オカルト速報:2015年10月の記事

【オカルト】ホテルのあの笑い声のことを話すと、叔父が急に真剣な顔になり「笑い声が聞こえたら話さないといけないしきたりだから聞いてね」

このエントリーをはてなブックマークに追加

引用元: ・死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?196

796: 本当にあった怖い名無し 2008/09/03(水) 21:50:37 ID:HRtP59sN0

記憶が曖昧なところも有ると思いますが、誤字脱字と並んでご容赦下さい。

その時は年上の従兄弟が長年付き合っていた恋人と結婚することが決まり、その結婚式に出席するために旅行したときの話です。
結婚式は普通に終わり、親戚一同との改めての食事会も終わって、その日予約を入れたホテルに行きました。
先に連絡は入れてありましたが、改めて午後10時を過ぎる遅いチェックインを済まそうとすると、フロントの人に「●●(自分の名前)様。××旅行社のホテルパックで2名様ですね?」と聞かれました。



【怖い話】石段から何かボールのようなものが転がってきて僕はソレをキャッチしました。ソレは頭蓋から肉が飛び出し、唇の裂けた頭で…

このエントリーをはてなブックマークに追加

引用元: ・死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?196

788: 1/4 2008/09/03(水) 20:19:33 ID:g69XFD4Z0

まだ小学1年生か2年生くらいだったと思います。
僕の家の横は旧神社跡地で、今はゲートボール場になっているのですが、
昔はそこに1本の大きな神木がありました。楠だったと思います。
他にあると言えば石段と何かよく分からない石碑、
そしてその石段を境にして僕の家と神木がありました。
両親が共働きだった僕は、よくその木に寄りかかって愚痴や自慢などを木に向かって話していたのを覚えています。
秋~冬にかけてだったでしょうか、
その日も僕は木に寄りかかり木に向かっていつもの様に話し掛けていました。
日も暮れるのも大分早くなっていますから、あっという間に夜の闇が近付いて来ます。
と言っても僕の家は隣なわけですから、別段急ぐわけでもなく、
いつもの様に石段を降り家に戻ろうとした時です。


「せぇのぉ・・・」


何か後ろから声が聞こえたような気がしてハッと振り返るのですが、誰もいない。
気のせいかと思い、その時は特に何も気にせず家に帰りました。



ギャラリー
  • 【オカルト】うとうとしはじめると、それを待っていたかのように親子のひそひそ声が聞こえてきた。母親「あの時はこわかった?」
  • 【怖い話】詳しい奴居たら聞きたいんだが、固定電話って回線工事とかで変な音出たり、呼出音異常になったりするか?
  • 【オカルト】怖い話や不思議な体験を気軽に書くスレ『時々世界の色が変わる』『自分の代わりにイタズラする自分がいた 』
  • 【ほんのり】下の階のジジイがほんとヤな奴でおかしくなりかけてた。でも最後の挨拶に行くととても優しいオジサンだった。
  • 【オカルト】この道路は一本道ですからね、曲がってもいないのに同じところは走れませんよ。 郊外の道なんてみんな似てますからね。
  • 【オカルト】「うぉーーーッ!?」やつの周りに老若男女問わず人がいっぱいいる。本人を除いてメンバー全員見えていたらしい。 
最新記事
最新コメント
オススメ記事(外部サイト)
お問い合わせ
オカルト速報へのお問い合わせはこちらのフォームからお願い致します。
スポンサードリンク
記事検索
RSS & ソーシャルリンク

オカルト速報RSS オカルト速報Twitter

スポンサードリンク