ていうか、店員が部屋一旦片付けて、
マイクやら何やらセットし直すのも早過ぎないか?と、何となく齟齬を
感じたけど、そん時はあんま深く考えなかった。





【不思議な体験】俺の爺さんは認知症だったんだが、時々自分を「怪人二十面相」と思い込んでしまうようになり、とうとう事件が起きた。

このエントリーをはてなブックマークに追加

引用元: ・死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?168

410: 1/4 2007/07/05(木) 03:47:37 ID:ZLRMTVul0

俺の爺さんは十年ぐらい前に、痴呆症(今で言う認知症)ってヤツになったんだが、
最初は物忘れ程度だったものの、そのうち明らかに言動がおかしくなってきた。
で、時々“自分は別の人間だと思い込んでしまう”症状が出始めた。
その“別の人間”ってのが、なんとあの江戸川乱歩の「怪人二十面相」だった。

爺さんは昔どっかの劇団に入ってて、二十面相の役を演じた事があったらしいが、
医者が言うにはどうもその頃のイメージが強く出てしまった結果という話だった。
しかも爺さんは、親父=明智小五郎、俺=小林少年だと完全に思い込んで、
何かにつけ俺と親父を相手に困ったイタズラを仕掛けるようになってしまった。

初めの頃は、俺を便所に閉じ込めて「ははは、どうだね小林君」とか言ってみたり、
親父の腕時計をコッソリくすねて冷凍庫の中に隠しておいたり程度の話だったんで、
まぁ困るっちゃ困るけど、俺も親父も爺さんを責めたりしないで適当にあしらってた。
いつも二十面相状態ってわけでもなかったし、また始まった~みたいな感じで。
でも、そうやって調子に乗らせてたのが今思えば良くなかったのかもしれない。

しばらくして、事件が起きた。



【オカルト】「こっくりさん、この中で最初に死ぬのは誰ですか?」突然の彼の質問に私達3人は唖然とましたが、すぐに十円玉が動き出し…

このエントリーをはてなブックマークに追加

引用元: ・死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?168

356: 呪い 2007/07/03(火) 16:49:19 ID:xztbjdEm0

1
とある友人の紹介でここを知った者です。
私の奇妙な体験について話をしたら、ここに書き込んでみるといい、と言われたので書き込んでみます。
少々長くて読みにくいかもしれませんがご容赦ください。


私には霊感と言われるものはないと思います。
なので、この話にも幽霊オバケの類は一切出てきません。
ただ、私が見えてなかっただけかもしれませんが。

昔、まだ私が小学校5,6年生だった頃のことです。
当時、誰もが知っている「こっくりさん」が流行っていました。
オカルト好きだった私や、私の友人達の間でも当然話題になり、是非やってみたかったのですが、何故か学校で「こっくりさんは絶対にやってはいけない」という規則があると言われ、禁止されていました。
実際にはそんな規則はある訳もなく、恐らく「良くない遊び」としてどこかの親が子供に言い聞かせたか、または誰かがこっくりさんに信憑性を持たせるためそんな噂を流したか、だと思います。

しかし禁止されると余計にやりたくなるもので、ある日、私を含む4人でこっくりさんをやってみることにしました。
実施する時間はやはり夜が良かったのですが、子供だけでそんな遅くに集まることはできません。ところが丁度近所で夜祭が開かれており、そこに行くという名目で4人集まろう、ということになりました。場所は学校の教室にしました。



【怖い話】2人目の親父は結婚する時、娘を1人連れて来た。娘は結婚し子供が出来たが、しばらくして精神的におかしくなっていった。

このエントリーをはてなブックマークに追加

引用元: ・死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?168

297: tame 2007/07/02(月) 02:48:52 ID:Ss9oZA2s0

俺の今の親父は2人目だ。親父は結婚する時、娘を1人連れて来た。そいつは数
年のうちに結婚し子供が出来た。しかし、しばらくして精神的におかしくなっ
ていった。当然こんな母親の姿を息子に見せるわけにもいかず、婿は仕方なく
離婚を提案した。姉貴は「息子の面倒をみる」と引かなかったが、鬱病の姉貴
の言うことを聞き入れられるはずもなく、息子は婿に引き取られた。それから
姉貴はヘヤピンで手首を切ろうとしたりと奇行をするようになった。そしてそ
れからしばらく経ったある日、姉貴は首を吊って自殺をした。死ぬ間際に婿に
メールで「呪われろ」的な内容のものを送っていたようだ。そんな死に方だか
ら当然密葬だ。葬儀も終わり、しばらくは平和な日常が続いた。しかし、つ
い最近になっていきなり異変がおき始めた。



【怖い話】大戦中、少年だった先生は疎開先の寺に預けられたそうだ。ある夜、突然、凄まじい悲鳴が聞こえ、飛び起きたみんなが見たものは…

このエントリーをはてなブックマークに追加

引用元: ・死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?168

137: 本当だから怖い話 2007/06/28(木) 14:46:56 ID:g7As7s9e0

昔、小学校の担任のF先生から聞いた話。
第二次世界大戦中、小学生だったF先生(以下F少年)は、集団疎開でとある田舎のお寺に
預けられた。
寝泊りにはお寺の本堂の、一番広い部屋をあてがわれていたが、問題はトイレ。
ご住職と奥さんは、本堂のトイレを使っていたが、疎開者は別のトイレを使わ
なければならなかった。
ところがそれは、本堂からやたらと離れた場所にあり、しかもそこへ行くには、
寂しい一本道を通らねばならず、その両側はなんと墓場。
それも土葬だったようで、ところどころ腐った木の棺を突き破って、死体の
腕や足が突き出していることがあり、子供たちは昼間でも目をつぶってトイレまで
走って用を足しに行っていた。
夜ともなれば、当然ながらその恐ろしさは一層凄まじく、皆なるべく行かないように
していたが、どうしても我慢できないときもある。
その日も一人、夜中に恐々、用足しに出て行った子がいた。

突然、凄まじい悲鳴が聞こえ、飛び起きたみんなが見たものは、涙と汗まみれの
顔をして、四つん這いに這って来るその子の姿だった。




ギャラリー
  • 【ほんのり】部屋にいると大きな蛇がでて「この部屋は私の部屋だから出て行け」と言う。よく見るとその蛇は真っ赤なオカッパ頭のお婆さんだった
  • 【オカルト】近くの友達の家に遊びに行ったら変な絵やマークがびっしりの部屋がちらりと見えた。
  • 【オカルト】ちびでぶちゃん降臨。何年か前に家に幽霊が出ると書いたんだけど、ちょっと話が変わったんで書いていいかな?
  • 【画像あり】鳥居をくぐる時に頭頂部のあたりから「ありがとう」と笑み混じりの女性っぽい綺麗な声が案外はっきり聞こえました。
  • 【オカルト】昨日、私が日頃から身に付けている水晶のブレスレットが弾け飛びました。 ブレスレットが私も守ってくれていたのかも
  • 【陰謀論】面白い陰謀論教えてや 『ゾルタクスゼイアン』Siriにゾルタクスゼイアンとつぶやくとその端末が……
最新記事
最新コメント
オススメ記事(外部サイト)
お問い合わせ
オカルト速報へのお問い合わせはこちらのフォームからお願い致します。
スポンサードリンク
記事検索
RSS & ソーシャルリンク

オカルト速報RSS オカルト速報Twitter

スポンサードリンク